>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore



■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン「EVシリーズ”I.D.”の価格はテスラ・モデル3より90万円安い」

投稿日:2017/07/23 更新日:

フォルクスワーゲンの戦略担当責任者がそのエレクトリックブランド「I.D.」について、価格は「テスラ・モデル3より80-90万円程度安くなる」と発言。
テスラ・モデル3の価格は35000ドル(390万円くらい)ですが、となるとI.D.は300-310万円くらいになる可能性がある、ということですね。

なおフォルクスワーゲンは以前に「I.D.の価格は同じクラスのガソリン車くらいに抑える」と語っており、今回の話もかなり現実味があると言えるかもしれません。

なお、現時点でこの価格で「決まり」というわけではなく、上述の責任者も「発売する頃にはバッテリー価格が下がっているはず」という希望的観測(75-50%に下がるだろうと推測している模様)を交えてのコメントだそうで、となるとその頃にはテスラ・モデル3、また追加されているであろう「モデルY」の価格も同様に下がっている可能性がありますね。

今のところI.D.シリーズは2020年の発売目標とされており、EV専用の「MEB」プラットフォームを採用。
モーターは一つで170馬力程度、0-100キロ加速は8秒以下とされており、このあたりはBMW i3とほぼ同じスペックです。
ただし大きく異なるのは「走行可能距離」が400-600キロということで、「公称値で250キロくらい」のi3とは大きく異るところ。

現在のところ「I.D.]シリーズは5モデルでの展開を予定しており、その中にはゴルフくらいの「ハッチバック」、「クロスオーバー(CROZZ)」「バス(BUZZ)」「セダン」が含まれ、いずれも大きな期待が持たれるモデルだと思います。

他にもある、関連投稿

VW幹部がEVシリーズ「I.D.」の価格に言及。「ガソリンエンジン車と同等の価格にする」

VWはEVシリーズ「I.D.」を現在までに三種(ハッチバック、ミニバン、SUV)していますが、これらの価格について「ガソリンエンジン車と同等の価格になる見込み」としています。
EVは開発コストや製造におけるイニシャルコストの高さから(既存設備をほとんど使いまわしできない)どうしても割高になり、ジャガーも「I-PACEはF-PACEの10-15%増しの価格になる」と言及。

それを考えるとVWの言う「ガソリン車と同じくらい」というのは驚異的ですが、これはVWのEV部門責任者が上海モーターショーの会期中にメディアに語ったものとされ、信憑性は非常に高そう。
加えて「コストを抑えるための方法を実現」と発言しており、なんらかのブレイクスルーがあったのかもしれません。

なお、VWはグループにおいては「かなり利益の薄いブランド」となっていますが、それは「とにかく数を売る」という使命を果たしているため。
利益は薄くとも数を売ることで仕入れに関するコストを下げることができ、これは間接的にはアウディなどほかブランドのコスト削減にも貢献していると考えられます。

なお、フォルクスワーゲンの営業利益は1台あたり「8万円」とされ、これはもし「フォルクスワーゲン単体でみると」会社が成り立たないレベル。
しかしアウディの「1台あたり51万円」やポルシェの「1台あたり200万円」に支えられ、これらによって「VWアウディグループとして成り立っている、と言えます。関連投稿
ポルシェは一台売って194万円、フェラーリは一台あたり1012万円の利益があるという統計


ポルシェの営業利益率は世界トップクラス。各ブランドの利益を見てみる

参考までにトヨタは1台あたり営業利益が26万円、BMWは同じく48万円、日産は7万円、ホンダは5万円と言われますが、日産とホンダは数字上では「VWよりヤバイ」レベルですね(販管費が不明なので一律の判断はできませんが)。

それはさておき、VWは同じグループ内に稼ぎ頭がいるので、大義名分さえあれば「たとえ赤字で売っても」許されると思われ、今回における大義名分は「EVでの覇権」なのではないかと思うのですね。
現在はメルセデス・ベンツが「EQ」、BMWは「i」にてEVの販売を進めていますが、VWはやや出遅れていると言ってよく、しかしここで大量に数を販売できれば上述のように他ブランドにもメリットを与えることができ(かつディーゼル不正事件の損失を取り戻さなくてはならない)、今後の展開が楽になるのでは、と考えています。

