>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

日本と欧州の自動車メーカーの戦略における決定的な相違、「バリエーション展開の戦略」についての考察

| 欧米は選定必勝の攻撃型、日本は状況対応の臨機応変型 | 日本の自動車メーカーと欧州の自動車メーカーとでは考え方に大きな差があると感じることがありますが、今日はその「モデルラインアップに関する戦略」について考えてみたいと思います。大きいところから話をすると、欧州の気動車メーカーは、「一気にそのモデルのバリエーションを展開」し、日本の自動車メーカーは「ボチボチ展開してゆく」傾向が強い、と考えているわけですね(あくまでも傾向の話であり、ひとまとめには出来ない)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スウェーデンの自動車メーカー >日産/インフィニティ(Infinity)

トヨタ、日産、ボルボにリコール。日産は9万台、ボルボは該当期間に輸入した台数のほとんど(2万台)が該当する大規模なものに

| 一方トヨタは405台がリコール対象 | 今回は比較的リコールの届け出が珍しい、トヨタ、日産そしてボルボが国土交通省へとリコールを登録。トヨタは「ヘッドライト」、日産は「ブレーキ」、ボルボは「冷却水系」とエンジンコントロール」。ここでその内容を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場輸入車のコモデティ化?ボルボXC6 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

「女王陛下の007」公開50周年記念!アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラの最新限定モデルが50台のみ販売開始

| 正式名称はOn Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera | アストンマーティンがDBSスーパレッジェーラに、「新たなる限定モデル」を追加。 これは1967年に公開された007映画「女王陛下の007(On Her Majesty’s Secret Service)」50周年を記念した特別仕様を持ち、その名もズバリ「On Her Majesty’s Secret Service DBS Superleggera(長い・・・)」。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】メルセデスCEOが今日で退任。BMWが「これでようやくBMWに乗れるようになったな」とCEOに向けたパロディ動画を公開

| BMWとメルセデス・ベンツは昔からこういったやりとりが多い | ダイムラー(メルセデス・ベンツ)CEO、ディーター・ツェッチェ氏が5月(今日)でその職を退いていますが、今回BMWが同氏に宛てたユーモア溢れる動画を公開。ライバル会社がそのCEOの退任にあたって動画を作成するということは非常に珍しく、「よくこの内容を公開したな」と思わせる部分も。なお、撮影にあたってはメルセデス・ベンツの協力や許可なしにはできないだろうと思わせる部分もあり、これは「メルセデス・ベンツ合意」の動画なのかもしれませんね。 こち ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

今日のポルシェ718ケイマン。給油あたりの計測では最高燃費、13.3km/Lを記録。ポルシェはどうやって燃費を向上させているのか?

| ポルシェはスポーツ性能と環境性能の両立のため、涙ぐましい努力をしている | さて、今日ポルシェ718ケイマンに給油してふと気づいたこと。それは「燃費が伸びている」ということですが、具体的な数字だと直近での燃費がリッターあたり13.3キロ。ぼくはいつも「満タン法」による計測で、おおよそガソリンタンクがカラに近くなった状態で給油するようにしています。ちなみにオンボードコンピューターによる燃費表示はリッター12.8キロなので、さほど現実との誤差はないと考えてよいのかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

もしも新型スープラがBMWではなく、他メーカーとの共同開発だったら!AMG、フェラーリ、アストンなど「もしも」なレンダリング

| 中には「ないとは言えないな」というものも | 新型トヨタ・スープラは「BMWとの共同開発によるスポーツカー」。その理由としては、トヨタ単独で開発を行うと”とんでもなくお金がかかる”ためで、というのもトヨタはスープラの「魂」とも言える、そしてスープラに”なくてはならない”直6エンジンを持っていなかったから(そしてBMWは直6エンジンを持っていた)。よって、トヨタが単独で新型スープラを開発するとなると、プラットフォームだけではなく直6エンジンも開発しなければならず、よって「そうなれば、とうてい今の価格では ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(ハイパフォーマンスモデル編)。「エアインテークを目立たせる」ほか

