ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが日本において10%近くモデル3を値下げしモデル3 RWDの価格が5,964,000円から5,369,000へ!中国・米国に比較し少ない販売にテコ入れか

投稿日:

テスラ

| 日本ではまだまだオンラインでのクルマの購入に抵抗があるためかテスラの販売が進まない |

それでも少ない販売拠点の割にはずいぶん頑張っていると思う

さて、2022年の出荷台数が目標であった「前年度50%増し」に届かず、かつ第4四半期の生産台数もアナリストの予測に届かなかったテスラですが、現在中国や米国においても値下げが行われ、かつ買い替えキャンペーンやなんらかのインセンティブが提供されているという状況です。

つまり、これまで「受注が大量に集まるので、受注の心配はしなくてもいい」状態だったものの、生産能力が増強されて「受注以上の供給が可能となり」、かつライバルが急増する状況において予定通りの受注が集まっていないのだと考えていいのかも。

値上げから一転、値下げに転じる

そして世界の主要市場で値下げを行っているのは上述のとおりですが、今回は日本でもモデル3の値下げを行っており、これによってモデル3 RWDの価格は5,964,000円から5,369,000へと一気に595,000円も(10%近く)価格が下がっています。

なお、日本では(自動車の販売全体に占める)テスラの販売は大きくはなく、米国や中国においても比較にならないほど販売台数が少ないため(テスラは日本での販売台数を公表していないので推測にはなるが)、「下がってきた需要を刺激する」というよりは、今後を見据えて日本市場における地固めを行いたいという意向のほうが大きいのかもしれません。

日本でもテスラの販売が値下げにより急増
日本でもテスラの販売が値下げにより急増、前年比で13.3倍に!なおモデル3は現在日本市場において「購入金額1万円あたり、もっとも長い距離を走れる」EV

| 「手が届かなかったクルマが買えるようになった」感が奏功したか |この記事のもくじ| 「手が届かなかったクルマが買えるようになった」感が奏功したか |1年前の「Others」は44台、直近だと586 ...

続きを見る

ちなみにですが、日本は(2021年のデータだと)国別新車販売ランキングでは3位に位置し、1位は中国の26,274,820台、2位はアメリカで15,408,565台、3位の日本は4,448,340台という数字です。

テスラ

1位の中国と2位の米国には大きく差があるものの、テスラの車両販売はそれ以上に大きく差があり、単月だと中国が8万台くらい(2022年10月)、アメリカだと3万台くらい(2022年第4四半期の平均値)、日本ではわずか1,000台くらい(日本自動車輸入組合発表値からの推測)。

この数字を見るに、日本の新車販売は中国の17%、アメリカの29%くらいなので、テスラの販売も(その比率を当てはめると)9,000台〜14,000台くらいはあってもよさそうなのですが、実際には(推測値ではあるものの)1,000台程度となっているわけですね。

よって、テスラは世界のメインマーケットにて需要が減っていると言われる今、今だと可能性が大きな(中国や米国に比較してライバルとなるEVの数がまだ少ない)日本において販売台数を稼ぎたいのかもしれません。

実際のところ、今回のモデル3の値下げ幅は中国やアメリカで報じられている数字と比較すると「最大」なので、このモデル3の値下げをテストケースとし、今後のほかモデルの動向を検討する可能性もありそうです。

現在のテスラ各モデルの価格と納期はこうなっている

なお、日本における(現在の)テスラ各モデルの価格と納期は下記のとおりとなっていて、他の国同様にモデルS、モデルXについては納車時期が一切不明、サイバートラックは注文を入れることができない状態です。

モデル3 RWD5,369,000円納期1〜2ヶ月
モデル3 ロングレンジ6,389,000円納期1〜2ヶ月
モデル3 パフォーマンス7,149,000円納期1〜2ヶ月
モデルY RWD5,799,000円納期1〜2ヶ月
モデルY パフォーマンス7,509,000円納期1〜2ヶ月
モデルS価格非表示納車時期未定
モデルS プレッド価格非表示納車時期未定
モデルX価格非表示納車時期未定
モデルX プレッド価格非表示納車時期未定
サイバートラック受注不可納車時期未定

合わせて読みたい、関連投稿

テスラ
テスラが中国にてモデル3、モデルYの価格を9%値下げ!生産効率が上がったことを理由だとしているものの、競争激化に対するカウンターであるのは間違いなさそう

| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |この記事のもくじ| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |テス ...

続きを見る

テスラ
テスラが2023年にモデル3に初のフェイスリフトを行うとのウワサ。内外装のアップデートに加え、生産コスト低下によって値下げを期待できるかも

| テスラはもともとフェイスリフトを行うことが極めて少ない |この記事のもくじ| テスラはもともとフェイスリフトを行うことが極めて少ない |そしてフルモデルチェンジは未だいずれのモデルでも経験していな ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが「戦略の変更により」中国の旗艦店を閉店!中国での値下げ報道の直後だけに様々な憶測を呼ぶことに

| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く事情が異なる |この記事のもくじ| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5