>ポルシェ(Porsche)

北米ではポルシェがこっそり「スポーツクロノ」を装着した911ほか一定モデルの販売を停止していた!いったいなぜ?

投稿日:2021/02/11 更新日:

ポルシェ(スポーツクロノ)

| ポルシェはディーゼル不正事件がトラウマになっているようだ |

さて、ポルシェが一部モデルにおいて「北米市場にて、昨年末に販売を停止し、現在もまだ販売再開されていない」との報道。

具体的には911、ボクスター/ケイマン、カイエン、パナメーラのスポーツクロノパッケージ装着車だとされ、しかし該当する年式は2021年〜2016年だと報道されているので、新車ではなく中古車ということになりそうです。

いったいなぜ?

この「販売停止」について、Business Insiderによると、”ドライブモードをスポーツプラスに入れると、排出CO2が規定値を超えてしまう”ため。

ポルシェによれば「ノーマル」「スポーツ」では問題がなく、問題となるのは「スポーツプラス」モードのみだそうですが、現在もまだ調査が進行している途中であり、対象モデルについて全バリエーションでのテストを行っている模様。

ポルシェは排ガス問題に対しては神経質に

なお、こういった話を聞いて思い出すのが「ディーゼル不正事件」。

すでに日本ではほとんどの人が忘れていると思いますが、未だ欧米ではディーゼル不正事件が尾を引いており、これに関与した人々が多数逮捕されているほか、自動車メーカーは多額の罰金を支払う羽目に。

no image
ポルシェがまたディーゼル不正関与を指摘される。ステアリングに不正デバイスを内蔵か

フォルクスワーゲンのディーゼル不正事件に関連し、その発覚直後にポルシェにも不正嫌疑がかかり、しかし一旦は落ち着いたように思えたその疑惑。 今回新たにドイツの運輸省にあたる機関がポルシェのディーゼルモデ ...

続きを見る

特に北米では「消費者を裏切る」行為を行った企業に対して高額な制裁金を課すことも多く、ポルシェはこういった制裁金を恐れているのだと思われ、そして何よりブランド価値の失墜を懸念しているのかもしれません。

実際のところ、ポルシェ、そしてその親会社であるフォルクスワーゲンは一時期を境に経営陣を一新しており、フォルクスワーゲンに至ってはスローガンを変更し、(日本ではとっくに事件が忘れ去られていた)2019年にも「もうディーゼル不正事件を忘れて・・・」という動画を公開したほど。

VWが重大発表を行うと宣言→「WVバスの復活」を改めてアピールし、「ディーゼル不正事件を忘れてほしい」と促す動画を公開

| 日本にいるとそこまでディーゼル不正事件の影響は感じないが | フォルクスワーゲンが「ワーゲンバス(タイプ2)」の再来となるエレクトリックビークル「ID.Buzz」を用いたキャンペーンを開始し、まず ...

続きを見る

つまり欧米では「まだ終わっていない」のがディーゼル不正事件であり、たとえディーゼルでなくとも排ガスが規制値を超えるというのは絶対に避けねばならない事態なのだと思われます。

合わせて読みたい、関連投稿

功績が評価され年俸14億と報じられたVWグループCEOが任期途中で電撃交代!まだまだディーゼル不正事件の余波は続く?

| 異例づくめの上層部入れ替え | フォルクスワーゲン・アウディグループのCEOを努めてきたマティアス・ミュラー氏がなんと退任。 代わりにその座に就くのはフォルクスワーゲンブランドのCEO、ハーバート ...

続きを見る

VW前重役がディーゼル不正事件で有罪判決を受け7年の実刑に。米市場における責任追及の厳しさは異常

VWの前重役がディーゼルゲートがらみで7年の収監に フォルクスワーゲン前重役、オリバー・シュミット氏がディーゼル不正事件に関し、アメリカの裁判所から7年の実刑と4500万円の罰金を言い渡された、との報 ...

続きを見る

アウディ現CEOが衝撃の逮捕!いつまでたっても終わらないディーゼル不正事件

| アウディCEOが逮捕。業界に激震 | Static photoColour: Vogue Red アウディCEO、ルパート・ステッドラー氏がなんと逮捕。もちろんディーゼル不正事件がらみですが、現役 ...

続きを見る

参照:Business Insider

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5