| 機能を視覚化する方法が確立されてきた | 先日、クルマのデザインがメーカー問わずに似てきたという件について触れましたが、今回は「ハイパフォーマンスモデルのデザインも似てきた」ということについて。ただ、これは「スポーツカーやスーパーカー」ということではなく、主にメルセデス・ベンツ、BMW、アウディなど「ジャーマンスリー」の発売するハイパフォーマンスモデル「AMG」「M」「S」について考察してみたもの。 関連投稿 自動車のデザインが過去にないほど各社で似てきた件(前後バンパー、テールランプ編)。なぜ「細く ...

ReadMore

>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

もはやレンジローバーなみ!より高級に、より洗練された新型ランドローバー「ディスカバリースポーツ」発表

| レンジローバー・ヴェラールのような高級感すら感じられる | ランドローバーが、新しいデザインそして機能を持つ新型ディスカバリースポーツを発表。2020年モデルとしてのアップデート版にはなるものの、その変更内容はけっこう大きいようですね。外観では、各部がリファインされて新しいバンパー、LEDライティングシステムが目に入るところ。そのほかフロントグリル、ホイールも一新(18~21インチまで選べる)されることに。 こちらもオススメ、関連投稿ランドローバーが赤十字のために作ったドローン搭載ディスカバリーを公開 ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

世界に一台!ホンダが公式にカスタムしたシビック・タイプR「ピックアップトラック」が公衆の面前に登場

| ホンダUKはなぜかシビック・タイプRのピックアップトラックを実際に作ったことがある | ホンダは以前に、現行(FK8)シビック・タイプRのリアセクションをカットしてピックアップトラックを製作したことがありますが、なんとその実車が一般人によって目撃されています。このシビック・タイプRはピックアップトラック化されるにあたって2シーター/2ドアへ。さらにロールバーにLEDライトバーが装着され、ヘビーデューティーな雰囲気を持つ半面、特徴的なリアウイングも残されるというユニークな外観を持っています。 こちらもオ ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ルノー・メガーヌR.S.がシビック・タイプRより3.7秒速く走りニュルFF王者へ。どうするホンダ!

| そのタイムは7:40.1。わずか3年で10秒も短縮 | 長い間沈黙を保っていたルノー・メガーヌR.S.しかしながら今回突如としてホンダ・シビック・タイプRの持つ「ニュルブルクリンクFF最速記録」を破り、王者に返り咲いたと発表しています。なお、「ルノー・メガーヌR.S.」「シビック・タイプR」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」の3車は、長らくニュルブルクリンクFF最速の座をかけ、抜きつ抜かれつを繰り返してきましたが、新型(FK8)シビック・タイプRが7:43.8を記録し王座奪還したのちはライバルたちも ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >マセラティ(Maserati) ■ニュース

【試乗:マセラティ・グラントゥーリズモ~後編】これはアレだ。高級生地で仕立てたオーダーメードのイタリアンスーツだ

投稿日:2018/01/21 更新日:

|これが10年も前の車だとは信じられない |

さて、マセラティ・グラントゥーリズモ試乗、その後編。
まずは内装のチェックから入りますが、マセラティの内装はまず他のメーカーでは持ち得ない妖艶さと豪華さを持つものだと考えています。
クラシカルなイタリア製家具を彷彿とさせる、「厚みのある」レザーがそう感じさせるのかもしれませんね(画像を見るとわかりますが、「平面」がほとんどない)。








マセラティ・グラントゥーリズモのインテリアを見てみよう

なおインテリアはマセラティ・グランツーリズモにおける大きな魅力とも言える部分(このインテリアに圧倒されない人はほとんどいないと思う)。
妖艶かつ上品な印象があり、はっきり言うと「セクシー」。
上品なだけや高級なだけのインテリアは多数あるものの、「セクシー」と言えるインテリアを持つ車は稀有な存在だと言ってよく、そしてマセラティはその稀有なインテリアを持つ数少ないメーカーのひとつ。

