>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリF8トリブート・スパイダー発表。「過去と未来の橋渡し」となり、おそらくはV8ミドシップ最後の「純粋なガソリンエンジン搭載モデル」に?

投稿日:2019/09/09 更新日:

| フェラーリF8トリブートは、あらゆる面で488スパイダーから進化している |

フェラーリが、先日よりウワサされていた「F8トリブート・スパイダー」を正式発表。
F8トリブート(クーペ)をリトラクタブル・ハードトップにてオープン化したモデルで、幾多もの受賞歴を誇る「フェラーリ史上もっとも成功したV8エンジン」を搭載しています。

フェラーリは今後、V12モデル以外を(その程度の差はあれど)ハイブリッド化してゆく意向を示しており、となるとこのF8トリブート・スパイダーは「純粋なガソリンエンジンを持つV8ミドシップ」最後のクルマになるのかもしれません。

フェラーリF8トリブートは「フェラーリのV8ミドシップの歴史へのオマージュ」

フェラーリによると、F8トリブート・スパイダーは1977年に「308GTS」からはじまった、フェラーリのオープントップV8に連なる系譜を持ち、もちろん488スパイダーの後継モデル。

なお、F8トリブートそのものが488とはさほど大きく変わっておらず、時期的なものを考えると本来は「フルモデルチェンジ」されるべきクルマであったはずですが、「フェイスリフト」に近い範囲に留まっています。

2020-ferrari-f8-spider (4)

その理由としては、近いうちにV8ミドシップモデルにもハイブリッドが登場すること(SF90ストラダーレほど高価ではなく、F8トリブートの”置き換え”となる価格帯だと思われる)があるようですが、そのためにF8トリブートシリーズも短命に終わると見られ、実際にF8トリブート(クーペ)はすでに受注を停止している模様。

そして今回のF8トリブート・スパイダーも同様に生産期間は短いと考えられ、F8トリブート・クーペを注文できなかった人たちがこちらへ流れ、すぐにその受注枠が埋まってしまうのかもしれません。

そして「短命」「V8ミドシップ最後のガソリンエンジン」という付加価値がF8トリブートの市場価格を押し上げることになりそうですね。

2020-ferrari-f8-spider (5)

フェラーリF8トリブートに積まれるのは「フェラーリのV8史上、最も成功したエンジン」

F8トリブートシリーズは、「488ピスタ」同様の3.9リッターV8、720馬力のエンジンを持ちますが、その乗り味は「快適」な方向へと寄せられており、フェラーリいわく「488ピスタがスパルタンすぎると感じる人に向けたクルマ」。
しかしもちろんそのハンドリングは他メーカーのオープンスポーツに劣るものではなく、「オープンスポーツの新たなベンチマーク」をなるのは間違いなさそう。

2020-ferrari-f8-spider (1)

搭載されるV8エンジンは2016-2019年にかけて「ベストエンジン・オブ・ザ・イヤー」に選出され、「この20年においてもっとも優れる」エンジンとしても評価されています。
一般にターボエンジンはレスポンスに劣り、大排気量NAエンジンに対して魅力に欠けると言われるものの、フェラーリのこのV8ツインターボエンジンは、ギア比によって過給圧を変えるなどの手法を採用し、「ターボラグゼロ」を謳っています。

なお、このエンジンの最大トルク発生は3,250回転で(レブリミットは8,000回転)、つまり「かなり低い」ところで大きなトルクを発生することになり、つまりは「扱いやすい」エンジン。
馬力の向上については488チャレンジ(レーシングカー)からフィードバックを受けたインテークラインを用いており、これによって吸気抵抗が大きく低減した、とのこと。

加えてエンジン単体の重量は18kg削減されているといい、チタンコンロッド/クランクシャフトの採用や軽量フライホイールの採用が大きく寄与しているそうですが、もちろんこれらは完成重量も17%軽減することになり、レスポンスの向上ももたらすことに。※インテーク・マニフォールドは9.1キロ軽量化

2020-ferrari-f8-spider (6)

そしてフェラーリF8トリブート・スパイダーは「あらゆる角度にて」488スパイダーから進化したことが特徴で、出力が50馬力アップしただけではなく重量も20kg軽くなり、エアロダイナミクスも向上した上にビークルコントロール(サイドスリップアングル・コントロール)もバージョン6.1へ。
そしてこのバージョン6.1のビークルコントロールについてはF8トリブート(クーペ)同様に「ドリフト許容」の設定となっているものと思われ、これも今までのフェラーリとは大きく異る部分です。

フェラーリF8トリブートのデザインは「新しい時代へ」

F8トリブート・スパイダーのデザインは「新しいデザイン言語への橋渡し」。
この表現からもF8トリブートが過渡期における重要なモデルであることがわかります。

そして「トリブート」の名の通り、これまでのフェラーリV8モデルへのオマージュ(リアのツインライトなど)を各所に散りばめる一方、フロントの「Sダクト」のように最新の、そしてフォーミュラ1由来の技術を取り入れるなど、まさに過去から未来へと行くクルマ。

2020-ferrari-f8-spider (2)

F8トリブート・スパイダーの全長は4,611ミリ、全幅1,979ミリ、全高1,206ミリ。
車体重量は1,400キロ、前儀重量配分は41.5:58.5で、つまりリアのほうがけっこう重い、ということになりますね。

なお、リトラクタブルハードトップが採用されているには「快適性」がもっとも大きな理由だとされ、開閉にかかる時間は14秒(45km/hまで開閉操作が可能)。

2020-ferrari-f8-spider (3)

フェラーリF8トリブートのインテリアは

フェラーリF8トリブート・スパイダーのコクピットは「クラシック」で、これまでのフェラーリV8モデル同様にドライバーオリエンテッドなデザインを持っており、F1マシン同様に「ステアリングホイール上にほとんどの操作系を集中」させています。

このデザインは458イタリアから続くものですが、SF90ストラダーレのインテリアを見る限り、この系統のデザインもF8トリブート・スパイダーにて「見納め」なのだと思われます。

2020-ferrari-f8-spider (7)

フェラーリは「顧客満足度向上」を主な目的に、基本的なメンテナンスの7年間無料化を導入していて、もちろんこのF8トリブート・スパイダーもその対象。
維持費が大幅に安くなるとともに、誰もがメンテナンスを受けやすくなり、中古車両のコンディション、価値も同時に向上することになりそうですね。

現時点ではF8トリブート・スパイダーの価格や納車時期については言及されていないものの、追ってアナウンスがあるものと思われます。

2020-ferrari-f8-spider (8)

VIA:Ferrari

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.