>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ959をレストア&800馬力にまでチューンするショップ登場。0-100キロ加速は2秒前半

更新日:

| ポルシェ959を450馬力から800馬力へとカスタム |

レーシングチームとしても知られるカネパ(Canepa)がポルシェ959のチューニングプログラム「959SC」を発表。
ポルシェ959は1986年に発売された、当時の基準からすると「ハイパーカー」と言ってもいいクルマ。
エンジンは2.85リッター・フラット6(ツインターボ)で出力は450馬力、トランスミッションは6MT。
0-100キロ加速は発売時期を考えると驚異的な3.7、最高速度は314キロとなっています。

なお同時期に発売されたフェラーリF40はV8ツイン(ドッカン)ターボで478馬力、最高速度は時速324キロとなっており、0-100キロ加速は4.5秒(4.1秒説も)。
つまり加速だとポルシェ959、最高速だとフェラーリF40、という感じですね(ただしポルシェ959はテストで時速336キロを記録)。

カネパは959をアメリカへ導入した際のインポーター

ちなみに「カネパ」は959現役時代のインポーターで、当時アメリカへとポルシェ959を輸入したという実績を保有。
他にもポルシェのレーシングカーを扱っていて、その経験を活かして今回のレストアやカスタムに結びついているようですね。

そして今回カネパが自信をもって提案するのは第3世代となるカネパのチューニングパッケージとなり、ノーマルの450馬力を大きく超えて800馬力へとパワーアップ。
現在ポルシェのロードカーでもっとも出力が高いのは911GT2RSですが、それでも「700馬力」(918スパイダーはハイブリッド化によって887馬力)。
以前にカネパは768馬力、0-100キロ加速2.4秒にまでチューンしたポルシェ959を披露していますが、当然今回の959はそれ以上のパフォーマンスを誇るのは間違いなさそう。

porsche-959-1

この959についてはオリジナルのエキゾーストマニホールド+エキゾーストシステム、ターボ、ECU、燃料システム、イグニッションシステムなどが装着され、「完全に生まれ変わった」という印象があります。

なおレストアは「全バラシ」レベルで行われ、内外装のカラーも自由に選択可能。
もともと959のボディカラーは「レッド、ホワイト、シルバー」の三色しか用意されていなかったそうですが、カネパでは「何色にでも」ペイントする、とのこと。

レストア段階では各パーツの防錆加工も施され、サスペンションキットもアップグレードされる模様。
内装に至ってはレザーを全て張り替えるようで、ポルシェ・クラシックによる、「当時の内装にマッチした」レトロな(しかし中身は最新の)オーディオとカーナビゲーションシステムもセット。

ホイールはオリジナルと同じデザインですが、カネパが新たに製造したものだとアナウンスされています。

porsche-959-3

レストアにかかる時間はボディだけで約500時間、内装に300時間。
その他にドライブトレーンやサスペンションにも時間を費やすことになりますが、トータルだと「とんでもない」コストになりそう。
ただ、ポルシェ959自体が維持にそうとうな費用を要するクルマであり、そしてその歴史的価値を考えると、このカネパによるレストア+カスタムはオーナーにとって「払える額」、かつ「かける価値のある」お金だとも言えそうです。

あわせて読みたい、ポルシェ959関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5