ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ハイブリッド

パガーニはユートピアにメルセデスAMG製の「V8+ハイブリッド」を積み1,000馬力以上を発生させることも検討していた!しかしなぜそれを捨てV12を選んだのか

パガーニはユートピアにメルセデスAMG製の「V8+ハイブリッド」を積み1,000馬力以上を発生させることも検討していた!しかしなぜそれを捨てV12を選んだのか

| パガーニはなによりも軽量性、そして楽しさを追求しており、求めるのは「パワー」ではない | さらにハイブリッドシステムを積むとマニュアル・トランスミッションに対応できない さて、パガーニはつい先日、 ...

ランボルギーニ

マジカヨ!ランボルギーニ・ウラカン後継モデルはV8ターボ+ハイブリッド、ただし7,000回転までは「NA+モーター」、そこから10,000回転までは「ターボ」という前代未聞のセットアップに

| さすがはランボルギーニ、すべての条件を満たし、しかも予想外のソリューションを提供するようだ | まさかこの方法で自然吸気を守ってくるとは思わなかった さて、ランボルギーニは年内に「ウラカンの派生モ ...

フェラーリ

フェラーリが「初のエレクトリックハイパーカーは完全にユニークで、真のフェラーリとなるだろう」。ボクはもはやこのコメントには疑う余地がないと考えている

| フェラーリは数日前にも「SUVであっても真のフェラーリ」を作ることができると証明したばかり | ガソリンエンジンがないと楽しいクルマができないと多くの自動車メーカーは考えているが フェラーリは先ご ...

ポルシェが「どうやって2代目カイエンをより軽く、よりスポーティーな、ポルシェらしいクルマ」に仕上げたのかを語る!初代のヒットによって様々な自由度が創出されたもよう

ポルシェが「どうやって2代目カイエンをより軽く、よりスポーティーな、ポルシェらしいクルマ」に仕上げたのかを語る!初代のヒットによって様々な自由度が創出されたもよう

| カイエンのヒットは、ポルシェの他モデルだけではなく、カイエン自身をも助けることに | そのモデルをより良く、そしてより明確なキャラクターを持つクルマに仕立て上げてゆくのはポルシェの常でもある さて ...

ブガッティ

ブガッティ・リマックCEO「ブガッティの今後10年の計画に、SUVもピュアエレクトリックハイパーカーも含まれない」。ブガッティの真意を考えてみる

| 過去のブガッティにはピュアエレクトリックSUVの話も出ていたが | そしてなぜ最先端の電動化技術を持つリマックがピュアエレクトリック版ブガッティを作らないのか さて、先日「W16エンジンを搭載する ...

BMW

BMWは新型5シリーズでは(M5を除き)V8を使用しないようだ。1980年から続く「5シリーズ+V8」の伝統についに終止符が打たれる?

| それでもBMWはメルセデス・ベンツ、アウディに比較すれば「まだ大きなエンジンを使用」するほうではある | 明るい話題は「2010年以来のM5ツーリング」復活の可能性 さて、BMWは主力シリーズのひ ...

日産GT-R

日産「次期GT-R、フェアレディZの動力源は未定。ただ、純電動化しつつクルマ好きを唸らせるようなスポーツカーを作るのは、控えめに言っても困難だ」

| ピュアエレクトリック化の前にハイブリッドを挟む可能性もあるが、日産としてはそんな「ムダ」を許さないだろう | よって「最小限のコストにてガソリンエンジンを維持しつつ、機会を見つつピュアエレクトリッ ...

これが中国限定、トヨタ初のエレクトリックセダン「bZ3」だ!なお現地では「今頃初の電動セダン発売とは、トヨタはどれだけ遅れているのか」とカーメディアが呆れる状況

これが中国限定、トヨタ初のエレクトリックセダン「bZ3」だ!なお現地では「今頃初の電動セダン発売とは、トヨタはどれだけ遅れているのか」とカーメディアが呆れる状況

| しかもトヨタは市販に耐えうるEV関連技術を持たず、中国の自動車メーカーから技術やパーツを買う始末 | 世界的に見ると、日本から見る以上にトヨタの出遅れ感が強いようだ 中国にて、トヨタが中国国内向け ...

AI設計と3Dプリンタによる製造で知られる米ハイパーカー企業「ジンガー」。ローダウンフォース版C21 Vmax、そして4人乗りのハイパーGTを公開

AI設計と3Dプリンタによる製造で知られる米ハイパーカー企業「ジンガー」。ローダウンフォース版C21 Vmax、そして4人乗りのハイパーGTを公開

| ジンガーはここから7年で6車種を発売する計画があるらしい | 現在使用するパワートレーンは2.88リッターV8ツインターボ+ハイブリッド、出力は1,250馬力 さて、米カリフォルニア拠点の新興ハイ ...