関連投稿:VWが中国自動車メーカーと新たな契約。現地向けに新ブランドにて安価なEVを生産・投入

volkswagen-budd-e-concept-0

VWはディーゼル不正事件の後にEV開発へとシフトしているのは周知の通りですが、中国の自動車メーカー、JACとの合弁にて安価な電気自動車を製造することに合意した模様。
ただしVWブランドではなく新しいブランド名になるとのことで、今はその名称も不明です。
プラットフォーム自体も新開発されるそうで、かなり安価なモデルとなるようですね。
※画像はバディコンセプト

なお北京では大気汚染が深刻な課題となっていますが、北京においては2018年より年間5万台のEVを販売するよう自動車メーカーに義務付けており(これを満たさないメーカーは北京で自動車を販売できなくなるということだと考えられる)、これに対応する意味もあるようです。
欧州だと2020年もしくは2025年を目処にEVでないと販売できない国が出てくるようですが、さすが中国というか「2018年」だともうすぐ先で、開発期間を入れるといずれの自動車メーカーも「急造」でEVを投入してきそうですね。関連投稿:VWがI.D.コンセプト発表。400-600キロ走行可能なピュアEVで自動運転を備え、2020年に発売か

vw-id-concept-1555

フォルクスワーゲンがパリ・モーターショーにてI.D.コンセプトを公開。
VWアウディグループはディーゼル不正事件の後にディーゼルに見切りをつけ、一気にエレクトリック化の方向ですが、このI.D.コンセプトもその一環と見られ、2020年に発売されると言われます。
出力は168馬力、航続可能距離は400-600キロとされるものの、バッテリーパックのサイズなど詳細は未公開。

プラットフォームはMEBとなりサイズはゴルフとほぼ同様と見られますが、ただしゴルフに置き換えられるモデルではなく、このI.D.コンセプトは自動運転機能を持つなどテクノロジー及び「移動」「人の輸送」に特化すると見られます(一方でゴルフはやはり走る楽しみを追求したモデルであり続けるのかもしれない)。

現在のところ電気自動車においてはバッテリー技術の進歩によって「走行可能距離」の問題はほぼ解消されつつありますが、依然として残る課題は「価格」。
ガソリン車の代替となるにはあまりに高価で、単に移動手段として考えたとき、やはり「EVは割高」と言わざるを得ません。

フォルクスワーゲンがデトロイト・モーターショーでお披露目を行うVWマイクロバスっぽいモデル、「I.D. Buzzコンセプト」を公開。
昨年の「BUDD-eコンセプト」をさらに発展させたものと考えて良さそうですが、VWバスの新型については相当昔から発売の噂があるものの、一向に市販化される気配はなし。

現在VWは財政が厳しく、一定の販売台数を確保できないモデルについては容赦なく切り捨てており、ビートルもその対象に。
そうなるとVWはアイコンとなるモデルをひとつ失うことになりますし、ここでVWマイクロバスを発売すれば(他の車種とも競合せず)大きな話題になるのに、といつも思うわけですね。
さらにはVWマイクロバスは他のブランドが持ちえない、VW特有の「資産」でもあり、危機から回復するには逆にこれを活用しない手はないだろう、とも考えます。

今回発表されたBuzzコンセプトは「EV、自動運転」という時代にキーワードを備えたコンセプトカーですが、111kWhのバッテリーにてフロントに配置されたモーターを駆動。
出力は369馬力、0-100キロ加速は5秒とされるので相当な俊足です(BMW i3は7秒以上かかる)。
一方で航続可能距離は400キロ以上とされ、実用性も非常に高いと言えますね。

バッテリーの充電については80パーセントを30分で充電可能としており(この辺りはポルシェのターボ・チャージング・システムの技術を流用しているのかも)、プラットフォームはMEB、実際に市販するモデルは83kWh、268馬力にデチューン(コストの関係と思われる)されるだろう、と発言しています。

なお昨年のパリ・モーターショーにて発表されたI.D.コンセプトと関連付けたオフィシャルフォトも公開されており、VWは「I.D.」をEVもしくは自動運転を備えた車の呼称として与える、もしくはサブブランド化する意図があるのでしょうね。

Buzzコンセプトについては2025年の市販化を目指して開発が進められており、発売に暁には「世界で最初の完全自動運転機能を持つマルチパーパス・ビークルになるだろう」とのことですが、正直言うと「自動運転はなくてもいいので、すぐに発売して」という感じです。
なお市販時にはレーザーセンサー、超音波センサー、レーダーセンサー、各種カメラを備える模様。

BUDDE-eコンセプトからヘッドライトなど一部デザインが変更されていますが、これも「I.D.」の名を冠するモデル間で統一されることになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.