■そのほか自動車関連/ネタなど

マンソリーが未来の「空飛ぶクルマ」を提案。未来の富裕層は本当にこんなクルマに乗っているのかもしれないな

マンソリーが未来の「空飛ぶクルマ」を提案。未来の富裕層は本当にこんなクルマに乗っているのかもしれないな

| 多くの自動車メーカー、そしてデザイナーが「空」「宇宙」に対して強いあこがれを持っている |

そのデザインはたしかに「マンソリー」っぽい

さて、ランボルギーニやフェラーリ、ロールス・ロイスなどハイエンドブランドのクルマを派手にカスタムしてしまうことで知られるマンソリー。

そのカスタムの内容についてはしばしば非難の対象となるものの、カスタムする人はそもそも「普通」を求めてはおらず、よってそういった人々からは高い支持を得ています(他にない、批判されるほどの過激なデザインを追求してきたからこそ、30年もブランドが続いてきたのだと思われる)。

マンソリーが禁断の「フェラーリ・モンツァSP2のカスタム」を公開。さすがにこの貴重なクルマでは不可逆的な改造を行っていないようだ
マンソリーが禁断の「フェラーリ・モンツァSP2のカスタム」を公開。さすがにこの貴重なクルマでは不可逆的な改造を行っていないようだ

| マンソリーはこれまでに様々なフェラーリのカスタムを行ってきたが、さすがにモンツァSP2を弄り倒すことは難しいだろう | よって細心の注意を払いつつ、最大の効果を追い求めたようだ さて、フェラーリ、 ...

続きを見る

マンソリーが「未来のクルマ」をデザイン

そして今回マンソリーが公開したのが「未来のクルマ」。

画像を見ると「(タイヤはないけれど)クルマの形をした飛行物体」であり、はるか先の未来、”空”が交通の舞台となった時代を想定しているようですね。

Mansory (4)

なお、マンソリー自身もこの「空飛ぶクルマ」につき、動力源含むスペックについては「なんら固定されていない」とコメントしており、ただただそのブランドとしての溢れんばかりのイマジネーションを示したということになりそうです。

Mansory (3)

そしてちょっと面白いのはディフューザーやドアミラーなど、現代のクルマに装備されるパーツを(おそらくは意図的に)残していること。

Mansory (6)

これによって現代と未来とを「繋げて」いるものと思われます。

Mansory (2)

実際に空が交通の舞台となる時代がやってくるのかどうかはわかりませんが、その時が来たとして、こういった「空と飛ぶクルマ」を購入する富裕層であれば、マンソリーにカスタムを依頼することも考えられ、となると本当にこういったクルマが現実のものとなるのかもしれませんね。

Mansory (5)

多くの自動車メーカーが「空」を目指す

なお、現在こういった「空とぶクルマ」を実現しようと考える自動車メーカーは珍しくはなく、メルセデス・ベンツやトヨタは外部との提携によってこれを現実のものにしようとしており、ヒョンデ、そしてポルシェも「空」を目指すことについては明確に言及しています。※中国のGeely(吉利汽車)もここに大きな投資を行っている

やはりポルシェは「空」に強い興味があるようだ!エアタクシーに関するレポートを公表し、「200億ドルの投資、勇気と粘り強さが必要だが、市場規模は320億ドルになる」
やはりポルシェは「空」に強い興味があるようだ!エアタクシーに関するレポートを公表し、「200億ドルの投資、勇気と粘り強さが必要だが、市場規模は320億ドルになる」

| 今後、ポルシェがどう判断するのかはちょっとした見ものだ | 空飛ぶクルマは自社のみではどうやっても実現できず、法規やインフラに関わる課題も多い さて、「空」に対して強い興味を持つとされるポルシェ。 ...

続きを見る

なお、映画のためとしてはレクサス(メン・イン・ブラック / ヴァレリアン)、ブガッティ(エリジウム)、ポルシェ(スター・ウォーズ)、プジョー(ブレードランナー2049)などが空とぶクルマや航空機のデザインを提供していますが、それとは別に自動車メーカーそしてデザイナーが独自にこれらのデザインを公開することも少なくはなく、レクサスは過去に「宇宙」「月」を目指した一連の作品を公開したことも。

h

レクサスが「月におけるモビリティ」を公開!月面車から宇宙船まで揃うも”あの手この手で”スピンドルグリルを再現したデザインを見てみよう

| レクサスは今後スピンドルグリルを3D化したり車体構造に取り入れることになりそうだ | レクサスがアート&ファッションマガジン、ドキュメント・ジャーナル15号の企画にて、「月におけるモビリティ」と題 ...

続きを見る

そしてアストンマーティンも(実現を目指すのではなく、デザインスタディとして)パーソナル・エア・モビリティを公開していますね。

43445830521_67da06c218_b

デザインは「ヴァルキリー似」。アストンマーティンも「航空機事業」に参入?

| ちょっとヴァルキリーに似てる | アストンマーティンは以前に「潜水艦」をリリースしていますが、今回は「飛行機」をコンセプトとして公開。 潜水艦については潜水艦メーカー「トリトン・サブマリン」社と提 ...

続きを見る

さらにはフェラーリのデザイナー、フラビオ・マンゾーニ氏も「フェラーリをイメージした宇宙船(ハンマーヘッド風のノーズを持っている)」を発表しています。

フェラーリの宇宙船

フェラーリSF90ストラダーレのデザイン
【動画】フェラーリのデザイナー、SF90スパイダーを語る。ピニンファリーナ時代からどう変わったのか、デザイナーの個性や近代フェラーリのデザインについて考える

| ボクはピニンファリーナよりもフェラーリ内製のデザインを支持している | さて、フェラーリが公式にて、チーフデザイナーであるフラビオ・マンゾーニ氏を起用した「SF90スパイダーのデザインについて語る ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

どこへ行くレクサス!高級ヨットを発売した後、「次は空だ。陸海空を制覇する」。航空宇宙産業部門を持つスバルと提携しジェット機を発売?

| トヨタは総合モビリティブランド、そしてレクサスはライフスタイルブランドへとシフト | レクサスは先日、ブランド初のラグジュアリーヨット「LY650」を発表していますが、同時に「ライフスタイルブラン ...

続きを見る

やはり自社単独では無理だった?トヨタが電動航空機製造会社に出資し「空飛ぶクルマ」事業へ本格的に乗り出すと発表

| 事実上、電動垂直離着陸機を開発するJoly Aviationを子会社化したと考えていい | トヨタが航空事業への参入を目指し、電動垂直離着陸機(eVTOL)開発・実用化を進めるJoby Aviat ...

続きを見る

中国シャオペンが「空飛ぶクルマ」2タイプを公開。SFっぽい「母船+飛行モジュール」タイプも登場してガジェット好きのボク歓喜【動画】
中国シャオペンが「空飛ぶクルマ」2タイプを公開。SFっぽい「母船+飛行モジュール」タイプも登場してガジェット好きのボク歓喜【動画】

| 本当にこのクルマを発売したならば賞賛に値する | ただし懸念となるのは技術よりも法規である さて、自動車メーカーの間でも興味を示す派とそうでない派とで分かれるのが「空飛ぶクルマ」もしくはパーソナル ...

続きを見る

参照:MANSORY(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , ,