ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■そのほか自動車関連/ネタなど

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

投稿日:2021/09/17 更新日:

中国のEVメーカーは現在300社、さすがに中国政府も「多すぎ」と語る。しかし半年前には「400社」が存在し、6ヶ月で100社も倒産

| 中国の「起業ブーム」「流行に乗る勢い」は凄まじい |

それにしても、よく起業のための資金をかき集めることができるものだ

さて、中国は「EV生産台数世界No.1」を目指しており、国策としても電気自動車の普及を進めていますが、そのEVを作るメーカーはなんと300社も存在する模様。

ただ、今年4月の報道では「400社」あるということだったので、半年もたたないうちに「100社も減ってしまった」ということになりますね。

エヴァーグランデNEV」は1台もクルマを売っていないのに株価が上昇し時価総額がGMやフォードを超える
現在中国のEVメーカーはなんと400社!そのうち「エヴァーグランデNEV」は1台もクルマを売っていないのに株価が上昇し時価総額がGMやフォードを超える

| 中国のEVバブルは度を越しているようにも思えるが |この記事のもくじ| 中国のEVバブルは度を越しているようにも思えるが |なぜここまで評価額が巨大に?実際にはまだ一台も製造していない会社の実態は ...

続きを見る

中国政府「EVメーカー多すぎ」

そしてこの「300社もEVメーカーが存在する」状況につき、中国の工業・情報技術相は「あまりに多すぎる」と指摘。

さらに「ほとんどの企業が小規模で、散在している」と述べ、「市場の役割を十分に活用すべきであり、市場の集中度をさらに高めるために、EV分野での合併や再編の努力を奨励する」というコメントを発しています。

実際のところ、中国政府は、主要な生産拠点に資源を集中させながら、過剰生産能力を抑制するための対策を立案しているといい、さらに政府は業界の最低生産能力稼働率を設定する可能性が報じられ、この要件を満たさない省は、余剰生産能力が利用可能になるまで新規プロジェクトを承認することができない、とも。

どうしてこんなことに?

そこで気になるのが、なぜ「300も400もEVメーカーが誕生するのか」ということですが、中国では何かが流行ると一瞬で皆が同じ方向を向くことがあり、ちょっと前だと「シェアバイク(自転車)」がそんな感じだったのかもしれません。

ちょっとシェアバイクが流行ると、猫も杓子もシェアバイクを作り始め、しかも市場規模を全く考えずに作りまくるので、結果的に「自転車が余りまくって」誰も乗らないうちに山のように積まれて廃棄されたりしたのは記憶に新しいところ。

さらに中国では投資ブームとなって久しく、誰もが投資先を探しているので、その会社の経営者が「もっともらしいことを言って」投資家から資金を引き出すことは難しくはなく、これまでにも「資金を調達し、事業を開始したものの、黒字化しないままに倒産した」会社が星の数ほどもあるわけですね。

hongqi-e-qm5 (6)

よって、中国政府としては、数百ものEVメーカーが「市場規模を考慮せずに」EVを生産するだけ生産し、しかし売れずに廃棄されたりといった事態を懸念しているのだと思われ(すでにそうなりつつあるとも言われる)、そうならないように介入を検討しているのだと思われます。

なお、こういった「政府が私企業の活動に介入する」ことは日本だと考えづらく、しかし欧米はじめ中国では比較的「よくある」ケースでもあり、最近問題となったアリババも政府が介入した例のひとつ。

参考までに、中国政府は2020年までの5年間に、消費者の環境対応車購入を促進するため、約330億元(51億ドル)の補助金を支給しており、多くの省庁は電気自動車メーカーの施設設立を促進するために、手厚い減税などの優遇措置を講じていますが、これもまた「EVメーカー起業」を加速化させた要因なのかもしれません(江蘇省を例にあげると、約30社のEVメーカーが立ち上げられ、その多くはすでに倒産している、とのこと)。

後数年も経たないうちには中国における自動車メーカー、EVメーカーの勢力図が明確になるかと思われますが、春秋戦国時代やその前の時代、それらを経て中華統一がなされる段階を見ているかのようでもありますね。

合わせて読みたい、関連投稿

中国からケン・オクヤマ氏デザイン監修のEV「アイウェイズU6ion」登場!新興EVメーカーの武器は「デザイナーズ電気自動車」?

| デザイン的ハイライトはスポーツカー風のフロントバンパー、筋肉質なフェンダー |この記事のもくじ| デザイン的ハイライトはスポーツカー風のフロントバンパー、筋肉質なフェンダー |デザインディレクショ ...

続きを見る

中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?
中国で大人気、50万円以下の「宏光ミニEV」。1台売って1500円しか利益がないと報じられるも、「台数を売りたい」その理由とは?

| もしかすると、宏光ミニEVはGMとWulingとの合弁会社に大きな利益をもたらすかもしれない |この記事のもくじ| もしかすると、宏光ミニEVはGMとWulingとの合弁会社に大きな利益をもたらす ...

続きを見る

電欠が繋いだ恋!中国にて、電欠に困っていた女性を「自身の電気自動車から電力を分けて」助けた男性が話題に

| 意外と中国人は困っている人(とくに女性)に優しい |この記事のもくじ| 意外と中国人は困っている人(とくに女性)に優しい |クルマからクルマの充電が可能だったとはこんな記事も読まれています さて、 ...

続きを見る

参照:Auto News

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, ■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5