ランボルギーニ

ランボルギーニ・ウラカンSTOで最高速にチャレンジしたユーチューバーあらわる!レブリミットまで500回転を残して公称値を13km/h上回る

【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTOで最高速にチャレンジしたユーチューバーあらわる!レブリミットまで500回転を残して公称値を13km/h上回る

| ランボルギーニ・ウラカンSTOは各方面で絶賛中。すでに最高のウラカンだと認められつつあるようだ | 後輪駆動モデルであるにもかかわらず、その安定性は非常に高いようだ さて、現在続々納車が進んでいる ...

やっぱりランボルギーニ・ムルシエラゴは真のスーパーカー!走行9.6万キロを数えるもアウトバーンでは余裕で315km/hを叩き出す

【動画】やっぱりランボルギーニ・ムルシエラゴは真のスーパーカー!走行9.6万キロを数えるもアウトバーンでは余裕で315km/hを叩き出す

| 動画を見ている範囲では意外と車内は快適、そして安定しているっぽい | 事情が許せば公称最高速である330km/hも問題なさそう さて、自動車専門のテスト&撮影会社、AutoTopがランボルギーニ・ ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが「チップ不足」もなんのその、1−9月の累計販売で「過去最高を記録した」と発表!ウルスが販売の55%以上を占める

| フォルクスワーゲングループとしては、「利益率の高い」ランボルギーニにチップを優先的に回しているのかもしれない | ただし今後の「エレクトリック時代」になるとその勢力図が多少は変わってくるのかも さ ...

80年代のスーパーカーアイコン、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ・テスタロッサとの比較レビュー登場!テスタロッサは乗りやすくGT的、カウンタックは刺激的

【動画】80年代のスーパーカーアイコン、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ・テスタロッサとの比較レビュー登場!テスタロッサは乗りやすくGT的、カウンタックは刺激的

| まさかカウンタックとテスタロッサの比較レビューを見ることができるとは | 同じようにV12エンジンをミッドに搭載していても、ずいぶんその性格は異なるようだ さて、1980年代のひとつのアイコンとも ...

ハイパワーなスーパーカーでアクセルとブレーキを踏み間違えるとこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンが誤って急加速し池にドボン

ハイパワーなスーパーカーでアクセルとブレーキを踏み間違えるとこんなことに・・・。ランボルギーニ・ウラカンが誤って急加速し池にドボン

| ボクは逆に「アクセルと間違えてブレーキを踏んだ」ことがある | 残念ながらこのウラカンは水没ということで廃車になりそうだ さて、世の中では多数のスーパーカーの事故が報じられていますが、今回はランボ ...

「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも

「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも

| ランボルギーニは「その形を蘇らせる」だけではなく、完全に機能することも証明してみせた | このカウンタックLP500は現在ランボルギーニ本社併設博物館にて展示中 さて、ランボルギーニが「カウンタッ ...

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP780-4ウルティメ

「アヴェンタドールがついに販売終了、注文できなくなった」との報道。これから2−3年の間、ランボルギーニはV12モデルを持たないことに?

| 現在はあまりに事情が特殊すぎる | いずれの自動車メーカーも、「この早すぎる」電動化の波への対処に追われている さて、ランボルギーニ・アヴェンタドールシリーズの販売が終了し、「ランボルギーニのV1 ...

こんなに試乗できて楽しそうだな・・・。トップギアが26台、合計1万2440馬力のハイパーフォーマンスカーをテストする

【動画】こんなに試乗できて楽しそうだな・・・。トップギアが26台、合計1万2440馬力のハイパーフォーマンスカーをテストする

| クルマの楽しさはパワーや価格に比例しないということもよくわかる | 自分だったらどれを選ぶだろうか気になった さて、トップギア恒例の「スピードウィーク」が開催され、総勢26台、1万2440馬力を誇 ...

アウディR8

新型アウディR8が「V8ツインターボ+ハイブリッド、700馬力」で2023年に登場とのウワサ!となるとウラカン後継モデルもこのレシピに?

| 新型アウディR8については、そのウワサも二転三転している | 実際のところ、今回のウワサはけっこう信憑性が高そうだ さて、最近は「売れてない」「特定地域や特定グレードの販売終了」など、あまり明るく ...

ランボルギーニ・アヴェンタドール

ランボルギーニが「カーボンニュートラル企業になる」「ウルスが世界でもっとも標高が高い道路を走行した」と発表。ウルスはエベレストのベースキャンプよりも高い位置を走ったようだ

| ランボルギーニはかねてより「ホワイト企業」っぷりが話題になっている | さらには様々な分野でチャレンジを行うことでも知られている さて、これまでにもカーボンニュートラルに向けて様々な取り組みを行っ ...

