>ポルシェ・ケイマン関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ718ケイマンGTS4.0の速さ恐るべし!992世代の911カレラ、991世代の911GTS、997世代のGT3 RSを超えるタイムを記録

投稿日:2020/07/28 更新日:

| マニュアル・トランスミッションでこのタイムというのがさらに驚き |

さて、ポルシェが突如発表し、周囲を驚かせた718 ケイマン/ボクスターGTS 4.0。

これは「(GT4とスパイダーを除いて)4気筒ターボ化」された718シリーズラインアップに対し、4リッター自然吸気フラットシックスを積んだグレードで、出力400馬力、0-100km/h加速4.5秒、最高速度293km/hというスペックを誇ります。

なお、日本での価格は10,720,000円に設定されており、12,599,074円というプライスタグを掲げ、そして718シリーズきってのハードコアモデルである718ケイマンGT4の「420馬力、4.4秒、304km/h」よりは控えめな数字でもありますね。

ポルシェが突如「718ケイマン/ボクスターGTS」の4リッター自然吸気6気筒版、”GTS4.0”発表。やはり4気筒ターボエンジンは不評だった?

この記事のもくじ1 | 0-100km/h加速はケイマンGT4を凌駕する |1.1 なぜポルシェは「一度捨てた」水平対向6気筒に戻るのか1.2 今後どうなるポルシェのGTS | 0-100km/h加速 ...

続きを見る

やはり最新のポルシェは速かった

そこで今回Sportautoが718ケイマンGTS4.0を借り出してホッケンハイムGPコースでのタイムアタックを行い、記録したのは1:56.9という好タイム。

このタイムがどれくらいなのかということですが、周囲にいるのはBMW M2CS(1:55.80)、ポルシェ911GT3(997/1:56.41)、NMW M850i(1:56.60)、ポルシェ911カレラGTS(991/1:56.90)といった錚々たる顔ぶれ。

2

ちなみに先代(981)ケイマンGT4が1:57.40なので、なんとこれよりも1秒速いタイムを記録したということになりますね。※718世代のケイマンGT4は1:55.00

参考までにランボルギーニ・ウルスは1:57.10というSUVとは思えないタイムで走り、市販車のトップタイムはマクラーレン・セナ(1:40.79)、そしてほかのメジャーどころだとマクラーレン720Sが1:45.50、フェラーリ488ピスタが1:45.90、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJが1:47.30、992世代のポルシェ911ターボが1:47.80、メルセデスAMG GT R Proが1:48.00、ランボルギーニ・ウラカンEVOが1:49.00。

ちなみにホンダNSXは1:55.30という「相当に速い」タイムを記録していて、サーキットでは遅いんじゃないかという予想をいい意味で裏切る形に。

【動画】ランボルギーニ・ウルスがホッケンハイムで911GT3 RS、コルベットZ06を超えるタイムを記録。なぜそんなにウルスは速い?

ランボルギーニ自身も「ウルスはウラカンより速く走れる」と明言 sport autoがランボルギーニ・ウルスをホッケンハイム・サーキットに持ち込んでテストを行い、ラップタイムとして1:57.1を記録。お ...

続きを見る

話をポルシェ718ケイマンGTS4.0に戻すと、981世代のケイマンGTSのタイムは2:01.90という記録が残るので大きくタイムが向上しているということになり(このタイムはなんらかの事情によってやや遅めに出ていると思われる)、上述の通りケイマンGT4についても981世代のケイマンGT4は1:57.40、718世代のケイマンGT4だと1:55.00へと短縮。

さらに911GT3だと、997世代では1:56.41、991世代だと1:53.90と確実に速くなっていて、やはり「最新のポルシェは最良のポルシェ」なのだということもわかりますね。

参照:sport auto, Fastestlaps.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ・ケイマン関連, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5