■その車関連のネタなど

ドイツにて、最大1,700台のクルマを「引っ掻いて傷をつけて回った」男が逮捕される。被害総額はなんと2.8億円

投稿日:2020/01/12 更新日:

| 自分の不満を「モノ言わぬクルマ」にぶつける行為はどう考えても正当化できない |

ドイツにて、2018年2月から4月にかけて642台ものクルマ(別の媒体では1,700台とも)のボディに傷を入れて回った26歳の男がついに起訴された、との報道。
この男は鋭利な物体を用いて停車中のクルマに引っかき傷を次々と作っていたと報じられ、その被害総額は642台の場合だと約1億1000万円、1,700台の場合は2億8000万円にものぼると見積もられています。

最終的には通報によって逮捕

なお、検察によるとこの男の活動範囲は限定されており、「Schweinfurt」「Veitshöchheim」「Würzburg」といった街に絞られていた、とのこと。
そして該当の期間(2018年2月〜4月)に被害届出が頻出したことから警察は調査を開始し、数々の聞き込みによってその被害の範囲や時間帯を特定し、さらには「早朝に若い男が次々とクルマを傷つけている」という通報を受けて逮捕に至ったそうですが、「傷」をつけるのに使用していたのは「ねじ」だと報道されています。

逮捕から起訴までは時間がかかっているものの、その間は様々な「証拠固め」を行っていたのだと考えられ、しかし今後の成り行きについては注視したいところでもありますね。

もちろん被害者はこの男を相手取って損害賠償請求を行うことも可能ですが、おそらくこの男には賠償能力が不足していると思われ、被害者は悲しいことに泣き寝入りするしかないのかもしれません。

なぜこういった「いたずら」が起きるのか

そして今回の事件について動機は明かされていないものの、やはり何らかの不満を持っていた可能性が大。
2ヶ月で最小642台、最大1700台となると、一日あたり10台〜28台くらいを傷つけていたことになり、これだけやろうと思うと無差別にターゲットを選別するしかないとも思われ、かつ「継続」してこれを行ってきたということは相当に強い不満を持ち続けていたと考えられそう(普通の人だったら、何度かやった後に気が晴れるか、自己嫌悪に陥ったり危険を感じて手を出さなくなりそう)。

その不満とは「妬み」「僻み」といったところが考えられ、「自分はこんなに恵まれていないのに、なぜお前らはクルマに乗ってるんだ」というところから「傷をつけて出費を余儀なくさせる」という歪んだ思考に至るのかもしれません。

ランボルギーニに執拗に傷をつけるいたずら発生。なぜ人は自分より恵まれた人を妬むのか?

今後は「アイシング」が問題化する可能性も

なお、現在欧米で問題となっているのは「アイシング」。
これは今回のような「傷をつける」というものではありませんが、電気自動車用充電器の前をガソリン車でブロックして充電できなくするというもの。
ただ、相手を困らせようと考えての行動というところでは「傷をつけてまわるのと根が同じ」で、これがエスカレートして「電気自動車を狙ったり」「充電器を破壊したり」という行為に拡大する可能性がないとも言えません。

【動画】EVオーナーが嫌がらせに抗議してガソリンスタンドを占拠するという案件が発生!EVとガソリン車との仁義なき戦いが勃発する

実際のところテスラはその標的になっていて、走行中/停車中にかかわらず攻撃されることも欧米ではしばしば(日本ではそういった話は聞かない)。

【動画】なぜ人々はテスラを憎悪するのか?現実世界ではテスラを傷つける人多数、ネット上ではヘイト投稿の対象に。テスラ女子が問題を提起する

なお、テスラのクルマには「停車中でもクルマの周りを監視する」セントリーモードが内蔵されていますが、これを活用して記録されたのが下の動画。
ふたりの若者がテスラ用充電器(スーパーチャージャー)のソケットを破壊しようとする様子が記録されていますが、今後充電器が街なかに無防備な状態で設置されてゆくと、格好の「憂さ晴らし」の標的となる可能性もありそうです。

それを防ごうとなると、販売する新車のすべてに360度記録できるカメラ装着を義務付け、それを世間に周知して「常に監視されている」ことを意識させたり、記録した映像をいつでも警察が利用できる環境を作っておく(コネクティビティはこういったときに役立ててほしい)といったこと、街なかに監視カメラを「死角なく」設置することが必要になるのかもしれず、どんどん「監視社会化」するのかもしれません。

ぼくは特に後ろめたいことをしているわけではないので、こういった監視社会にはネガティブではありませんが、本来人々が「善意だけ」で構成されていれば不要なはずの「監視」が、悪意によって必要となる状況についてはちょっと悲しいものを感じます。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■その車関連のネタなど
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5