>ランボルギーニ(Lamborghini)

1/64ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター(F-TOYS製)入手。樹脂製でディティール良好

投稿日:2018/03/16 更新日:

| おなじ1/64でもエフトイズ製品は樹脂製 |

F-TOYS(エフトイズ・コンフェクト)の発売しているランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター(1/64)のミニカーを入手。
1/64というとサークルKサンクス京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズが有名ですが、そちらから発売されているのは「アヴェンタドール(クーペ)」のみ。
よって、1/64サイズのアヴェンタドール”ロードスター”となるとこのF-TOYS製しかない、ということに。

京商に比較すると質感は高い

なお、京商の1/64アヴェンタドール・クーペの出来はイマイチ。
同じ京商と言えどもその出来にはかなり差があり、ディアブロやアヴェンタドールはもう一つではあるものの、ヴェネーノやムルシエラゴの出来は秀逸。
アヴェンタドールの場合、具体的にはモールドが甘い、タイヤの質感がイマイチといったところですが、これらの要素によって雰囲気が「玩具」っぽい感じに。

aventador

F-TOYSのアヴェンタドールは京商の「ダイキャスト」に対して「樹脂製」。
一般には樹脂製のほうがエッジやラインを鋭く整形でき(そのため最近はオートアートも樹脂と金属とのハイブリッドモデルを発売)、京商製よりかなり出来が良いように思います。
なおパッケージは京商と同じような感じで、内側のブリスターも同様の雰囲気。

異なるのは台座のサイズ(エフトイズのほうが一回り大きい。そのため京商専用ディスプレイケースに収まらない)、そしてエフトイズの方はドアミラーが「組み立て式」ということ。
なお、ドアミラーは紛失しても良いように「予備」が左右一個づつ付属。
実際のところちゃんと差し込んでもミラーが抜け落ちることがあり、ここは接着剤を使用して組み立てた方が良さそうです。

aventador3

なお、エフトイズのアヴェンタドール・ロードスターでは全ラインアップだと「レッド」「オレンジ」「ブルー」「メタリックブルー」がありますが、今回入手したのは「ブルー」。

DSC05972

インテリアもしっかり再現されており(シートはツートン)、ヘッドライトやテールランプはクリアパーツでできています。

あわせて読みたい1/64ミニカー関連投稿

京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「ランボルギーニ・カウンタックLP500R」
京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズ「ランボルギーニ・ミウラ・コンセプト」
京商ランボルギーニ ミニカーシリーズ、「ランボルギーニ ハラマ(1970ー1976)」
京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズ「ランボルギーニ・レヴェントン」
京商ランボルギーニ・ミニカーシリーズ「ランボルギーニ・セスト・エレメント」
ランボルギーニのモデルカー〜京商1/64 ヴェネーノ・クーペ / ヴェネーノ・ロードスター
京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「ガヤルドLP550-2バレンチノ・バルボーニ/LP570-4スーパーレッジェーラ」
京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「ムルシエラゴR-GT/ウラカン・スーパートロフェオ」
サークルKサンクス京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション~ディアブロSV / GTR / JLOC
京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション「アステリオンLPI910-4 / ウラッコ・ラリー」
京商ランボルギーニ・ミニカーコレクション/ガヤルドLP570スーパーレッジェーラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f