エレクトリック

リマックが上海にショールームを開設

リマックが中国・上海にてショールームを開設!納車に向けて着々と世界中で準備を進めているようだ。なおアメリカの販売拠点は10か所、日本は1か所

| リマックC_Twoは「もっとも発売が待ち望まれるハイパーカー」のうちの1台 | さて、現在市販モデル第二弾「C_Two」のテストを繰り替えし、市販へと向けて動いているリマック。1年あたりの生産台数 ...

ヒュンダイ・コナEV

ヒュンダイが「EVのバッテリーが炎上・爆発する」問題にて10万台のリコールを実施。全車バッテリーを入れ替えることになり、1900億円程度の費用(マツダの利益4年分くらい)がかかるとの報道

| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ | さて、ヒュンダイが販売したEV/PHEV約10万台のバッテリーを入れ替えるというリコールを実施するという報道。内訳と ...

ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表

ヒュンダイがレトロフューチャーなEV、アイオニック5を発表!ヒュンダイじゃなかったら買う気になったのにな・・・。

| もともとは50年近く前にジウジアーロがデザインした「ヒュンダイ・ポニー・クーペ・コンセプト」 | さて、ヒュンダイ(ヒョンデ)が先日より予告していた新型車、IONIQ 5(アイオニック5)を公開。 ...

アウディR8の限定車

アウディCEOが「次期R8のピュアEV化」に興味。ただしR8 e-tronの歴史的大失敗がトラウマとなり、二の足を踏んでいるとも

| 実際にはまだまだ「様子見」が続きそう | さて、アウディが「R8をエレクトリック化して登場させる」とのウワサ。これはオートカーの問いに対し、アウディのマークス・デュースマンCEOが答えたものだそう ...

アルファモーターカンパニーのEV、ジャックス(JAX)

レトロなエレクトリックオフローダー「ジャックス」販売開始!マニアックなルックスと仕様を持ち、約400万円から

| こんなEVならちょっと欲しい | さて、アルファ・モーター・コーポレーションより、なんとも魅力的なEV「ジャックス(JAX)」が登場。このJAXなる名称は「ジュニア・オールテレーン・クロスオーバー ...

ロータス公式!2030年の耐久レースを想定した「E-R9」公開

ロータス公式!2030年の耐久レースを想定した「E-R9」公開。ボディは航空技術を応用した変形パネル、バッテリーはピットインにて交換式

| その頃、モータースポーツはどうなっているのか想像もつかない | さて、ロータスが「公式」として2030年の耐久レース用マシン、E-R9を公開。これはロータスのエアロダイナミクス部門を管理するリチャ ...

ジャガー・ヴィジョン・グランツーリスモSV

ジャガーが「2025年以降、高級EVブランドになる」と発表!どうなる既存ラインアップと今後の車種構成

| おそらくは思い切ったブランドシフトがなされるものと思われる | さて、ジャガーが「2025年以降、EVのみの生産を行うブランドになる」と発表。その詳細は不明ではあるものの「電気自動車のみの高級ブラ ...

ロータスの新型スーパーカー(予想レンダリング)

エヴァイヤに続くロータスの新型ハイパーカーはこうなる?デザイナーが美しきコンセプトカーを公開

| ここからしばらく、ロータスは「新型車ラッシュ」となりそうだ | さて、ロータスは「タイプ131」なる新型スポーツカーを発表すること、そしてその後にも新型スポーツカーが待機しているとアナウンスしてい ...

紅旗S9ハイパーカー

中国・紅旗が1400馬力のハイパーカー「S9」設計・製造のためイタリア(フェラーリ本社所在地)に拠点を建設!元ランボルギーニのデザイナーも雇ってどうやら本気のようだ

| 中国はその威信をかけ、なんとしてもこれを実現させると思われるが | さて、何かと話題の中国・紅旗。今回はその紅旗が発表した「中国発のハイパーカー」S9を生産するため、その親会社である第一汽車(Fi ...