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

ランボルギーニ「サイバーパンク」ウラカン見参!バーチャルカスタムなれど実現可能なデザインを持ち、どこかのショップが作ってくれないものか

| 未来的でクリーンなデザインがこのアーティストの持ち味のようだ | やはりランボルギーニはこういった過激なカスタムがよく似合う さて、これまでにも数多くのバーチャルカスタムを披露してきたデザイン系ユ ...

フェラーリ、ランボルギーニ本社から続々カスタムカラー採用車が路上テストへ!現在は多くのオーナーがカスタムオーダーを行うようだ

【動画】フェラーリ、ランボルギーニ本社から続々カスタムカラー採用車が路上テストへ!現在は多くのオーナーがカスタムオーダーを行うようだ

| 日本だとランボルギーニの「カスタムオーダー」比率は80%近いらしい | 今やスーパーカーは通常のオプションの範囲を超え、オーダー時に「カスタム」するのが当たり前になってきた さて、いつもイタリアよ ...

ブガッティ・ヴェイロンとランボルギーニ・アヴェンタドールSVJという「希少な限定車」同士が接触!アヴェンタドールのオーナーからは怒りオーラ噴出

【動画】ブガッティ・ヴェイロンとランボルギーニ・アヴェンタドールSVJという「希少な限定車」同士が接触!アヴェンタドールのオーナーからは怒りオーラ噴出

| ランボルギーニ・アヴェンタドールのオーナーからすると、まさに「天から降ってきた悲劇」としかいいようがない | それにしても、ヴェイロンのドライバーはあまりに不注意だったようだ さて、つい1ヶ月前に ...

ロジェ・デュブイがランボルギーニ・ウラカンとの最新コラボモデル「エクスカリバー スパイダー ウラカン ホワイト セラミック コンポジット」発表!限定88本、価格は709万円

ロジェ・デュブイがランボルギーニ・ウラカンとの最新コラボモデル「エクスカリバー スパイダー ウラカン ホワイト セラミック コンポジット」発表!限定88本、価格は709万円

| ロジェ・デュブイの腕時計は「ひと目でソレとわかるところがイイ | ロジェ・デュブイXランボルギーニの腕時計はけっこう快調に売れているようだ さて、ランボルギーニとのパートナーシップ契約を結んでいる ...

1100馬力のランボルギーニ・ウラカンと310馬力のカワサキ・ニンジャH2Rの加速対決!停止状態からの加速だとH2Rはずっとウィリーしっぱなし

【動画】1100馬力のランボルギーニ・ウラカンと310馬力のカワサキ・ニンジャH2Rの加速対決!停止状態からの加速だとH2Rはずっとウィリーしっぱなし

| ただしローリスングタートだとニンジャH2Rはウラカンを寄せ付けることすらなくゴール | いろいろな意味で「いい勝負」だった さて、ここ最近「スーパーカートとスーパーカー」「F1マシンとハイパーカー ...

トヨタ・ハイエースにV12をミッドマウントしランボルギーニ風のエアロパーツを装着した男がいた!エンジンはセンチュリーの5リッターをツインターボ化して600馬力

トヨタ・ハイエースにV12をミッドマウントしランボルギーニ風のエアロパーツを装着した男がいた!エンジンはセンチュリーの5リッターをツインターボ化して600馬力

| 世界中探しても、トヨタ・ハイエースをここまで改造する男はほかにいないだろう | しかも多額の借金をしながらプロジェクトを進行中 さて、トヨタ・ハイエースはある意味で「ランドクルーザーに次いで」世界 ...

もはや自然吸気ガソリンエンジンの時代は終わったのか・・・。テスラ・モデルSとランボルギーニ・ウラカンEVOがドラッグレースを戦うも、その差が無慈悲すぎると話題に

【動画】もはや自然吸気ガソリンエンジンの時代は終わったのか・・・。テスラ・モデルSとランボルギーニ・ウラカンEVOがドラッグレースを戦うも、その差が無慈悲すぎると話題に

| ウラカンEVOが勝てないことはわかっていたが、その差がここまでとは | これは完全に世代交代だと考えて良さそうだ さて、ドラッグレース専門ユーチューバー、ドラッグタイムス氏。今回同氏はテスラ・モデ ...

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにプロテクションフィルム施工!飛び石キズ補修もあわせて61万円、これまでの維持+カスタム費用合計は140万円に

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにプロテクションフィルム施工!飛び石キズ補修もあわせて61万円、これまでの維持+カスタム費用合計は140万円に

| プロテクションフィルムは高価だがそれだけの価値はあると思う | 想像したよりもずっときれいに貼ってくれて満足度高し さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにプロテクションフィルムを施工したの ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5