ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA) ■近況について

久しぶりにマツダ ブランドスペースへ!CX-60のグリルの大きさ、ロードスターの特別仕様車「ブラウントップ」のオシャレさに驚いてきた【動画】

投稿日:2023/01/16 更新日:

マツダCX-60

| CX-60はマツダの新時代を予感させるに十分な存在感を持っていた |

一方のロードスターは未だもって全く古さを感じさせずタイムレスな魅力を放ち続ける

さて、久しぶりにマツダ ブランドスペース大阪へと行ってきたので、その展示車を紹介したいと思います。

現在の展示車はロードスターの特別仕様車「ブラウントップ」、そしてCX-60「XD Exclusive Mode」。

まずはCX-60についてですが、その第一印象は「とにかくデカい」。

それもそのはずで、CX-60は全長4,740ミリ、全幅1,890ミリ、全高1,685ミリという、国産SUVとしては(もちろんマツダとしても)比較的大柄な部類に入ります。

CX-60「XD Exclusive Mode」は6気筒ディーゼルのトップレンジ

このCX-60「XD Exclusive Mode」は6気筒ディーゼルモデルのハイエンドという位置づけとなっており、その価格は2WDで4,433,000円、4WDで4,658,500円に設定されています。

L1520074

このグレードの特徴としてはグロスブラックのパーツや20インチホイールといった仕様が挙げられますが、このボディカラー(プラチナクォーツメタリック)とブラックパーツとのマッチングがよく、なかなかにスタイリッシュに見えるもよう。

L1520089

そして驚くべきはこのフロントグリルの巨大さ。

ルームミラーに映るとさぞかし迫力が感じられるんじゃないかと思うものの、現時点ではまだ路上で見かけたことはなく、しかしそろそろ目にしてもいい頃かもしれませんね。

L1520078

ボディサイドは(断面的に)山なりになった形状を持っていますが、これはマツダが「路面をボディに反射させ、走行中に表情を持たせる」ことを狙ったものだといい、よって路面を映す側の面積が広く取られています。

L1520107

そしてボディ形状は室内空間と荷室を最大限とした「箱型」で、もちろんこれはその役割(存在意義)を反映したものですね。

L1520120

そしてCX-60 XD エクスクルーシブ・モードのインテリアにおける大きな特徴が「ナッパレザー」を使用したインテリア。

L1520163

このカラーは「ピュアホワイト」で・・・。

L1520155

トリム類もライトな色調となりますが、このセンターコンソールの「幅広さ」はこれまでのマツダ車にないレベルかも(ちょっと新鮮)。

L1520151

マツダはCX-60のインテリアにつき、「余白の美」「間」「異なる素材や質感を混ぜることで生まれる調和」を重要視したと説明しており、インストルメントパネル周りのステッチは、織物を束ねる「結」という技法から着想を得ている、と紹介しています。

L1520142

全体的に見て、従来のマツダ車とは異なる手法にてプレミアム感が演出されており、さすがはマツダの新時代を切り開く「ラージ商品郡」第一弾といったところだと思います。

マツダ・ロードスター・ブラウントップはこんなクルマ

そしてこちらは2023年7月までの期間限定受注となる特別仕様車「ロードスター・ブラウントップ(ROADSTER BROWNTOP)」。※マニュアル・トランスミッション仕様で3,257,100円〜

ボディカラーはCX-60の展示車と同じプラチナクォーツメタリックで、しかしブラウンの幌(ソフトトップ)との組み合わせのせいか、ややゴールドっぽく見えます。

L1510821

メタリックの粒子が細かく、他のボディカラーではなかなか気づかないような微妙なディティールに気付かされますね。

L1510828

ドアからリアフェンダーにかけてはこんなラインが潜んでいます。

L1520002

ボディカラー、そして光の当たり方次第で繊細な印象の移ろいが感じられるのはマツダ車ならではかもしれませんね。

L1520065

ホイールもまた深みのある輝きを放つ高輝度塗装。

L1510830

こちらがオシャレなブラウンのトップ。

L1520007

ドアインナーパネルの上部は(ほかのロードスターと同じく)ボディカラー同色。

この部分が車体外板と同じ色になっていると、ちょっと気分がアガるんじゃないかと思います。

L1520025

そしてシートはトップにあわせた「テラコッタ」。

L1520053

ドアインナーパネルのステッチもブラウン。

L1520027

シートセンターにはクロスステッチ。

L1520037

ステアリングホイールを(購入後に)テラコッタに張り替えたりすると、さらに特別感が増すかもしれませんね。

L1520051

MAZDA CX-60 XD Exclusive Mode、MAZDA Roadster 特別仕様車 Brown Topを見てきた際の動画はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マツダ(MAZDA), ■近況について
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5