■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

年齢と、それに「見合った」車について考える。歳をとると服と同じで「どんな車でもOK」とはゆかない

投稿日:2016/07/21 更新日:

歳をとると、車の選択は若い頃のように「なんでもOK」とはゆかない

IMG_9085

そろそろ年を考えて車を選ばねばなるまい、と考えることがあるのですね。
まさか自分でもこんな年になるとは夢にも思わなかったのですが、そんなことはお構いなしに明日がまたやってきて、その繰り返してぼくらは年齢は重ねてゆくわけです。

歳を重ねても乗れるコンパクトカーは少ない

そんなわけで、年齢相応というか、違和感のない車に乗っている必要があるのでは、と考えながら最近は車選びと改造をするわけですね。
ぼくの生活は車とセットになっていることが多いので、セルフプロデュース、ということも兼ねています。

blog rolex daytona

たとえば、ぼくがすごく弄ったコンパクトカーに乗っていたとして、しかし出会った人が、ぼくが他に車を持っていることを知らない場合。
ぼくと車を見た人は、「この人はいい年をして、やたら車にばかりお金をかけている」「コンパクトカーにお金をかけるのであれば、もっと大きな車に乗れば良 いのに。ほかに趣味がないのかしら」と感じるかもしれないのですね。
※コンパクトカーがどうこう、と言っているわけではなく、ぼくとセットになったときの印象をメタファーとして持ち出しているだけです。
ときにはある種の憐憫を交えた感情を抱かれるかもしれませんね。 たとえ、その車が好きで、ボロボロであってもなんとか直して使い続けているとしても、見る人にそれ(ものに対する愛情)は伝わらないわけです。

それは、ぼくの持ち物や服の一部が、かなりの年季を経て劣化しているのにぼくがそれらを手放さない、ということに対しても同じかもしれません。
そんなわけで、自分の思考と年齢相応、といったところに乖離を感じており、ときどきモノの選択に困る場合があるのですね。

「オレはオレ」とあるロックンローラーみたいにフランス料理を食べていてもコーラを飲み、かしこまった結婚式でもジーンズを履いて出席しても、誰も咎めないほどの強烈なオーラがあれば良いのですが、一般的な社会で生きるぼくとしては、なかなかそうも行かないのが現状です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.