新型テスラ・ロードスター

新型テスラ・ロードスターがついに2022年から生産開始!ロケット用スラスターがOP設定され、0-100km/h加速は驚愕の1.56秒

| おそらくこれ以上速いクルマを作ることは難しいだろう | さて、新型モデルS/モデルXを発表したばかりのテスラ。今回は待望の「テスラ・ロードスター」につき、2022年から生産を開始すると(イーロン・ ...

未来の電動ランボルギーニ、「lamborghini EX」

これが未来のランボルギーニ!ガンディーニ時代のDNAと戦闘機をミックスしたピュアエレクトリックモデル、「ランボルギーニE_X」

| 奇抜なようでいて現実的なデザインを持っている | さて、輸送機器デザイナー、アンドレア・オルティーレ氏が「未来のランボルギーニ」、ランボルギーニE_Xを公開。同氏いわく、ガンディーニがデザインして ...

ロータスが新型スポーツカー「タイプ131」を発表

さよならエリーゼ、エキシージ、エヴォーラ・・・。ロータスがこれら3台の生産が「今年で最後」と発表、あわせてエスプリ後継たる新型車「タイプ131」を予告

| ロータスの新型スポーツカー、タイプ131の発表は今年後半、パワートレーンは謎のまま | さて、ロータスが「今年後半に新型スポーツカーを発表する」ということ、そして「エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ ...

格安エレクトリックバイク、「 Sondors Metacycle」登場

ワンオフのカスタムバイクっぽいのに価格52万円!アルミフレーム採用の電動バイク「サンダース・メタサイクル」が予約開始!

| この価格でこのクオリティ、しかも電動バイクというのはにわかに信じがたい | さて、日本も「2030年代半ばまでにガソリンやディーゼルエンジンなど、内燃機関を積んだ車両の販売禁止を目指す」と発表して ...

アルピーヌとルノーが提携

アルピーヌとロータスが提携!よくよく考えるとこれ以上相性のいい組み合わせもなく、両者は「ピュアエレクトリックスポーツ」を今後開発するようだ

| おそらくはアルピーヌ側のほうが得るものが多いと思われる | さて、ルノーは先日大きな改革を行うと発表したところですが、その中で挙げられていたのが「アルピーヌブランドの再構築」。すでにルノーはF1チ ...

ルノー5プロトタイプ

ルノーが「5(サンク)」をEVとして復活させると発表しプロトタイプを公開!過去の資産をリバイバルし革命を起こす「Renaulution」計画も公表

| この新しい「ルノー5(サンク)」はちょっと欲しい | さて、つい先日「ルノーは”5”をEVとして復活させる計画がある」と報じられたばかりですが、イキナリその「ルノー5プロトタイプ」の画像そして実車 ...

GMの新しいロゴ

GMが1964年以来のエンブレムを刷新!「電動化時代に備え、我々が持つ解決策を示す」。スマホでもわかりやすいシンプルなロゴに

| 歴史の変革においては大胆なイメージチェンジが必要 | さて、GM(ゼネラルモータース)が「エブリバディ・イン」と称したキャンペーンを開始するとともに新しいロゴを公開。まず、エブリバディ・イン・キャ ...

アウディe-tron

世界でもっともEV化が進むノルウェー。2020年のEV販売比率は昨年の42%から54%へ。PHEVを足すと74.8%。10台のうち7~8台が電動化車両という計算に

| いったいなぜノルウェーではそんなにEVが売れるのか | さて、世界で最も電動化が進んでいると言われるノルウェー。2020年11月には「電動車販売最高記録」を打ち立てたばかりですが、12月にはまた記 ...

新型「ベンテイガ・ハイブリッド(PHEV=プラグインハイブリッド)」

新型ベントレー・ベンテイガ・ハイブリッド発表!モーターのみでの航続可能距離は70%増しの50kmへ。ベントレー「我々のクルマのオーナーのほとんどは一回に50km以下しか走らない」

| やっぱりまだまだエレクトリックモデルの購入には二の足を踏んでしまう | ベントレがーフェイスリフト版となる新型「ベンテイガ・ハイブリッド(PHEV=プラグインハイブリッド)」を発表。3リッターV6 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f