利益

TOYOTA(トヨタ)C-HR

さよならボクのトヨタ。トヨタからテスラに乗り換えた。やっぱり株の話だけど

| ボクはやっぱり内燃機関採用のクルマの将来に対して悲観的だ | さて、テスラ株と心中することをきめたぼく。現状で資金には余裕があるものの、もうあまり上がらないと思われる株を処分し、いつでも(チャンス ...

テスラ・モデルS、モデルX、モデル3

テスラ「既存自動車メーカーを買収するかもしれん」。テスラの株価はすでに年初から5倍に。ボクはまだまだテスラを追いかける

| テスラの株価は年初に比較すると5倍以上に | さて、テスラの株価は天井知らずであり、多くのアナリストらが「目標株価」として設定した数値をもあっさりと抜けてさらに上昇中。時価総額はトヨタを(とうの昔 ...

フェラーリのキー

フェラーリの受注がコロナ前の水準にまで回復!10月は30%増、おそらくはローマとSF90ストラダーレの注文が多い?

| 危機的状況にこそ力を発揮するのが「強いブランド」である証 | さて、フェラーリの受注が「コロナ前の水準にまで回復した」との報道。フェラーリはつい先日、2020年第三四半期までの業績を発表しています ...

フェラーリのエンブレム

フェラーリが第三四半期までの業績を発表!販売台数は全世界で-17%、しかし日本は+8%。利益に貢献したのはV12モデル、とくにモンツァSP1/SP2

| やはり限定モデルの利益は厚いようだ | フェラーリが第三四半期の状況を報告し、あわせて今年1月から9月までの販売が昨年比17%マイナスになった、と発表。これによると、昨年同時期には7,755台を販 ...

【動画】ロレックスのゴールドモデルは「金」としてどれくらいの価値がある?専門家の分解・分析によると「定価の20%しかない」

| もうちょっと金としての価値があると考えていたが | さて、ここ最近価格が上がっているのが「金(ゴールド)」。たとえば、2019年10月にはグラムあたり5,223円だった金が今では6,497円に上昇 ...

トヨタが下請けに対し異例の「値切り」要求。下請けいじめにてトヨタ本体は儲かるも、下請け4万社の収益が悪化するとの懸念

2020/7/29    , , ,

| 下請けにとってはトヨタの要求に答えるしか道が残されていない | 日本経済新聞によると、トヨタが一部部品メーカーに価格引き下げを求めている、とのこと。なお、価格見直しとしては年2回(4月と10月)に ...

マツダの販売台数が12ヶ月連続前年割れ、一方スバルは91ヶ月連続プラス。マツダはもう「デザインそのまま」で安いクルマを作るしか生き残る道がない?

| 値段を下げれば売れることはCX-3の1.5リッターモデルが証明した | 2016年以降、アメリカでは自動車販売台数が徐々に減少しているそうですが、そんな中でも「全てのメーカー/ブランドが」縮小して ...

どうしてこうなった・・・!アストンマーティンの売り上げが1/3に、そして6.6億もの資金を得たのに1.5億の赤字。自動車会社の経営は難しい

| まさかここまでアストンマーティンが苦境に陥るとは想像していなかった | アストンマーティンが2020年第一四半期に1億4600万ドルもの損失を出した、との報道。アストンマーティンはつい先頃、レーシ ...

マツダが決算内容を公開、営業利益は半減の436億円!利益は「1台売って3万円」、北米、日本、中国など全市場でマイナス成長

2020/5/15    , , , ,

| さすがに今回ばかりはコロナの影響にて仕方がない | さて、自動車メーカー各車がコロナ禍に苦しむ中、マツダが決算を発表。結論から言うと、営業利益は前年比47%減、販売台数は日本、欧州、北米、中国ほか ...

スバルのキー

なぜスバルは儲かるのか!1台売って19万、「マツダの3万、ホンダの4万」より大幅に利益が出るナゾ。営業利益率は一時期ポルシェと並ぶまでに

| 現在、トヨタに抜かれたこそしたものの、すぐに抜き返しそうだ | さて、コロナウイルスの影響にて自動車業界にも様々な影響が出るのは必至ですが、中には「影響を受けやすい」メーカーもあれば、そうでないメ ...

フェラーリのキー

フェラーリが第一四半期の業績を発表!コロナの影響下でも販売台数は4.9%増加の2,378台、株価も上昇

| どんな環境でもやはり超高級品は強い | フェラーリが2020年第一四半期の業績を発表。これによると販売台数は2,378台(昨年同期比+4.9%)、利益は9億3200万ユーロ(昨年比-1%)、EBI ...

アストンマーティン「これから当社は英国のフェラーリを目指す」。その意図とは?

| アストンマーティンの新オーナーは長らくフェラーリの輸入ビジネスを行っていた | アストンマーティンはカナダの富豪、ローレンス・ストロール氏の出資を受け入れて「生まれ変わろう」としていますが、その主 ...

ポルシェのホイール

ポルシェの1台あたり平均販売額は1223万円、1台あたりの平均利益は188万円!ポルシェの営業利益率は15%、トヨタの2倍、WVの3倍に相当

| ポルシェの成長は投資によって担保されている | さて、ポルシェもランボルギーニに続き2019年会計年度での業績を発表。これによると、ポルシェの2019年度におけるグローバル販売は280,800台( ...

ランボルギーニの1台あたり売上は2667万円、利益は予想で800万円/台。好調なセールスを記録するも「たった数日で世界が変わってしまった。2020年の先行きはわからない」

| このコロナウイルスショックがいつまで続くのかはわからない | さて、ランボルギーニはすでに2019年の販売数が過去最高であったことを発表していますが、今回はその「内容」について公開しています。これ ...

テスラはなんと「宣伝広告費を1ドルたりとも使用していなかった」!それでもここまで知名度を向上させた理由とは

| そのほかにもテスラは経費がかからない=儲かる構造ができあがっている | テスラが「広告宣伝費を1ドルたりとも使用していない」という事実が発覚して各界に衝撃を与えることに。ちなみに数年前のデータです ...

フェラーリの2019年は「初の1万台超え」となる10,131台を販売。売上に占める「車両のみ」比率は78%、1台あたりの平均販売額は3490万円、日本は中国を抑え870台を販売

| フェラーリは「クルマ以外の売上」を14%強持っている | フェラーリが2019年の業績につき、フェラーリ史上はじめて1万台の壁を超え、10,131台を販売したと発表。これは2018年の9,251台 ...

日本の自動車メーカーの業績悪化止まらず。日産は一台あたり利益が8万円→1,300円、マツダは8.1万円→2万円へ。逆にスバルは利益が増えて業界トップの一位台あたり35万円へ

| 同じ自動車メーカー、そして似た価格帯のクルマを売っているのにここまで差が出るとは | 日刊自動車新聞によると、日本の自動車メーカーの「新車販売一台あたり」利益が大きく減っている、とのこと。これによ ...

マクラーレンがIPOに向け「もっと台数を売らねばならぬ」。成長著しいアジアに注目し、積極的にディーラーをオープンさせる予定

| とくに日本については言及されていないのが残念 | マクラーレンは現在、地元の英国においてはブリグジット問題のため販売が下降気味だと伝えられますが、反面北米市場、中国を除くアジアでは好調なセールスを ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f