>日産/インフィニティ(Infinity)

日産起死回生の一発なるか?F1直系のHVシステムを持つ「インフィニティQ60プロジェクトブラックS」発売決定がもうじき下されるとのウワサ

| ただしインフィニティの向かう方向にはマッチしていない | 日産が過去数回に渡り公開しているコンセプトカー、「インフィニティQ60プロジェクト・ブラックS」。これはインフィニティとルノーF1チームとのコラボレーションによって開発されたハイパフォーマンスカーで、ハイブリッドシステムを採用することにより「パフォーマンスと効率性」とをバランスさせたクルマ。初出は2017年のジュネーブ・モーターショーですが、その後もインフィニティはアップデート版を公開しています。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

ノヴィテックがフェラーリ488ピスタをカスタム&チューン!純正重視のフェラーリオーナーを尊重した地味めカスタムなるも、出力は80馬力アップの800馬力へ

| ターボエンジン搭載はフェラーリのチューニングポテンシャルを大きく向上させた | このところ立て続けに「新作」を披露しているノヴィテック。今回はフェラーリ488ピスタを対象にしたチューニングパッケージ「スポーツパッケージ」を公開しています。なお、488ピスタはF8トリブートとともに「フェラーリV8史上、最高出力」を誇るクルマ。今回ノヴィテックはその488ピスタをさらにチューンしたということになりますが、ECU変更とハイパフォーマンスエキゾーストシステムの装着にてその出力は720馬力から800馬力へとパワ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

一部で大人気、ポルシェ911のラリーカーカスタムが販売中。「サファリRS」など2台が一気に登場

| ポルシェが実際に「911サファリ」を発売するという話もあるが | VICCI Online Car Auctionsにて、ポルシェ911をオフローダーにカスタムした車両が2台出品予定。参考までに、ポルシェ911は、1967年と1969にモンテカルロ・ラリー、1980年代にパリ~ダカールラリーを走っていたことも。とくにモンテカルロ・ラリーでは優勝を飾ったということから「911とラリー」をは意外と縁が深く、そのため911をラリー仕様へとコンバートする人やショップも少なくはないようです。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期GT-R(R36)は2027年まで登場しないだろうという報道。日産「現行GT-Rのプラットフォームは20年改良なしでも通用する」

| 様々な情報を総合的に考えると、どうやら本当にそうなりそうだ | 日産R35GT-Rは2007年に登場しており、すでに齢12年を数えますが、ここ最近、チョコチョコとモデルチェンジのウワサが聞こえてくることに。ただしいずれも具体性を帯びたものではなく、「結局のところ何も決まってないのでは」と思わせるものばかりとなっています。そして今回、 Motoring が伝えたのはなんと「次期GT-Rが登場するのは、早くても2027年」。

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

北米専用、マフラーが「アヴェンタドール風な」ホンダ・シビック”Si”の2020年モデル発表。ついにフェイクエンジンサウンドも装備

| もはやフェイクサウンド装備は”スタンダード”になりそうだ | 北米にて、ホンダが「シビックSiクーペ」「シビックSiセダン」の2020年モデルを発表。これらは聞き慣れないモデルですが、北米特有のモデルそしてグレードで、通常の「シビッククーペ」「シビックセダン」のスポーティーモデルとしてそれぞれラインアップされています(グレードの一つではなく、独立した車種扱い)。なお、欧州におけるシビックのラインアップは「シビック4ドア」「シビック5ドア」「シビック・タイプR」、日本は「シビック・ハッチバック」「シビッ ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

内外装が光りまくる!「富裕層向け」に新しい価値観を盛り込んだ「ベントレーEXP100」の実車が公開される

| ベントレーは光ることでその光明を見出したようだ | ベントレーは少し前に100周年記念コンセプトカー「EXP100」を発表し画像を公開していますが、今回はその実車を、はじめてベントレー本社にて、メディアに対してお披露目した、とのこと。このベントレーEXP100は、100周年記念という意味合いだけではなく、「未来のベントレー、具体的には2035年モデルをイメージしたピュアエレクトリック・ラグジュアリーグランツーリスモ」でもあります。フルエレクトリック、そして高いレベルの自動運転機能を備え、スペックとして ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■近況について ■ニュース

