>ポルシェ(Porsche)

【動画】ついに996世代のポルシェ911GT3RSも高値へ!競売へ登場、2000万円を越えて価格が上昇中

投稿日:2021/05/30 更新日:

ついに996世代のポルシェ911GT3RSも高値へ

| 996世代のポルシェ911は「最初の水冷モデル」ということであまりに過小評価され、相場が低迷しがちだったが |

間違いなく996世代の911GT3RSは「傑作」のひとつ

996.2世代のポルシェ911GT3RSが米自動車売買サイトに登場。

オークション形式にて販売されていますが、8日を残して2000万円近くにまで価格が上がっており、終了時にはかなりの高額落札を記録するのかもしれません。

この個体については、もともと2004年にオランダのオーナーへと販売されたもので、その後ドイツのオーナーへ、そして現在はアメリカ在住のオーナーの手元にあるようですね。

021-05-27 9.26.15

走行29,000キロなるも程度は良好

このポルシェ911GT3RSについて、走行29,000キロを越えているものの内外装とも良好なコンディションを保っており、ロールケージ、エアコン、カーステレオ(快適装備はオプション扱いだった)等が装着され、シュロス製ハーネス、レカロ製シートベルトなどが装着済み。

021-05-27 9.26.07

ちょっと興味深いのは、なんと当時はこの996.2型911GT3RSについてアメリカでは新車販売がなされておらず、よって現在北米でこのクルマを合法に走らせるのは非常に難しいということ。

Porsche-911-GT3-RS-4

そのため現在のオーナーは「ショー、もしくは展示用」という特例措置を受けてこのクルマをアメリカ国内へと輸入しており、年間走行距離は2,500マイルまでに抑える必要がある、とのこと。

Porsche-911-GT3-RS-15

参考までに、マクラーレン・スピードテールに装着される(ドアミラーの代わりの)サイドカメラはアメリカ市場では違法であり、そのためスピードテールをアメリカで走らせるには、やはり「特別措置」に基づいて輸入する必要があるとも報じられています。

マクラーレン・スピードテールはアメリカでは「違法」で登録できず!その2つの理由とは?

| マクラーレン・スピードテールはアメリカでは”違法” | マクラーレンは先日「マクラーレン史上最速」のハイパーGT、スピードテールを発表したばかり。 ただしこのスピードテールはアメリカでは登録できな ...

続きを見る

Porsche-911-GT3-RS-14

よって、この911GT3を落札したとしても、大手を振って走らせることはかなわず、「25年ルール」が適用されるまで保管するしかなさそうですが、それ以降大きく価格が上がるのは間違いなく、まずは「先行投資」ということなのかもしれません。

996世代のポルシェ911はあまりに過小評価されており相場が低迷しており、今のうちに仕込んでおくのは賢い選択だと言えそうです。

Porsche-911-GT3-RS-13

996.2世代の911GT3RSはこんなクルマ

そこでこの996.2世代の911GT3RSについてですが、水冷世代へと移行した後「はじめての」GT3RS。

加えて964や993世代には設定されなかった「コントラストカラー」も大きな話題を呼んでいます。

Porsche-911-GT3-RS-9

ボディカラーはホワイトのみで、ホイールやエンブレム、サイドのストライプは「ブルー」もしくは「レッド」に限定され(オプション扱い)、もちろんサイドのストライプは「ナナサンカレラ」をイメージしたもの。

出力は381馬力、0-100キロ加速は4.4秒、車体重量は1360キロ(GT3より20キロ軽い)。

Porsche-911-GT3-RS-6

今回出品されるポルシェ911GT3RSを紹介する動画はこちら

参照:Bring A Trailer

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5