ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

倒産

現代のブガッティを定義した、ロマーノ・アルティオリとはいったいどんな人物だったのか?「ブガッティを愛していたが、それよりも深くブガッティを理解していた」

現代のブガッティを定義した、ロマーノ・アルティオリとはいったいどんな人物だったのか?「ブガッティを愛していたが、それよりも深くブガッティを理解していた」

| ブガッティEB110を生み出したのはカウンタックの主要メンバーであり、EB110はカウンタックと同様に新しいアイコンとなる | まさに「比類なきものであれば、それはもはやブガッティではない」を実現 ...

テスラ最大のライバルと目されたルシードのキャンセル止まらず。社内では「キャンセル希望者に14回電話をかけるように」というマニュアルも存在することが判明

テスラ最大のライバルと目されたルシードのキャンセル止まらず。社内では「キャンセル希望者に14回電話をかけるように」というマニュアルも存在することが判明

| イーロン・マスクCEOは「ルシードはもう長くない」とツイート | そしてルシードをキャンセルしようと思うと14回も電話を受けることになる さて、テスラのライバルと言われ、しかし長らく実際の生産や納 ...

2015年に倒産した伝説のカロッツェリア「ベルトーネ」華麗に復活!新型スーパーカーのティーザー画像を公開し、かつての名車「カラーボ」復活を示唆

2015年に倒産した伝説のカロッツェリア「ベルトーネ」華麗に復活!新型スーパーカーのティーザー画像を公開し、かつての名車「カラーボ」復活を示唆

| おそらくベースは(ドアミラー等から判断して)ランボルギーニ・ウラカンだ | もともとベルトーネはランボルギーニと関係が非常に深い さて、イタリアにかつて存在し、その後2015年に消滅してしまったベ ...

中国の吉利がアストンマーティンの株式を9.7%し4番目の株主に!おそらくこのまま株式を買い進めて経営権を取得するんじゃないかと予想

中国の吉利がアストンマーティンの株式を9.7%し4番目の株主に!おそらくこのまま株式を買い進めて経営権を取得するんじゃないかと予想

| ボクはむしろ、吉利汽車がアストンマーティンを買収したほうがいいんじゃないかと考えている | 現在吉利汽車はボルボ、ロータス、ポールスター、Lynk&Co、Zeekr、LEVCを所有 さて、 ...

アストンマーティン

アストンマーティンがサウジ投資ファンドからの出資を得て一時的に生きながらえる!それでも負債の60%程度しか確保できず、まだまだ不安も

| ここまで業績が急速に悪化したスポーツカーメーカーも珍しい | ただしマクラーレンも同様の運命を辿りそう さて、いったんはローレンス・ストロール氏の救済によってその命が永らえたかのように思えたアスト ...

ロータスのボス「我々にスポーツカーを永遠に作って欲しい?であれば、まず今はSUVを作ろうではないか。それがスポーツカー継続の唯一の方法だ」

ロータスのボス「我々にスポーツカーを永遠に作って欲しい?であれば、まず今はSUVを作ろうではないか。それがスポーツカー継続の唯一の方法だ」

| 今まではスポーツカーにこだわっていたがためにお金を稼げず、新しいスポーツカーも作ることができなかった | 今となってはスポーツカー並みの性能を持つSUVも登場しており、SUVを軽視することはナンセ ...

【動画】BMW i3の墓場?韓国 済州島にて、倒産したレンタカー会社が所有していた100台以上のi3が打ち捨てられている様子が捉えられる

【動画】BMW i3の墓場?韓国 済州島にて、倒産したレンタカー会社が所有していた100台以上のi3が打ち捨てられている様子が捉えられる

  | 韓国のBMW現地法人がこれらを買い受けたという話もあるようだが | 一箇所のみではなく、済州島のあちこちに分散してi3が放置されているようだ さて、韓国の済州島にて、100台以上のBMW i3 ...

かつての超高級車メーカー「イスパノ・スイザ」が現代に蘇るもわずか6年で倒産。なおイスパノ・スイザは「2社」が存在しややこしい状況に

かつての超高級車メーカー「イスパノ・スイザ」が現代に蘇るもわずか6年で倒産。なおイスパノ・スイザは「2社」が存在しややこしい状況に

| こういった「同じ名称を持つ自動車ブランドがいくつか存在」することは自動車史上、さほど珍しくはないようだ | ただしボクら消費者としては混乱することこの上ない さて、かつての名門自動車メーカーであり ...

