アステリオン

ランボルギーニは2019年に前年比+40%の8,200台をすでに販売。当面は年間8,500台を維持し、その後に「新型車追加」で10,000台の販売を目指す

| ランボルギーニが「第四のモデル」を発売するのはもはや既定路線 | ランボルギーニが、2019年にはおよそ8,200台を販売した、と発表(正式な台数は年明けに発表されると思われる)。これは昨年の5, ...

未来派から世紀末まで。ランボルギーニ・カウンタックやミウラの「もしも」系レンダリング9連発

クラシックランボルギーニは「IF系カスタム」の格好の標的 さて、山のように出てくる「もしも」系レンダリングですが、やはり人気なのは「過去のアイコニックなモデル」をオマージュしたもの。それらの中には、過 ...

ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開

| 実際にミウラが蘇る日は来る? | CGデザイナー、Marco van Overbeeke氏の考えた「ランボルギーニ・ミウラ」後継。 オリジナルのミウラにランボルギーニ最新のデザインを盛り込んでおり ...

ランボルギーニCEO「ミウラの後継もありうる。イメージを反映させた4シーターも検討中」

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏がメディアに語ったところによると、「ミウラの後継もありうる」とのこと。 これはAutomotivenewsのインタビューに対して語ったもので、まずはウルス ...

ランボルギーニが「第4のモデル」を計画中との報道。セダンかレトロか4座スポーツか

オーストラリアのメディア「CarAdvice」によると、ランボルギーニは「第四のモデル」を計画している、とのこと。 つまりはウラカン、アヴェンタドール、登場予定のウルスに加わる新しいメンバーということ ...

ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラとミウラ・コンセプトの新旧対決

ランボルギーニ・ミュージアム(ムゼオ・ランボルギーニ/ランボルギーニ博物館)にて、「ミウラ・コンセプト」。 これはワルター・デ・シルヴァ氏がVWアウディグループのデザイン統括責任者に就任したのちの20 ...

【まとめ】ランボルギーニ初のハイブリッド。アステリオンLPI910-4関連情報まとめ

| ランボルギーニ初のハイブリッドカー、それが「アステリオン」 | ついにパリにてアンヴェール。ランボルギーニ・アステリオンLPI910-4コンセプト   ランボルギーニ・アステリオンがついに公開に。 ...

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5