繊細かつ緻密なインテリアを持つドイツ車とは全く異なる雰囲気で、基本的には大きな面を持つパーツで構成されており、それらのパーツが曲線と曲面で構成されることが特徴。
レクサスLSも素晴らしいインテリアを持ちますが、そちらは折り紙をモチーフにしたハンドプリーツや、切子をイメージしたトリムなど「ディティール」でこだわっているのに対し、マセラティは大きなパーツのつながりを重視するという「全体」でのイメージを重視しているようにも思えます。

なお試乗車にはカーボンステアリング、カーボントリムが装着に。
このカーボン製ステアリングホイールは非常に格好良く、購入するのであればぜひ装着したいところ。
直径、そしてグリップの太さとも絶妙だと思います(センターマークの金属によるインレイも高級感がある)。

DSC05094

このペダルは7万円くらいのオプション。
高価ですが、これも必ず装着しておきたいものですね。
たとえばポルシェやランボルギーニのデュアルクラッチ装着車では、「(ブレーキペダルが大きく)ペダルがAT車然として」いるものの、グラントゥーリズモの場合は「(ブレーキペダルが小さいので)レーシングカーっぽい」印象があり、かなりスポーティー。

なお、アクセルペダルの位置が他の車に比べると「かなり」高いようで、独特のレイアウトを持っていると言えそうです。

DSC03299

シートに使用されるレザーはポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)社製。
座り心地はかなり良く、膝の裏が当たるところが他の部分よりも柔らかく(もしくはクッションが厚く)なっており、今まで座った中でもかなり優秀なシートの一つ。
まさに「イタリア製の高級家具」と表現しても差し支えないと思います。

DSC05098

リアシートはかなり大きな「フルサイズ」。
乗降時には前席が電動にてスライドする「イージーエントリーシステム」を持つため、実用性が高くなっています(後席からでも操作できる)。
2ドアクーペとしては望外にすぐれた後部座席の居住性を持つ、と言えそう。

DSC05090

マセラティ・グラントゥーリズモで走ってみよう

グラントゥーリズモはその見た目からしてエキゾチックで、外から見ると「運転しにくそう」に見えますが、ダッシュボードが低く、サイドのベルトラインも高すぎず、視界としてはアウディTTよりかなり「優れる」という印象。
シートやステアリングホイールの位置、ドアミラーやルームミラーの視認性は非常に良く、そのスタイルのために何一つ犠牲にしていないこともわかります(さすがもともとはピニンファリーナのデザイン。フェラーリも同じように優れた視界を持つ)。

キーは今となっては珍しい、キーシリンダーへと鍵を差し込んで捻ることでエンジンをスタートさせる方式。
もうこの「儀式」を行うスポーツカーは数少なく、今はこれが逆に新鮮に感じますね。
エンジンをスタートさせても振動や雑音は全くと言っていいほど感じられず、心地よいサウンドが室内に届くのみ。

↓パドルやスイッチ周辺に施されたクロームの加飾がまたセクシー

DSC05093

シフトレバーを「D」に入れてパーキングブレーキを解除していざスタート。
軽いクリープとともにスタートでき、全くナーバスさがないのが好印象。
とにかく乗りやすいという印象の車で、それは「スポーツカーにしては」という意味ではなく、ほかのどんなカテゴリの車と比較しても「乗りやすい」。

シフトチェンジ、エンジン含むドライブトレーンによる振動が少なく快適であり、車外からの騒音やロードノイズも抑えられることで車内も静か。
サスペンションは路面の凹凸を吸収してそれをキャビンに伝えずサルーンのようであり、しかし一旦アクセルを踏み込むとスーパースポーツのように猛然と加速。
ロール、ピッチも抑えられており挙動は完全に「安定している」と言え、足回りやボディ剛性、ブレーキにも不安は何一つなく、安心してアクセルを踏み、ステアリングホイールを切り、ブレーキを踏める車ですね。