またまたスパイカーが倒産から復活!2022年からは新組織にてスタートし、B6、D8、C12という以前から計画されていたスポーツカー/SUVの生産を開始すると発表

またまたスパイカーが倒産から復活!2022年からは新組織にてスタートし、B6、D8、C12という以前から計画されていたスポーツカー/SUVの生産を開始すると発表

2022/1/1    , , , , ,

| ただしスパイカーは2006年から「ニューモデルを生産」といい続けるもいまだ実現していない | 今回こそは「本当に蘇る」と信じたいが さて、何度か不死鳥のように蘇りつつもついにその命運が尽き、202 ...

倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介

【動画】倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介

| 工場内に保管しているパーツはなんと4万点 | デロリアンの新車製造に必要なパーツの80%を保有 さて、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したことにより、ある意味では世界で最も有名なクルマ ...

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

2021/9/17    , , ,

| 中国の「起業ブーム」「流行に乗る勢い」は凄まじい | それにしても、よく起業のための資金をかき集めることができるものだ さて、中国は「EV生産台数世界No.1」を目指しており、国策としても電気自動 ...

テスラ・モデルSロードスター

テスラCEO、イーロン・マスクがツイッターで「アメリカで倒産しない自動車メーカーはテスラとフォードだけ」とつぶやく→フォードCEOが「リスペクト」と反応

| 新規に電気自動車メーカーを立ち上げる苦労を一番よく知る人のツイートでもある | さて、歯に衣着せぬツイートを行うことで知られるテスラCEO、イーロン・マスク氏。今回は自身のツイッターに、「アメリカ ...

スパイカー(Spyker)

合掌。これまでにも不死鳥のように何度も蘇ってきたスパイカーがついに「その命運が尽きた(倒産)」との報道

| むしろここまで存続できたことのほうに驚かされる | さて、オランダの自動車メーカー、スパイカー・カーズが破綻したとの報道。スパイカーはもともと1997年にオランダにて設立されており、その際に発売さ ...

BMWのキー

中国にてBMWの合弁相手が債務不履行に!BMWの計画に変更が出るのは必至、今後は中国自動車メーカーの大型倒産も?

2020/11/11    , , , ,

| 中国でのBMWのパートナーが債務不履行 | さて、現在中国で問題となっているのが「現地で合弁企業を作るのであれば、現地企業に50%の株式を持たせなければならない」というルール。ただしこれは徐々に緩 ...

BBSホイールが経営破綻との報道!ただしBBSは現在2社あって倒産したのは格安ホイールを作っていた方のようだ

| 意外と知られていないBBSの真実 | あの有名なホイールメーカー、BBSが倒産(経営破綻)との報道。その理由としては「大手取引先からの支払いが滞ったため」だとされているものの、詳細は現時点では不明 ...

マクラーレンは1億5000万ポンドの融資を得るも「まだまだ資金が必要」。倒産の危機は依然目の前にあり、販売台数は前年の1/3以下となる見込み

| まさかマクラーレンがこんな事態に陥ろうとは | さて、資金難に陥ったと報じられたマクラーレン。マクラーレンはF1はじめモータースポーツにおいてリッチな歴史を持つメーカーであり、本社には多数のF1マ ...

アストンマーティンDBX

なんでこんなことに・・・。富豪から700億超の出資を得るもアストンマーティンの資金が「1年以内に尽きる」可能性大。DBXが売れなければまたしても倒産か?

| アストンマーティンはなんとしてもDBXを成功させなければならない | アストンマーティンはカナダの富豪にしてレーシングポイントF1チームのオーナーでもあるローレンス・ストロール氏の出資を受け入れて ...

衝撃!カルロス・ゴーンは逃亡前、弁護士に対し「日産は2-3年以内に倒産する」と語っていた!なお全米日産ディーラーは現内田CEOに不満爆発

| もう日産が回復することは望めないのか | 何かと話題のカルロス・ゴーン、そして日産ですが、今回Bloombergが報じたところによると、元検事である郷原信郎弁護士いわく「カルロス・ゴーン逃亡前、自 ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5