ランボルギーニ

ランボルギーニのV12エンジン

ランボルギーニは「ハイブリッド化されていない」V12エンジン搭載モデルをサーキット走行名目で今後も販売?

| アヴェンタドール後継のためにV12エンジンを新設計するのであれば、そのコストをどうにか吸収しなくてはならない | もしかすると「欧州では登録できなくても、他の国では合法に登録できる」ということも考 ...

NIMI GT製、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(1/64)のミニカーを買ってみた!現在MINI GTではウラカン、ウルスも絶賛発売中

NIMI GT製、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(1/64)のミニカーを買ってみた!現在MINI GTではウラカン、ウルスも絶賛発売中

| 京商からのランボルギーニ1/64シリーズ積極展開が望めない今、MINI GTは非常に貴重 | MINI GTはウラカン、アヴェンタドール、ウルスという「ランボルギーニ全ラインナップ」を商品化 さて ...

え?これがランボルギーニ・ウラカン?スーパーオフローダーに改造されたウラカン改めジャンパカンが荒野を爆走!

【動画】え?これがランボルギーニ・ウラカン?スーパーオフローダーに改造されたウラカン改めジャンパカンが荒野を爆走!

| スクラップからここまでのクルマを作り上げるとは | このビルダー「B is for Build」は過去にも多数の廃車をみごとなカスタムカーへと蘇らせている さて、先般より話題を振りまいているランボ ...

LBシルエットワークス ランボルギーニ・アヴェンタドール GT EVO

リバティーウォークが総額1870万円のランボルギーニ・アヴェンタドール用エアロキット「シルエットワークスGT-EVO」を公開!限定20セットもすぐに売れそうだ

| これに加えてタイヤとホイール、エアサス、エキゾーストシステムの取り付けが必要となり、エアロの取付工賃も含めるとカスタム費用は軽く2000万円オーバー | こんなクルマが走っていたらかならず二度見し ...

その仕様は思ったよりも「ランボルギーニ」だった!ランボルギーニがそのヨット「テクノマーレ・フォー・ランボルギーニ63」の内外装の画像を公式にリリース

その仕様は思ったよりも「ランボルギーニ」だった!ランボルギーニがそのヨット「テクノマーレ・フォー・ランボルギーニ63」の内外装の画像を公式にリリース

| まさかここまでランボルギーニらしさが貫かれているとは思わなかった | すでに予定販売数「63」は完売済み さて、先日「コナー・マクレガーに、ランボルギーニのボートが納められた」というニュースをお届 ...

フェラーリのキーとトミカ

高級車の中古市場が活性化し、平均相場は50%増加。とくにガソリン→HVへの移行が急速に進む現在では、「納車待ちが長い」クルマを注文するのはリスキーか

| 加えて最近のクルマのモデルサイクルは非常に早く、納車待ちの間に「旧型に」なる恐れも | ロールスロイスの中古車販売比率はここ最近で「倍」に さて、コロナウイルスのパンデミックによって様々な変化が市 ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場

| ファビオ・ランボルギーニは現在、フェルッチオ・ランボルギーニ博物館の館長を務める | ただしアウトモビリ・ランボルギーニがこれを認めたわけではないと思う さて、ランボルギーニはアヴェンタドールの最 ...

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12が「スチール製ロールケージを持たずにFIAのハイパーカー規定をクリア」した第一号に

ランボルギーニCEOが近い将来を語る!「2022年にはウラカンとウルスに新モデル」「アヴェンタドール後継は2023年」「ウラカン後継は2024年」「第4のランボは2+2」

| なお、ウラカン後継モデルのエンジンはV10を継続しない可能性もありそうだ | ウルスは2022年にモデルライフ中盤のフェイスリフト+PHEV投入 さて、アヴェンタドールの最終モデルにして「V12ガ ...

BMWのキー

TikTokでもっとも人気のある自動車ブランドはBMW(220億回再生)!車種個別だとアウディTTの人気がもっとも高く、インスタとはユーザー層が異なるようだ

| SNSでアウディとBMWが強く、メルセデス・ベンツが弱いことには変わりがないようだ | インスタでは強みを発揮するランボルギーニはTikTokでは存在感が弱い さて、日々その影響力を強めているソー ...

