ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

名称

ボルボ・リチャージ・コンセプト

ボルボ「これからの車名には、生まれたばかりの赤ん坊に名付けるように、記号ではなく名前をつける」。やっぱりクルマには「名前」があったほうがいいとボクは思う

| 「名前」もまたそのブランドやクルマのストーリーや性格を反映したものであり、感情移入できる要素の一つだと思う | なお、ボルボは100年近い歴史において、名前を用いたクルマをスウェーデン国外で発売し ...

ジープ・グランドチェロキー

ジープが「チェロキー族の申し入れ」によってチェロキー(車名)を廃止?なお米ではワシントン・レッドスキンズ、クリーブランド・インディアンスも名称変更

| 文化の盗用、民族への配慮は年々重要視され、無視できない問題に | さて、ちょっと前に報じられた「ジープ・チェロキーの名称問題」。そもそも発端は、チェロキー族の首長であるチャック・ホスキンJr.氏が ...

ポルシェ718ケイマンGTS

クルマに「名前」がついている場合は「数字だけ」「アルファベットだけ」に比べて倍くらい記憶に残るようだ!フェラーリ「ポルトフィーノ」は「488」よりも記憶率がずっと高い模様

| 名前の由来が明確だと、さらに覚えやすい | さて、英国にてちょっとおもしろい統計が公開。簡単に言うと、クルマの名称について、「番号やアルファベットだけのものよりも、名前が与えられた車のほうが記憶さ ...

アストンマーティン

アストンマーティンはなぜ「V」で始まる車名を採用するのか?「なぜなら、”V”はそのセグメントでの頂点を意味するからだ」

| アストンマーティンの「V」は1988年のヴィラージュから始まった | アストンマーティンはその車名に「V」で始まる名称を用いることで知られますが、今回Carfectionがその理由について説明した ...

ポルシェ「タイカン」は「体感」の意味もあった!ポルシェがその名称決定プロセス、その名に込められた意図を公開

| ポルシェはどうやって新型EVの名を「タイカン」に決定したのか | ポルシェは「ミッションE」市販モデルの名を「タイカン(Taycan)」とすると発表していますが、そのイメージは「生気あふれる若馬」 ...

欧州にてトヨタ「オーリス」の名称が「カローラ」となりオーリスは消滅。その意図を考えてみた

| 世界中で「オーリス」消滅。ついに絶滅か | トヨタはジュネーブ・モーターショーにて「新型オーリス」を発表しましたが、今回「欧州において、新型オーリスは”カローラ”の名称にて発売する」とアナウンス。 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5