>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



>フォード(FORD) >その他アメリカ車

知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシップ化されるチャンスが過去にあった!

更新日:

ダッジ・ヴァイパーのミドシップ化プロジェクトは「フォードGT」となって結実したとも言える

クライスラーはヴァイパーのミドシップ化に積極的ではなかった

C8世代の新型シボレー・コルベットはミドシップ化されることが決定していますが、ダッジ・ヴァイパーも過去にミドシップ化計画があり、これが実現すれば「アメリカ最初のミドシップスーパーカーとなっていた」とのこと。
なお、アメリカ初のミドシップスーパーカーは2005年の「フォードGT」。
そしてヴァイパーの「ミドシップ化」はフォードGTと密接に関係があった、と報じられています。

Hagarty報じるところでは、「ヴァイパーのミドシップ計画」は1990年代中頃にスタートしたとのことですが、その前にまずヴァイパーの歴史を紐解く必要がありそう。

もともとダッジ・ヴァイパーは、当時クライスラーがコルベットへの対抗としてボブ・ルッツ氏(ヴァイパーのほか、プロウラーなどマニア受けするクルマの開発が得意)主導のもの計画したクルマで、1989年にコンセプトモデル公開、1991年に販売開始。
開発には当時クライスラー傘下にあったランボルギーニが密接に関係しており、V10エンジンのチューン(ガヤルドがV10エンジン搭載にて登場したのもこれと無関係ではないのかも)、足回りのセッティングもランボルギーニが担当した、と言われています。

そして発売後に社内で持ち上がった計画が「ヴァイパーのミドシップ化」。
ただしクライスラー内部でもフロントエンジン崇拝の色が濃く、ミドシップ化を支持したのは、後にクライスラーの小型車プラットフォーム部門の管理者となるクリス・テオドア氏、そしてエンジニアリング部門の重役であったフランソワ・ケースティング氏のみ。

それでもクライスラーは8名を集めて「ヴァイパーのミドシップ化計画」を開始し、出力軸が後ろ向き、逆に前向きといった2つの構造を検討することになりますが、これはメカニズム面、そしてコスト面両方からの検討がなされたそう。
たとえば出力軸が前にあるほうはクルマの幅が大きくなり、室内空間が犠牲になる反面、既存のヴァイパーそしてクライスラー車が持つコンポーネントを流用できるためにコストが安い、など。

両方のレイアウトにおいてシートは前に移動し、ヒップポイントが下がることでルーフは低くなってホイールベースが長くなり、フロントエンジンのヴァイパーとは異なる姿になったものの、「フェラーリと比べても見劣りしない」スタイリングだったとされています。
ただ、ヴァイパー生みの親にして当時のクライスラー代表であったボブ・ルッツ氏はこれにあまり興味を示さず、そのまま開発メンバーのうち数名が退職を迎えるなどしてこの計画「ミドシップGT=GTM」は消滅した、とのこと。

ヴァイパーのミドシップ化担当者がフォードへと移籍

そして事態が急展開を迎えることとなった転機が、上述のクリス・テオドア氏、つまりヴァイパーのミドシップ化を率先してきた人物がクライスラーを去ったのちのフォードへの移籍。
クリス・テオドア氏はクライスラーでのプロジェクトにおいて「不完全燃焼」といったフラストレーションを抱えており、フォードにてようやく2005年にこれを実現したことになりますね。

なお、フォードとしてもル・マンでもっとも成功したレーシングカーの一つ、「フォードGT40」を市販車として蘇らせる計画を持っていたものの、幾度となくその難易度の高さから頓挫していたとされ、テオドア氏の移籍は「願ったり叶ったり」だったのかもしれません。

実際にミドシップスーパーカーを作るのは大変に難しく、モータースポーツで数々の輝かしい歴史を築いてきたBMWですらミドシップスーパーカー「M1」を自社で開発するのは難しいと判断してランボルギーニへと開発を委託していますし、レクサスLFAも開発当初はミドシップも検討されたものの「操縦性に難がある」としてFRが選択されたほど。

今回シボレーはコルベットを今回ミドシップ化することになりますが、このミドシップ化についても1964年にミドシップ版の試作車が製造されていて、それが今回54年かかってようやくミドシップ化されることに。
もちろんこれは(ミドシップ化したとして)満足の行く性能を発揮させるのが容易ではないということのほか、ほとんどのパーツが新規の設計せざるをえないという理由から「異常に高くなるコスト」など様々な問題があり、しかし今回「すべてのタイミングが一致した」結果だと言えそう。
逆に考えると、そうでもなければ、フロントエンジンのクルマをミドシップ化するのはこれほどにハードルが高い、ということですね。

VIA:Hagarty

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->フォード(FORD), >その他アメリカ車
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.