ナゾのランボルギーニ・ウラカンSTOがテスト中!なんらかのアップグレード版にてニュル最速の座を奪還すべく調整中?

【動画】ナゾのランボルギーニ・ウラカンSTOがテスト中!なんらかのアップグレード版にてニュル最速の座を奪還すべく調整中?

| ここしばらくポルシェとランボルギーニはニュル最速をお互いで更新し続けてきた | ただしウラカンSTOがポルシェ911GR2RS、メルセデスAMG GT ブラックシリーズに対抗するのは容易ではないだ ...

もしランボルギーニ・カウンタックが今蘇ったら?「カウンタック50」がCGで再現され、過去と現在、未来の橋渡しを表現

もしランボルギーニ・カウンタックが今蘇ったら?「カウンタック50」がCGで再現され、過去と現在、未来の橋渡しを表現

| ランボルギーニ・カウンタックのデザインは自動車史上「もっとも影響力が強い」とボクは考えている | ランボルギーニ・カウンタックの登場は1971年3月11日、午前10時 ランボルギーニ・カウンタック ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD / ホンダCBR 250RR。それぞれサービスキャンペーン、リコールの対象に

| ウラカンEVO RWDについては待望の「アレクサ」機能搭載を希望 | ホンダCBR250RRは最悪の場合、ヘッドライトが点灯しなくなるようだ さて、ぼくのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD、そ ...

コナー・マクレガー

「世界一稼ぐアスリート」、コナー・マクレガーが3.6億円のランボルギーニ製ボートを購入!4000馬力のボートが収められる様子をインスタに投稿

| テクノマール・フォー・ランボルギーニ63は限定63台、まさかコナー・マクレガーが購入者のうちの一人とは | これまでランボルギーニとはあまり縁のない人物だと認識していたが さて、米経済誌「フォーブ ...

ランボルギーニがアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeのカスタム例を公開!ボディカラーはグリーン、アクセントはレッド

ランボルギーニがアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeのカスタム例を公開!ボディカラーはグリーン、アクセントはレッド

| ただし今からアヴェンタドールLP780-4 Ultimaeを注文しても購入することはできないと思われる | インボード式サスペンションのスプリングもレッド さて、ランボルギーニは先日「究極のアヴェ ...

ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録

ランボルギーニ・ウルスが累計生産15,000台を突破!ランボルギーニ史上「最速」にて「最多」販売を記録。歴代モデルの販売台数も集めてみた

| ランボルギーニでもっとも販売台数が少ないのは「シルエット」の54台 | ウラカン、アヴェンタドールはいずれも10,000台オーバー さて、ランボルギーニはつい先日、「上半期としては過去最高の販売台 ...

まるでSF映画に登場するクルマ!1978年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた

まるでSF映画に登場するクルマ!1978年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた

設計はパガーニ創業者、オラチオ・パガーニ このクルマが市販されていたら、スーパーカーの勢力図は今とは違ったものとなっていただろう さて、ランボルギーニ・カウンタックは今年で誕生50周年を迎え、ランボル ...

ランボルギーニ・ウラカンSTO

ランボルギーニが「2021年前半は史上最高の販売だった」と公表!加えて「夏に新型車を発表」と正式コメント。カウンタックオマージュのシアンか

| 日本市場の販売台数はちょっと前の2位から5位へとダウン | さらにランボルギーニは来年4月までの受注を確保 さて、ランボルギーニが「2021年の上半期は、ランボルギーニの歴史上、もっとも多くのクル ...

ランボルギーニがメキシコ展開10周年を記念し特別なウラカンEVOを4台製作!テーマは「生命」「死」「夢」「時間」、けっこうカスタムの範囲は広いようだ

ランボルギーニがメキシコ展開10周年を記念し特別なウラカンEVOを4台製作!テーマは「生命」「死」「夢」「時間」、けっこうカスタムの範囲は広いようだ

| ゴールドのアクセント、室内に取り付けられた特別なプレートがカッコいい | ランボルギーニは現地代理店との関係性を重視しているようだ さて、ランボルギーニは10年前にはじめてショールームをオープンし ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5