レンジローバー・イヴォークを購入するならポルシェ718ケイマン売却が必要。ケイマン、イヴォークそれぞれの勝るポイントを挙げて買い替えの是非を問う

| 正直、買い替えてもOK、買い換えなくてもOK | さて、現在レンジローバー・イヴォークを購入するかどうか悩み中。そしてもしレンジローバー・イヴォークを購入するとなると、ポルシェ718ケイマンを放出する可能性が大(一応、トヨタ・スープラも予約しているので、これがやってくると家のクルマがスポーツカーばかりになるため、718ケイマンを放出することになりそう)。 新型GRスープラを予約してきた!支払総額は「RZ」で760万円。車両価格はSZが490万円、RZが690万円、ボディカラーは8色 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェ911GT3「ツーリング」と思われる試作車最新版。これまでとは異なり、フロント/サイド/リアに変更アリ。レーシングカー”911RSR”そっくりのルックスになるかも

| こちらのほうが市販モデルに近い? | 991世代のポルシェ911GT3には「ツーリング」グレードが存在。これは何かというと、911GT3から巨大なリアウイングを取り払った、「見かけがシックな911GT3」。ポルシェとしてはもともとこの「911GT3 ツーリング」を投入しようと考えていたわけではなく、予定外にてこの911GT3ツーリングをラインナップに加えたのだと思われます。その理由としては、やはり991世代において、ポルシェが投入した「911R」が異常な人気モデルとなってしまい、尋常ではないプレミアが ...

ReadMore

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが3.6年分の販売台数に相当する17万台規模のリコール実施。ゴルフは5.7万台、ポロは5万台が対象となり「最悪の場合は走行不能」

| フォルクスワーゲン自慢のDSGに不具合発生 | フォルクスワーゲンが176,068台にもおよぶ大規模リコールを発表。なお、フォルクスワーゲンの2018年における販売台数は通年全モデルで49,036台なので、この176,068台は「3.6年分」の販売台数に相当する、ということですね。なお、リコールの内容としては「DSG(デュアルクラッチ変速機)」のパーツ強度が不足しており、最悪の場合は走行不能になる、というもの。対象となるモデルはシロッコ、ポロ、クロスポロ、ジェッタ、ゴルフ、ゴルフカブリオレ、ゴルフヴァ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連

これが限定モデルのポルシェ「パナメーラ820」? 820馬力を発生しニュル最速セダンの座を狙う限定モデルか

| 前後には見たことのないエアロパーツを装着 | ここ最近、フェイスリフトバージョンのプロトタイプが目撃されているポルシェ・パナメーラ。今回はニュルブルクリンクを走行する姿がスパイフォトとして捉えられていますが、これまでの個体とはちょっと違う仕様を持っています。この個体を見ると、フロントには「地面スレスレの」フロントリップスポイラーが装着され、リトラクタブル式のリアウイングにはガーニーフラップのようなものも。

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く(1)

投稿日:

| これまでに無く中身の濃いイベントで、まさに感謝しかない |

さて、ランボルギーニ・ウルスをサーキットや特設オフロードコースで試乗するという豪華なイベント、「Lamborghini TEST DIVE PLUS」へ。
場所は名阪スポーツランドにて開催され、ここはカートやミニバイク、そしてモタードや二輪用コース、四輪用としてジムカーナやドリフトコースのほか、モトクロスコースも揃う総合モータースポーツ施設です。

会場まで、そして会場に入ってからもいたれりつくせり

今回の試乗イベントでは「サーキット」「一般道」「オフロード」の3つを一度に試乗できるのが大きな目玉。

順を追って紹介したいと思いますが、まず会場は上述の通り名阪スポーツランド。
名阪スポーツランドに入るしばらく前の一般道からランボルギーニの「フラッグ」が立てられて会場まで誘導してくれ、名阪スポーツランド内には今回のためにこんな建物も設置されています。

L1110785

中には美味しそうなフードも用意。

L1110770

そして集まった試乗用のウルスは様々な仕様を持っており、中にはオプションのアクラポビッチ製エキゾーストシステムを装着したウルスも見られます(すごい音出てた)。

L1110802

その後は試乗のスケジュール、その内容についてブリーフィングを行い、その後いざ試乗開始。
なんとサーキットにおけるインストラクターは高木虎之介氏(1998、1999年にF1を走った)。
今までにも様々なイベントにて、様々なドライバーの方がインストラクターに着いてくれましたが、元F1ドライバーというのははじめてです。

