>ポルシェ(Porsche)

12台のうち「数台」のみが生き残ったポルシェ959のプロトタイプ!そのうちの一台が中古市場に登場

投稿日:

12台のうち「数台」のみが生き残ったポルシェ959のプロトタイプ!そのうちの一台が中古市場に登場

| それぞれのプロトタイプは、それぞれの人生を歩んでいる |

このプロトタイプは「酷暑テスト」「電装系のテスト」に使用

さて、ポルシェが959の開発のために制作し、しかし「3-4台のみ」しか残らなかったプロトタイプのうち一台がドイツにて販売中。

これら959のプロトタイプは「Fシリーズ」と命名されており、合計12台が製造されていますが、実際に生産が開始された後にポルシェはその多くを破棄しており(クラッシュテスト等に使用し、復元できない個体も多かったのだと思われる)、残ったのはわずか3-4台。

なお、今回販売されている個体は「7番目」に製造されたもので、ボディカラーは「ルビーレッド」にペイントされています。

porsche959-prototype (2)

製造された目的は「電装系と暑さ対策」

こういったプロトタイプは特定の目的のために制作され、「寒冷地テスト」「エアコンのテスト」「クラッシュテスト」「最高速テスト」「ハンドリングのテスト」などその目的は様々。

ポルシェが「開発時に行われる、もっともタフなテスト」5選を公開。思ったより過激だった

ポルシェが例によって「ベスト5シリーズ」動画を公開。 今回は「ヴァイザッハ(ポルシェの開発センター)で行われる、最もタフなテスト5選」。 まず5番目は「スキッドパッド」ですが、これは水などを撒いて意図 ...

続きを見る

製造後にはその目的に沿ったテストが行われ、場合によっては破壊されることもありますが、今回販売されているのは「酷暑テスト」「電装系のテスト」に用いられた個体だといい、比較的「エクストリームではない」テストに用いられたということになりそうです(中には、壊すことを目的にしたテストも。クルマがかわいそうだが、安全のためには仕方がない)。

porsche959-prototype (4)

見た目は市販モデルと余り変わらないように見え、しかしパワーステアリング、フューエルフィラーキャップ、ライドハイトコントロール、リアシートバック、助手席側ドアミラー、アラーム(東南警報)、ウインドウォッシャーなどが装備されておらず、反面、助手席の下に配線が追加されていたり、後席の横に電子計測器を搭載するためのマウントが設けられているといった(市販車との)相違があるようですね。

porsche959-prototype (7)

そのほかリアウイング、パールホワイト仕上げのマグネシウムホイール、ヘッドライトもこの「プロトタイプ専用」。

porsche959-prototype (5)

車高も「低く」設定されているようですね。

porsche959-prototype (6)

このポルシェ959プロトタイプは、959の生産が開始されたのちの1980年代後半にアメリカに輸入され、ポルシェのインポーター兼ディーラーであるヴァセック・ポラックの本社に展示され、さらにその後、日本でのプロモーション活動のために出荷され、そのまた数年後にはベルギー、さらにイギリスのオーナーへと販売されたという記録が残ります。

porsche959-prototype (3)

このプロトタイプは「ポルシェ70周年オークション(2018年)」へと出品されるまでの15年間は一人のオーナーの手によって大切に保管されていたそうですが、RMサザビーズ主催のオークションによってドイツのオーナーに渡り、今回メカトロニック社から販売がなされることに。

porsche959-prototype (8)

ポルシェ70周年オークションに大物登場。「3台しかない959ラリー」「1台しか残ってない959プロト」

| 1985年スペックのポルシェ959ラリーがはじめて競売に | オークションハウス、RMサザビーズが「ポルシェ70周年オークション」の一環として、1985年にパリ~ダカールラリーを走ったポルシェ95 ...

