>ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

【動画】そんなにいいのかポルシェ718ボクスター・スパイダー!納車が一気に開始されレビューが続々公開

更新日:

| 718ボクスター・スパイダーは、一度は運転してみたいクルマの筆頭だが |

さて、718ケイマンGT4と同時に発表された718ボクスター・スパイダー。

オープントップなので(ケイマンGT4とは異なり)公式に戦えるレースはないものの、先代と違いケイマンGT4と同じ420馬力を発生する4リッター・フラットシックスが搭載され、大きくその戦闘力を増すことに(先代はケイマンGT4に比較し、ややパワーが落とされていた)。

この420馬力エンジンに組み合わせられるトランスミッションは6速マニュアル、駆動輪はもちろん後輪のみで、0-100キロ加速は4.4秒、最高速度は301km/hを誇ります。

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を ...

続きを見る

「スパイダー」とは簡素な幌を備えた、オープンが基本形態のクルマ

おそらく最大のトピックは「軽量化」だと思われるものの、ポルシェは718世代のボクスター・スパイダーについて「どれくらい軽くなった」かを明かしておらず(987世代だと公式に”80kg軽量化”と公表されている)、もしかするとさほど軽くなっていないのかも。

ただ、ポルシェはこの718ボクスター・スパイダーにPASM(車高が3センチダウンする専用品)、特別に調整されたPSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメント)PTV(ポルシェ・トルク・ベクタリング)、機械式デフを与えるなど走りに特化した装備を与えており、とんでもなく楽しい車であるのは間違いなさそう。

ちなみに軽量化の一環としてトップは「手動」。

まずはこうやってリアフードを開いて・・・

44

トップを引っ張り出し・・・・

12

リアフードを閉じて・・・

3

トップ後方を引っ張って固定する必要があります。

porsche-718-boxster-spyder

なお、「スパイダー」とはオープンモデルの一種を指しますが、「基本はオープンで、簡素な幌を持つだけのクルマ」だと一般に定義されており、同じオープンカーといえども「屋根を開けることができる」コンバーチブルとは真逆(コンバーチブルは閉じているのが基本、スパイダーはトップを開け放っているのが基本)の性格を持つクルマということになります。

ポルシェ718ボクスター・スパイダーのレビューが続々登場

そして以下がポルシェ718ボクスター・スパイダーのレビュー動画あれこれ。

メディア、個人ともに続々公開されているようですね。

一度は運転してみたいクルマではあるものの、まず試乗車が配備されないのは確実。

フェラーリやランボルギーニは「ほぼ全モデル」の試乗車が用意されることになりますが、ポルシェの場合だとハイパフォーマンスモデルの試乗車を用意することは極めて稀であり、したがって718ボクスター・スパイダーのようなモデルは「乗らずに買うしかない」のが常となっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ・ボクスター関連, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5