>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ愛がないとここまでできない!全身にポルシェの歴史を反映させた”ハイカスタム”カレラGTが公開に

投稿日:

奇抜に見えるけどそうじゃない。その理由を説明しよう

以前にもチラリと紹介した、オークグリーンメタリックのボディカラーを持つポルシェ・カレラGT。

これはポルシェ自身がレストアを行った車両で、アメリカ在住のコレクターである依頼主の好みを存分に反映させた仕様となっていますが、ポルシェはこのオーナーの要求を拒否せず、本来カレラGTに用意されていない内外装へとレストア(レストモッドというべきか)したということになりますね。

これでもポルシェ公式カスタム!レストアついでに”本来設定のない”グリーン×ゴールドにカスタムされたカレラGTが公開

この仕様はポルシェを知り尽くした人でないとオーダーできない

ポルシェによれば、レストアには述べ350時間を要したとのことで、カスタムにはこれまでに行ったことのない手法も採用に。

なお、ボディカラーのオークグリーンメタリックは「ポルシェにとってゆかりのある」ボディカラーで、というのも 930、964、993世代のポルシェ911 に用意されていたため。

そして、ポルシェ愛の強いオーナーさんがマクラーレン・セナのボディカラーにこのオークグリーンメタリックを選んだ例もありますね。

【動画】マクラーレン・セナのオーナーが紹介する「カスタム内容と、所有者にしかわからない部分」。けっこう意外なところも

そしてポルシェ911の設計を行った、フェリー・ポルシェの愛車も(おそらく)オークグリーンメタリック。

ポルシェ創業者の息子がスポーティーなルックスにカスタムし乗っていた911がポルシェ自身によって公開に

こんな感じで「一見奇抜に見える」このグリーンも、ポルシェにとっては由緒正しいボディカラーということになり、よってポルシェはこのカスタムを断らなかったのでしょうね。

なお、かなり多くのカラーを使用していることになりますが、逆にブレーキキャリパーは「ブラック」採用とシンプルに抑えており、かなり細部まで考え抜いた仕様であることもわかります。※標準だとブレーキキャリパーはイエロー

画像に含まれている可能性があるもの:車

そして「Carrera GT」エンブレムやホイールのディスク部分などは「ゴールド」。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

このゴールドも突飛に見えるものの、ポルシェ911「100万台記念車」も”グリーンにゴールドのエンブレム(ただしこのグリーンはアイリッシュグリーン)”。

ポルシェ911が累計生産100万台を達成。100万台目はカレラS、アイリッシュグリーン

ホイールはディスク部分がゴールド、リム外周はポリッシュ。
なお、カレラGTのホイールは「マグネシウム製」ですが、マグネシウムはポリッシュをかけると著しく素材にダメージを与えてしまうため、ポルシェは様々な方法をテストし、解決方法として編み出したのが「(貴金属の)シルバーをコートして磨く」。

これによってアルミをポリッシュ加工したような光沢を出していますが、酸化を防ぐためにクリアコートを行うというこだわりよう。

写真の説明はありません。

つまり、オーダーした顧客はどうしてもこの光沢を実現したかったのだということになり、しかしそれにポルシェもきっちり応えており、ということは「この顧客は超VIP」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

そしてテールパイプやディフューザー周りのカーボンパーツもすっかりきれいになっていて、テールパイプの内側は「ブロンズ」っぽくも見えますね。
さすがにこれは「ステンレスの焼けた色」だと思われ、ここまでこだわって着色したわけではないと思いますが、もしオーナーさんの指示でブロンズにペイントしていたとしたら”まさに脱帽”であります。

カスタムカレラGTのインテリアはこうなっている

そして外装以上に驚愕なのがこのカレラGTのインテリア。
シートのフレーム(カバー)はボディカラー同様のオークグリーンメタリック。

写真の説明はありません。

そしてシートのメイン部分はパープルのようなレザーですが、これも「え?」という印象を受けるものの、実はこれも「ポルシェのヘリテージ」。

ちょうど90年代あたり、911が「964」世代だった頃にこういったカラーの内装をポルシェが採用していたことがあり、これについても「オーナーさんがポルシェを知り尽くしているがゆえ」。※下の画像は「クレイジーカラー」仕様ですが、このパープルのようなレッド(ルビーストン?)をシート全面に採用したインテリアもあった

クレイジーカラー内装、超希少な964世代の911ターボSが競売に。予想ではなんと8000万超え

そしてシート中央のチェック「ペピータ」も当然ポルシェのヘリテージ。
つまり内外装は「ポルシェのヘリテージがぎっしり詰まった」ポルシェ愛のかたまりのようなクルマがこのカレラGTということですが、さすがにこの内容をオーダーされるとポルシェとしても「ノーとは言えない」ということがわかりますね。

porsche8

【動画】ポルシェが過去に手がけた「もっともオシャレなシート」5選。なんと911ターボ生産第一号はポルシェ博士の娘専用車(特別仕様)だった

ステアリングホイールのセンターにはグリーン、そしてゴールド。
スムースレザー(ツルンとしたヤツ)ではなくこの”シボ”があるレザーを選択したというのも当然オーナーさんのこだわりなのだと思います(このシボレザーを選んだ理由はわからない)。

写真の説明はありません。

そしてエアコン吹出口のルーバーにもレザー張り。
これはポルシェを新車オーダーする際に特別オプション「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」で選択できますが、さすがにこのパープルのようなレッドを選ぶのは無理。

写真の説明はありません。

以上、奇抜なように見えて実は「ポルシェの歴史そのもの」が詰まったカレラGTでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5