ad-728





「>三菱(MITSUBISHI)」 一覧

次期ランサーはSUVに?というウワサ。三菱は「4WD/オフロード/エレクトリック」へシフトか

マツダとスバルはトヨタ比7倍のリコール率。それでもトヨタが見下され、マツダ/スバル人気の謎

2018年3月の乗用車登録状況。ノートの独走、リーフは一瞬で圏外。C-HRが弱くヴェゼルが復調





日本車バブル?2001年製レクサスLX470が1500万円、1991年製三菱GTOが550万円

【米統計】「また次も買う」メーカーはダントツでトヨタ、2位はスバル。もはやアメリカでもアメ車はオワコンに

「浪人」仕様にカスタムされた三菱ランサーが登場。室内は和風、サイドブレーキは「刀の柄」

ad-itiran



三菱「エボリューション復活もありうる」。日産傘下で「エボ」をフル活用する意向?

フェラーリの1台あたり利益が1000万円から1200万円へ。ポルシェ、ランボルギーニの1台あたり利益は?

これは面白い!あの頃の人気モデルは?インフォグラフィックスで見る登録台数ランキング

【動画】こんな車もあった。バブル期ならではの「AMGがチューンした」いかつい三菱ギャラン





そろそろ開幕のオートサロン。トヨタ、ホンダ、日産、マツダほか各社の出展内容や傾向を見てみよう

トヨタは過去最高の販売台数なるも、2017年はまさかの屈辱「3位転落」。1位VW、2位は三菱を吸収した日産

米顧客満足度公開。テスラ1位、韓国勢が強く、日本車だとマツダがトップ。上位常連のレクサスは8ランクダウン

2018年、「25年ルール」でアメリカに輸出可能な車はコイツらだ。「80スープラ」「ランエボⅡ」「S14シルビア」etc.

今年も自動車のボディカラーNo.1を決める「オートカラーアウォード」開催。候補者が出揃う

三菱がe-EVOLUTIONコンセプト公開。「オフロード」「4WD」という三菱のヘリテージを進化させたEV

三菱が東京モーターショー出展内容公開。AYC採用、スポーツEV「e-EVOLUTION」を世界初公開

三菱が何やら出すようだ。東京モーターショーに向け新コンセプトのティーザー画像公開

米国「自動車メーカー別満足度」ランキング公開。トップはトヨタ、しかし韓国勢も上位に

140万円で購入できる車で加速が速いベスト5。「ランエボ7、4.6秒」「アウディRS6、4.5秒」など

まさに珍事。新車で購入したランエボのエンジンから異音→エンジンを開けたら工具が出てきた

米アンケート調査にてポルシェが「最も訴求力のあるブランド」第一位。なお二位はジェネシス(ヒュンダイ)

アメリカの三菱正規ディーラーがランエボⅧ(デッドストック)にプレミアを乗せて販売。1100万円ナリ