■映画や音楽、本、ゲームについて

【動画】ゴジラやジュラシックパークで「動くモンスター」を手掛けるロボット工学専門家の作ったバットモービル「タンブラー」!作りかけの姿でテスト走行に

投稿日:2021/09/10 更新日:

バットモービル

| ある意味では劇中の「ブラック」よりもインパクトがある |

エンジンは5.9リッターV8、サウンドも凶暴そのもの

さて、映画史上もっとも有名なクルマといっていいのが「バットモービル」。

これまでにもTVシリーズを含めると様々なデザインが存在し、それぞれのバットモービルにはそれぞれのファンが存在します。

そして多くのレプリカが制作されるのもまたバットモービルの特徴ですが、今回は「ダークナイト」に登場したバットモービル”タンブラー”のレプリカを紹介したいと思います。

なお、このタンブラー(レプリカ)はまだ製作途中であり、そこがまたモノモノしさを感じさせますね。

【動画】これでも合法!対潜水艦ヘリのジェットエンジンを積んだバットモービル。「ただし燃料がすぐ無くなるけどな。アイドリングは2万回転だ」

この記事のもくじ| 渋滞や駐車はどうするのか不思議 |よくこんなモノを作ったなこんな記事も読まれています | 渋滞や駐車はどうするのか不思議 | つい先日、リブートされる「新バットマン(ロバート・パテ ...

続きを見る

このバットモービルは公道走行が(合法的に)可能らしい

今回バットモービルのレプリカを製作したのはカリフォルニアのマーク・アーヴィンさん。

ベン・アフレックとクリスチャン・ベイルを足して2で割ったようなナイスガイですが、「究極」とかかれたTシャツに目を奪われてしまいます。

13

そしてマーク・アーヴィン氏のガレージを訪れたのはおなじみザ・ストラットマン氏(人気ユーチューバーではあるが、落ち着きのなさをよく指摘されている)。

ガレージでバットモービルを見た特の表情がこれですが、ぼくが同じ場面に遭遇しても同じ顔をすると思います。

18

こちらがそのバットモービル・タンブラー。

12

ボディパネルは金属製で、驚くほど精密に作り込まれている模様。

上述の通りまだまだ製作中であり、荒削りなところも見られるものの、完成すれば、それはそれは素晴らしい出来栄えとなりそうです。

11

そしてテスト走行のためにガレージから出されるバットモービル。

10

搭載されるエンジンは5.9リッターV8で、レーシングカーのようなサウンドを奏でています。

これで「公道走行可能」というのはいろいろな意味で驚きですね。

9

ちなみにこのバットモービルを製作したマーク・アーヴィン氏は、映画「ジュラシックパーク」「ロスト・ワールド」「ゴジラ」等で(撮影用の)恐竜やゴジラのロボットを製作した「ロボット工学の専門家」なのだそう。

なお、制作に取り掛かったのは9年前だそうですが、作業をしばらく中断しており、しかしランボジーザスなる人物がこのプロジェクトを買い上げ、そこで再びレプリカ製作計画が動き出した、とのこと。

71

全幅は2.6メートルだと紹介されているので、実際のタンブラー(3メートル)よりはちょっと幅が狭く、しかしこれくらいの幅でないと公道を走れないのかも。

7

そこでザ・ストラッドマン氏がバットモービルに乗り込みますが、現在キャノピーは調整中であるために「窓から潜り込む」ことになるようですね。

5

なんとか体を滑り込ませ・・・。

4

コクピットにIN。

航空機のスロットルレバーのようなものやフラップ付きのスイッチなど気分が盛り上がるパーツが盛りだくさん。

3

室内はこう。

まだまだ「工事中」という感じですね。

2

ちなみにリアタイヤは42インチサイズ。

6

そこで実際に路上に出てみると、当然ながら注目の的に。

ザ・ストラッドマン氏いわく「驚くほど運転しやすい」とのことですが、現段階ではかなり死角が多そうで、周囲をモニターするカメラなどの装備が必要なのかもしれません。

1

バットモービル「タンブラー」を試乗してみた動画はこちら

合わせて読みたい、バットモービル関連投稿

【動画】ロシアにて「バットマン vs スーパーマン」版バットモービル販売中。5リッター502馬力、価格9200万円ナリ

この記事のもくじ| 非常に良くできているものの、さすがに9200万円はちょっと高い |実際に登録できる国は少なそう過去にはこんなバットモービルもこんな記事も読まれています | 非常に良くできているもの ...

続きを見る

新バットマンの乗るバットモービル公開!アメリカンマッスルなのにミドシップ、コミック中ではデ・トマソ・パンテーラにも乗っていたようだ

この記事のもくじ| コミック中では現実に近いクルマが採用され、映画においては現実離れしたクルマが登場していたようだ |新バットマンは現実世界に近い設定バットモービルといえばタンブラーコミック版だとバッ ...

続きを見る

え?これマスタングがベースなん?全長6メートル、リアルなバットモービル
【動画】え?これマスタングがベースなん?全長6メートル、リアルなバットモービルがサーキットを走る!

この記事のもくじ| なお、このバットモービルに積まれるエンジンはフォードではなくシボレー製 |細部に至るまで実際のバットモービルを再現実際にバットモービルを運転してみたバットモービルのレプリカがサーキ ...

続きを見る

参照:lambojesus, TheStradman

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5