■そのほか車関連のネタなど

競売史上最大のミス。歴史上最も価値あるポルシェ”タイプ64”オークションにて、「1700万ドル」を「7000万ドル」と誤って表示し未落札に終わる

投稿日:2019/08/20 更新日:

| 当オークションでは、このポルシェ・タイプ64は最大の目玉だった |

「世界で唯一生き残っている、フェルディナント・ポルシェが個人的に所有していたクルマ」、ポルシェ・タイプ64。

先日開催されたRMサザビーズ主催のオークションにて「20億円オーバー」で落札されると見られていたものの、RMサザビーズのミスで「未落札に終わる」という思わぬ結果を招くことに。

これは近年の競売史上、最大の失敗とも言われていますが、その内容はごく単純なミスでした。

開始価格は1300万ドルのはずだった

ことの流れはこう。
まずはこちらがオークション会場。
ぼくが想像していたのとはちょっと違う、カジュアルな雰囲気です(もっとこう、紳士淑女が集まるフォーマルな場だと思ってた)。

d8

このポルシェ・タイプ64がオークションに登場し、その際に掲げられた開始価格は「3000万ドル」。
ただしオークション開催前には「開始価格は1300万ドル」だと公示されており、多くの人が「え?」となった模様。
しかしすぐに価格は3100万ドル(33億3000万円)に。

d7

さらに上がって4000万ドル(43億円)!

d5

また上がって5050万ドル(54億3000万円)!

d4

またたく間に6050万ドル(65億円)!

3

この価格は自動車におけるオークション史上最高額をゆうに超えており、会場の人々は歴史的瞬間を収めようとこぞってスマートフォンで撮影開始。

しかし、その後すぐに表示は「1700万ドル」に変更され、RMサザビーズから「価格表示を間違えていた」とのお詫びが流れることに。

つまり、最初の段階の1300万ドル=”サーティーン”ミリオンを、3000万ドル=”サーティ”ミリオンだと間違えてしまったところから始まっていますが、それでも入札が続いたのは恐ろしいところ。

もしかすると、会場ではなく「正常な表示が行われた(かもしれない)」ネット経由にて1300万ドルをベースに入札が行われていたのかもしれませんが、「3000万ドルを開始価格だと認識して」入札バトルが行われた可能性も。

d2

そのあたり詳細は現在不明ではあるものの、最終的には7000万ドル(74億6000万円)にまで値が上がったといい、この額を指した人は本当に「7000万ドル」を指したのか、それとも「1700万ドル」だったのかも不明です。

ただ、RMサザビーズからは「最高入札額は1700万ドルだった」と発表されているので、発表を信じるに7000万ドルで指したということはなさそうですね。

d

そしてオークションは中止され、このポルシェ・タイプ64は「落札されず」に終わっていますが、今後どうなるのかについては情報がありません。

ただ、人々の「なんだ、間違いか・・・」というガッカリした表情が印象的です。

VIA:Nick George

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5