新型ポルシェ911GTS「ハイブリッド」と思われる試作車がニュルを走る!いまだシステム概要、バッテリーサイズ、アシスト方式、モーターのレイアウトなどナゾのまま

新型ポルシェ911GTS「ハイブリッド」と思われる試作車がニュルを走る!いまだシステム概要、バッテリーサイズ、アシスト方式、モーターのレイアウトなどナゾのまま

| 一説では新型ポルシェ911ハイブリッドは1,000馬力近くを発生し、価格も非常に高額になるという | 現時点ではそのポジショニング、グレード名もわからない さて、2023年モデルだとされるポルシェ ...

ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量絵エンジンの搭載を前提に動いているようだ

ブガッティ・シロン後継モデルにはW16エンジンの搭載「無し」。デザインチームはすでに小型・小排気量エンジンの搭載を前提に動いているようだ

| たしかに公式に「W16エンジンを積むのはミストラルが最後」だと語られている | しかしブガッティが他ブランドのクルマよりも小型のエンジンを積むというのは想像が難しい さて、先日ブガッティはシロン世 ...

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ重役が電動化について語る!「史上最大のチャレンジ」「10個のスピーカーを付けてV10サウンドです、というようなことは絶対にしない」

| ランボルギーニはフェラーリと異なり、最初のピュアエレクトリックカーをハイパーカーではなくGTカーとするもよう | 加えてロータスやメルセデスAMGと異なり疑似サウンドは非搭載? さて、先日はガソリ ...

マクラーレンがまだ追加で限定ハイパーカーを発表するようだ!センターシート、1,000馬力超のサーキット走行専用車、「スピードテール」の派生モデルか?

マクラーレンがまだ追加で限定ハイパーカーを発表するようだ!センターシート、1,000馬力超のサーキット走行専用車、「スピードテール」の派生モデルか?

| たしかに「限定ハイパーカービジネス」は大きな利益を稼げるというが | すでにマクラーレンのハイパーカーは飽和の可能性もあり、であればSUVに手を付けたほうがいいかもしれない さて、マクラーレンがペ ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが合成燃料の開発を開始!「いかなる手段を用いてもガソリンエンジンを存続させ、そのためにはハイブリッドも活用する」

| ランボルギーニは他の自動車メーカーとはやや異なる「電化への」姿勢を持っている | なおウラカン後継モデルについては「ターボ」の可能性を否定出来ないようだ さて、電動化に熱心なフォルクスワーゲングル ...

トヨタが新型MR2の発売を計画?豪州トヨタ法人が「MR2の新しいエアコン」のサービスマニュアルをアップして話題に。ただしこれはGRヘリテージパーツかも

トヨタが新型MR2の発売を計画?豪州トヨタ法人が「MR2の新しいエアコン」のサービスマニュアルをアップして話題に。ただしこれはGRヘリテージパーツかも

| トヨタがMR2を見捨てるとは思わないが、新型が登場するにしても「ピュアエレクトリック」となるだろう | そしてEUの「ガソリン車デッドライン」が決まったいま、トヨタはスポーツカーのラインアップ再考 ...

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ「電動化時代となっても、そのサウンドやデザインによって常にエモーショナルなスーパーカーを提供する。我々のクルマは時代を超越した宇宙船のようなものだ」

| ランボルギーニは電動化に関してはやや出遅れたが、グループ内には豊富な電動化の知識や技術があり、すぐに独自の解決策を見つけるだろう | ここ数年で発表されるアヴェンタドール、ウラカンの後継モデルを楽 ...

シビック タイプRにはPHEVが将来的に登場?ホンダ「タイプRは究極のレスポンス、ドライバーとマシンの一体感という原則があるが、電動化によってもこれは実現可能」

シビック タイプRにはPHEVが将来的に登場?ホンダ「タイプRは究極のレスポンス、ドライバーとマシンの一体感という原則があるが、電動化によってもこれは実現可能」

| ただし重量や出力、価格などの「バランス」を取る必要があり、この作業は非常に困難だと思われる | それでもいずれは電動化へとシフトしなくてはならないことは間違いない さて、まだまだ発表の余韻冷めやら ...

新型コルベットE-Ray(もしくはグランスポーツ)試作車がニュルを走行中!コルベット初のハイブリッド、そしてAWDに?

新型コルベットE-Ray(もしくはグランスポーツ)試作車がニュルを走行中!コルベット初のハイブリッド、そしてAWDに?【動画】

| ただしシボレーからはコルベットE-Rayについての確定情報はなんらもたらされていない | 今後コルベットはそれぞれのモデルの方向性が明確に分かれることになりそうだ さて、ここ最近頻繁にニュルブルク ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5