ロードインフォーメーションに優れるスポーツカーと言うよりは、「外界と隔絶された空間を車内に作り上げるサルーン」にも近い印象があり、しかし各操作系に対する反応、そして何よりそのサウンドは「紛れもない、一級品のスポーツカー」。

けっこう大きな車ですが回頭性は素晴らしく、それはマセラティがこだわった「前後重量配分」に起因すると思われ、ステアリングホイールを回してアクセルを踏むとノーズがカーブの内側にぐっと入るイメージ。

DSC05111

これだけの大きさ、重さ、ホイールベースの長さ、そしてパワーを持ちながらもここまで素直な挙動を示す車はそうそうなく、そのぶんグラントゥーリズモは「素性の良さ」が表に出ている、と言えそうです。
つまり電子制御で無理に曲げたり安定させたりするすのではなく、もともとの車の持つポテンシャルが高く、かつ優れている、ということですね(さすがはかつてF1で活躍したメーカー)。

特筆すべきはやはりフェラーリの設計/製造によるエンジン。
本家フェラーリのV8エンジンはすべてターボに移行してしまったため、「乾いた、そして甲高い」サウンドを持つエキゾーストサウンドを持つのは今やグラントゥーリズモだけ(アストンマーティンもV8エンジンを今後ターボ化)。

ちなみにグラントゥーリズモも「ドライブモード」を持ち、これを変更するとサスペンション、シフトチェンジのタイミングやエンジンサウンドも変化。
しかしながらその変化幅は「フェラーリほど大きくない」ようで、これは車の性格を考慮し、意図的に制限しているのかもしれませんね。

なお、こちらは停車時におけるグラントゥーリズモの排気音。
ギアが「N」だとエンジン回転数の上限が3000回転に制限されますが、それでも「かなりの」音です。

マセラティ・グラントゥーリズモの印象をまとめると?

正直ここまでのできの良さは想像しておらず、かなり「驚かされた」車。
グラントゥーリズモの登場は10年前ですが、この10年間で熟成を重ねることにより常に第一線でいられる実力を身に着けた、と言えそうです。
ここ10年における自動車業界の進歩はめざましく、そういった意味は「10年前の、しかもモデル末期に近づいた車」だということで侮っていた部分はありますが、「時間を味方につけた(その時間で成長した)」車だと言え、この時期にであっても「買って間違いのない車」だという印象です。

とにかく乗っていて「しっくり来る」という印象しかなく、ドライバーに負担をかけずにしなやかに走る、という印象。
言うなればゼニアやロロピアーナの高級な生地を使用して仕立てたスーツのようで、これだけ「人にフィットする」内装やドライバビリティを持つ車は他にないかも。※マセラティにはゼニアの生地を使用した内装オプションがある

そのルックスがずば抜けているだけに「格好だけの車」と思われがちですが、実用性や乗員への配慮が素晴らしい車でもあり、「スーパーカー」にはない親しみやすさも感じられる車でもあります。

DSC05096

こんな感じでマセラティ・グラントゥーリズモは非常に珍しいタイプの車であり、価格帯も独特。
ライバルたる車が存在しないとも言えますが、「グラントゥーリズモ=GT」という名の示すとおり、スポーツカーとサルーンとの中間のような存在だと考えていて、ドライブモードや扱い方を変化させることで「どちらにでも」シフトし得る車。

運転したイメージは快適で、静かで、そしてセクシー。
大人4人でも十分に乗れ、視認性含めて実用性も高いという万能選手のような車ですが、これに近いと思うのはレクサスLC500。
ただしレクサスLC500は品行方正で隙のないビジネスマン的印象があり、しかしマセラティ・グラントゥーリズモはオンオフの切り替えができる、様々な楽しみ方を知った(イタリアンスーツに身を包んだ)人生の達人、という印象を持っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >マセラティ(Maserati), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.