L1110779

ウルスのサーキット走行性能は凄まじかった

サーキット試乗ではまず高木虎之介氏の運転するウルスに乗り、ウルスの性能についてレクチャーを受けます。
まずは「4WS(4輪操舵)」についてですが、こちらはサーキット内に置かれたパイロンのまわりをぐるぐると旋回し、その「小回り」を体感。

この後に自分でも同じようにウルスを運転して旋回を行いますが、「思ったよりも遥かに小さく回る」という印象で、それもそのはず、最小回転半径はわずか「5.9メートル」。
全長5,112ミリ、ホイールベース3,003ミリという数字からは信じられないほど小回りがきくと言えますね(ウラカンの最小回転半径は5.8メートル)。

L1110817

その後はフル加速からの「フルブレーキ」を体感しますが、まずは直線にてフル加速。
さすがに世界最速SUV「650馬力」の加速は強烈(0−100キロ加速は3.6秒。加給が始まってからの加速が凄まじい)で、120km/hくらいの速度からフルブレーキングを試みます。
ウルスのブレーキには「カーボンセラミックディスク」が標準装備され、このサイズはクラス最大(おそらく現時点で自動車業界最大)。

L1110805

これによって時速100キロからの停止にかかるのはわずか33.7メートルで、2,200キロという巨体からは想像できないほどの制動力を発揮します(ランボルギーニ最新モデル、ウラカンEVOの100km/hから停止までにかかる距離は31.9メートル)。

急停止についてはまったく不安なく、まっすぐにビタリと止まり、かつ大きくつんのめるようなこともなく(もちろんピッチングはあるが、ほかの一般的なクルマ、スポーツカーに比較しても小さい)、相当な安心感がありますね。

L1110818

その後は運転を交代して自分でステアリングホイールを握り、同じように旋回と急制動を試すことに。
なお、旋回においては「ちょっとやそっと速度を上げたくらいでは」ラインがブレず、トルクベクタリング4WDによって内輪を「引っ張る」ことでアクセルオン時におけるアンダーステアを解消している模様。

その後はサーキットを三周ほど走行しますが、とにかくビタリと安定していてロール、ピッチが少なく、文字通りそのドライブフィールは「スーパーカー」。
どれだけ攻めてもまったく姿勢を崩さず、強力な制動力を発揮して確実に減速し、そしてコーナリング中はアクセルを踏むだけで思い通りのラインを描いてくれるのがウルスということになりますね。

L1110812

とにかくこの4WDシステムは秀逸で、タイヤを鳴かせる、つまり「駆動力を無駄にしたり、グリップを損なうことなく」グイグイと曲がるのは気持ちいい、のひとことです。

このサーキットは「ミニサーキット」の類でもあり、「デカくてハイパワーなウルスでこんなところを走れるのか?コースアウトしないようにしないとな・・・」と不安でいっぱいだったものの、いざ走り出すと「もっと走りたい」と思うようになったのがとても不思議。

L1110854

つまりは(小さなコースでも)大きさやパワーを持て余すことなく、予想した以上に止まり、曲がり、走るのがウルスだということになります。
ぼくは一時期このクラス(金額ではなくてサイズ)のSUVを買おうとしたことがあり(まだその計画は潰えたわけではない)、同時期にポルシェ・カイエン、アウディQ7、ベントレー・ベンテイガ、テスラ・モデルX、メルセデス・ベンツGLE、BMW X6などを試乗しましたが、いずれもSUV特有の「揺れ」「姿勢変化」が気になって、とくに快適路線に振れば振るほどその傾向は増加することに。

L1110787

ただ、ウルスの場合はこれだけの運動性能を持ちながらも快適性を微塵も失っておらず、そこはまさに「ウルスおそるべし」。
これだけ快適に、これだけ安全に、これだけ楽しく、これだけ速く走れるクルマは(スポーツカー含めても)そうそうないだろう、と思います。

L1110810

なお、こちらの動画はサーキット走行の最後に、高木虎之介氏が参加者を乗せて全開で走行するもの。
さすがに元F1ドライバーの運転はアグレッシブで、ほかのドライブでは気分が悪くなってしまった人も出たようですね。

サーキット走行にあたってはフェイスマスクを被ってヘルメットを装着する必要があるという「厳重体制」でしたが、「そりゃヘルメット要るわ・・・」という感じ。※自分がウルスを走行させた動画は(GoProを装着する場所がなく)撮影できず

他の画像はFacebookのアルバム「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」に保存しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >ランボルギーニ・ウルス関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.