>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

メルセデス・ベンツの株が中国企業に買い占められる危機?提携相手の北京汽車がダイムラー株5%を買い進めているとの報道

| 上場している自動車メーカーは常に同様の危機にさらされている | 現在、メルセデス・ベンツは中国において 北京汽車(BAIC)、比亜迪汽車(BYD)というパートナーと提携済み。中国では(外国企業が)提携できるパートナーは2社までと決められているので、メルセデス・ベンツは「枠」を使い切っていることになりますが、ここでややこしいのが、メルセデス・ベンツの筆頭株主が(パートナー会社以外の第三者である)「吉利汽車」CEO、李書福氏である、ということ。つまり2つのパートナー以外、さらに言えばそれらの競争相手とも言 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ本社筋「ウルスのハードコアモデルを開発中」。2年以内に登場するとされるも、その詳細は全く不明

| まさか2シーター化されるようなことはないと思うが | カーメディア「Motor Trend」のライター、ジョニー・リバーマン氏が自身のインスタグラムにて語ったところでは、「ランボルギーニ・ウルスのハイパフォーマンスバージョンはすでに開発途中にある」とのこと。同氏はこの情報を「ランボルギーニの上級役職者から聞いた」としており、二年以内に発売されるだろう、と述べています。

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなモノを買った。「オヴァディア&サンズとポーターとのコラボリュック」。吉田カバンのパーツにOVADIAならではのデザイン性がプラス

| 残念ながら日本未入荷 | オヴァディア&サンズ(OVADIA & SONS)とポーター(PORTER/吉田カバン)とのコラボリュックを購入。オバディア&サンズはちょっと聞き慣れないブランドだと思いますが、ニューヨークにて2010年に設立。スーツ、スポーツウェア、シューズ、アクセサリーなど様々な製品が揃い、基本的にはアメリカ生産にこだわるものの、一部製品はイタリアや日本へと発注しています。 ちなみに「サンズ」とあるので「親子でやってるブランド」というイメージもありますが、実際にブランドを運営する ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「我々はMTとRWDを捨てない。大きなモデルは4WDを採用するが、コンパクトなモデルにはRWDを残す。その理由はこうだ」

| 今後BMWのMモデルはグレード含めると異常な数にまで増えそうだ | BMWは現在「AT+4WD(xDrive)」へとシフト中。以前にBMWは「M3は軽量シンプルであるべきで、4WDは採用しない」と語っていたものの、おそらく新型M3には4WDが採用されそう。トランスミッションについても「MTやDCTはトルコンATに対して優位性を持たない」としてトルコンATを積極的にスポーツモデルへと採用しています。 次期BMW M3には「ピュア」「ベース」「コンペティション」3グレード設定とのウワサ。出力、駆動方式にも ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

限定フェラーリやポルシェを入手できる」としてお金をだまし取った伝説の走り屋。「湾岸ミッドナイト」のモデルだった有名人物がなぜ?

| 「ブラックバード」のモデルであり、ミニカー化までなされていた | 週刊文春(文春オンライン)が衝撃的なニュースを掲載。それは「世界で500台しかないフェラーリ売ります……逮捕された男は“伝説の走り屋”だった」というもので、日本では有名な走り屋がラ・フェラーリやポルシェ918スパイダーを販売すると偽り、お金をだまし取っていた、というもの。これによると、その伝説の走り屋「吉田栄一」容疑者がモナコの資産家から、ラ・フェラーリを入手できるとして合計2億5000万円を2016年までに受け取っていた、としています ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「MSO」でカスタムした600LT登場。カーボンファイバーに加えボディカラーは”ヴェガ・ブルー”

ルーフにはMSO特性のシュノーケル マクラーレン・サンフランシスコがMSOにてカスタムした600LTの画像を公開。600LT発表時のボディカラーは、グレーにパールオレンジをかけたような「シケイン・エフェクト」ですが、この個体のボディカラーは「ヴェガ・ブルー」。マクラーレン自身もこれまでにいくつかの600LTを公開しているものの、このボディカラーは「初」だと思います。 こちらもオススメ、関連投稿マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入 ...

ReadMore

>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン | ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「ミドシップスーパースポーツを作りたいが、それ単独では無理。次期i8の開発が決まれば、その兄弟として同時開発が可能となる」

| ただし現在では次期i8の可能性は低い | ときどき出てきては消える、「BMWがスーパーカー製造か」というウワサ。もうここ4年ほどこういった話が定期的に出ていますが、今回はBMW M部門のCEO、マーカス・フラッシュ氏がカーメディア「Motoring」にこう語っています。「我々は、キドニーグリルを装着した、ミッドシップレイアウトのスーパーカーに非常に興味を持っている。いかなる既存モデルとも共通性のない、単独で存在するハイパフォーマンスカーだ」。 BMWの役員「一生に一度は胸を張れるスーパーカーを作りたい ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■近況について ■ニュース

新型アウディTT 40 TFSIを見てきた!変更は最小限ながらも上位グレードのデザインが取り入れられてお買い得感が向上

| ただし基本的な価格がちょっと高い | 新型アウディTTが日本でも発表され、ディーラーに配備されたので早速アウディ箕面さんへ。展示車兼試乗車は、FFモデルとなる「アウディTT 40TFSI」です。この「40」そして4WD(クワトロ)モデルに付与される「45」といった名称は、現在アウディが本国において進めている「ヒエラルキー」を数値化したもの。メルセデスAMGの「43」や「63」のようなものですが、今回からアウディTTにも導入されたということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型アウディTT/TT ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

720Sの姿を借りたマクラーレンの新型ハイブリッドスポーツがテスト中。V6ターボ+エレクトリックモーターにて1000馬力?