続きを見る

走行は26520kmなので「まだ少ない方」だとも考えられ、今後の価値上昇を考慮するに、まだ「手に入れられるうちに」入手しておいたほうがいいのかも。

ただ、ポルシェ959は非常にメンテナンス費用が高額だといい、ギリギリの手持ち資金で購入すると、後に維持できなくなってしまうのかもしれませんね(ギリギリの資金で購入する人はいないと思われますが)。

porsche959-prototype (9)

なお、インテリアはなんどか取り替えられており、現在のカラーは「トリプルシルバー」。

porsche959-prototype (10)

リアフードを開くとゴールドにペイントされたパネルが出現するので、もともとはゴールドのエクステリアを持っていたのでしょうね。

porsche959-prototype (11)

意外と「生き残り」のプロトタイプは世に出ている

これまでにも「生き残ったプロトタイプ」がいくつか競売にかけられたり路上を走っていたりする姿が目撃されており、ポルシェだとこれまでにカレラRSや911ターボのプロトタイプがオークションに登場したことも。

世界に一台。993世代のポルシェ911ターボ開発プロトタイプ「唯一の生き残り」が競売に。予想落札価格は5000万円

| フェンダーやフロントリップ、リアウイングが市販モデルとは異なる | RMサザビーズ開催のオークションにて、1994年製「ポルシェ911ターボ(993)・プロトタイプ」が登場予定。この911ターボ・ ...

続きを見る

マクラーレンの場合は、セナなどの高額なハイパーカーをリビルドし、実際に登録して自社のイベントに使用することもあるようですね(ボディサイドにXPの記載を残しており、それによってプロトタイプであったことがわかる)。

かの有名なスピードテールのプロトタイプ「アルバート」もそのうち復活の報を聞くことができるのかもしれません。

マクラーレンがスピードテールのプロトタイプに「アルバート」と名付け、世界中で1年間テストを行うと発表

| マクラーレン・スピードテールのプロトタイプが北米、欧州、アフリカで1年の修業の旅へ | マクラーレンが発表したばかりの「スピードテール」について、これから1年に渡るロングテストの旅に出る、と発表。 ...

続きを見る

参考までに、マクラーレンF1のル・マン24時間レース優勝車である「59号”上野クリニック”」も元はプロトタイプ。

その年のル・マン24時間レース向け用としては既に6台が(市販車をベースに)製作済みで、しかし上野クリニックが「どうしても自身のロゴを冠したマクラーレンF1をル・マン24時間レースで走らせたい」とマクラーレンに話を持ち込み、マクラーレンはプロトタイプのF1を急遽レース仕様にコンバートしたと言われます(完成したのはレースの6週間前で、テスト走行もできなかったという)。

【動画】マクラーレンF1の知られざる秘密7つ!ル・マン優勝車「F1 GTR 上野クリニック(59号車)」、日本人初のル・マン優勝ドライバーはこうして誕生した

| 事実は小説よりも奇なり | マクラーレンF1といえばスーパーカー界のレジェンドでもありますが、今回「マクラーレンF1の知られざる7つの秘密」という動画が公開に。この中ではいくつかの個体にまつわる数 ...

続きを見る

プロトタイプは「製造された目的が極めて明確」ということからも量産車にない人生を歩むことが多く、そこが試作車の魅力なのかもしれません。

合わせて読みたい、ポルシェ959関連投稿

ポルシェ959をレストア&800馬力にまでチューンするショップ登場。0-100キロ加速は2秒前半

| ポルシェ959を450馬力から800馬力へとカスタム | レーシングチームとしても知られるカネパ(Canepa)がポルシェ959のチューニングプログラム「959SC」を発表。 ポルシェ959は19 ...

続きを見る

【競売】クラッシュして自走不可のポルシェ959。なんと5000万円で落札

| クラッシュしたまま、未修理でも5000万円 | 珍しくオークションに「クラッシュして自走できない」ポルシェ959が登場し、約5000万円で落札。 ただ、この状態でも事前予想最高落札価格は6000万 ...

続きを見る

中東には、当時ポルシェ959を「7台以上」注文したシークがいた!そのうちの2台がポルシェミュージアムに展示中

| オイルマネーは羨ましい限り | 1986年に発表されたポルシェ959。当時のポルシェが持つ「技術の粋」を集めたクルマであり、発表当時は「もっともパワフルなポルシェ(450馬力)」そして「世界で最も ...

続きを見る

参照:Mechatronik

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5