| マクラーレンもフェラーリに対抗しないわけにはゆかない | マクラーレン720Sの「ハイブリッド版」プロトタイプが目撃に。なぜハイブリッドだと編別できるのかということですが、これは「電圧注意」の黄色いステッカーが車体に貼られているため。なおマクラーレンはハイブリッドに対して非常に積極的なメーカーとして知られ、マクラーレン初のハイパーカー「P1」はハイブリッドですし、最新ハイパーカー「スピードテール」もハイブリッド。

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

ランボルギーニはなぜ「LPナントカ」という名称を使用しなくなったのか?→「ややこしかったから」。

投稿日:

たしかにここまで増えてくると覚えるのが困難に

Motor Trendが「なぜランボルギーニはそのネーミングに”LP”を用いなくなったのか」という記事を掲載。

なお、ランボルギーニが用いている「LP」とは 「longitudinal posteriore(ロンギチューディナル・ポステリオーレ)」の略で、これは「後方縦置き」を意味し、つまり「縦置きミッドシップ」を表します。
ちなみにミウラはミドシップながらも「横置き」なので、縦を表す「ロンギチューディナル(L)」がない「P」のみが付与され、「ミウラP400」といった表記に。※ウラッコも横置きなので「P」

LPの元祖はランボルギーニ・カウンタック

この「P」が用いられたのは1967年の「ミウラP400」が最初で、「LP」の始まりは1971年のカウンタックLP500(これは市販されなかったので、市販車だと1974年のカウンタックLP400が最初)だと認識していますが、そこから2016年辺りまで使用されていたのが「LP」という表記。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ただ、この「LP」もずっと使用されていたわけではなく、たとえばディアブロには「LP」という名称は用いられず(構造的にはLPに該当)、2001年発表のムルシエラゴに「LP」がついたのも2006年の「ムルシエラゴLP640」から。※”640”は馬力を表す

上述の通り「LP」は2016年に消滅しているものの、これまでの例を見ると「2006年に復活し、2016年に消滅」しているということもになり、この期間はちょうどランボルギーニCEOがステファン・ヴィンケルマン氏であった時期。

つまりはステファン・ヴィンケルマンCEOが就任と同時に復活させたのが「LP」ということになりますが、その次のステファノ・ドメニカリCEOもまた着任早々に「LP」の記載を廃止しているわけですね。

そして「LP」に話を戻すと、2009年辺りから「LP+数字-4」という記載が登場。
これは「エンジン後方縦置き+馬力+駆動方式(4WD)」を表しています。

最初にこの命名法則を与えられたのは「ガヤルドLP560-4」、V12モデルだと「ムルシエラゴLP650-4ロードスター」。
ガヤルドは2004年登場のクルマですが、フェイスリフトを受けた2008年に「ガヤルドLP560-4」とその名を変えたことになりますね。

そしてなぜ「4」という駆動方式を示す名称がついたのかということですが、これは後に2WD(後輪駆動)モデルが登場することを想定していたためだと思われ、実際にガヤルドでは「LP550-2」という後輪駆動モデルが発売されています。

そしてステファン・ヴィンケルマン氏がランボルギーニCEO在任中にあった時期に発売されたアヴェンタドール、ウラカンはそれぞれ「アヴェンタドールLP700-4」「ウラカンLP610-4」という表記をデビュー時には与えられ、しかし2016年以降は「アヴェンタドール」「ウラカン」へと変更。

となると「4WDと2WDとの区別がつかん」ということになるので、「ウラカン」という名称は4WDを指し、「ウラカンRWD」が2輪駆動モデルを指すという区分へと変更に(アヴェンタドールには2輪駆動モデルが存在しない)。

要は「LP」の表記があるなしは、その構造を採用しているからというワケではなく、CEOの意向によるものであるということですが、そこで現在なぜ「LPをやめたのか」という話。

MotorTrendによると、ランボルギーニの言として「単に”LP+数字+駆動方式”という表記はややこしく混乱を招くから」だとしていて、たしかに「LP650」「LP650-4」「LP670-4」「LP560-4」「LP570-4」「LP550-4」「LP610-4」「LP700-4」「LP720-4」など増えてくると覚えにくく、かつ今後V10モデルとV12モデルとの番号が「被る」可能性も(実際に、ウラカン・ペルフォルマンテやウラカンEVOの出力はムルシエラゴの”LP650”に達しつつある)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

その意味で先手を売って「別の名称に」したのはいい選択だったかもしれず、さらに「アヴェンタドール→アヴェンタドールS」、「ウラカン→ウラカンEVO」というフェイスリフト後の名称も”なにかが変わった”ということを押し出せて良いのかも。

加えて発音も容易で、「ウラカン・エルピー・シックス・テン・ダッシュ・フォー」というのは長く、かつ国によっても発音が全く異なることになるので(日本だと”ロクイチマル”が主流)、やはり現在の方式のほうが「世界統一」で売りやすいということもあるのでしょうね。

ただ、その反面「商標を取りにくくなる」という問題もあり、たとえばアルファベットと数字との組み合わせで、かつ長いものでは比較的商標を取りやすく、たとえばBMW「M850i」などは他があまり商標を取るとは思えず、よって世界中での販売が容易。

ただし「EVO」のような単純なものだとどこかの国では商標を取られて使えないという可能性もあり(フェラーリも日本では”フィオラノ”の名称を使えなかった)、ここはランボルギーニにとっては諸刃の刃とも言える部分でもありますね(覚えやすく発音しやすいものの、商標取得が困難)。※だからこそ、クルマに”名前”をつけずに”数字”で通すメーカーも多い

そして、フォルクスワーゲングループは「最長」でも10年経てばグループ内での異動があるようなので、ステファノ・ドメニカリCEOが異動となった後はまた別の命名法則が採用されるのかもしれません。

VIA:MotorTrend

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.