ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

アストンマーティンがそのハイパーカー「ヴァルキリー」の市販車第一号の生産が完了したと発表!製造にかかるのは一台2000時間、その後はサーキットで走行テスト

投稿日:2021/11/05 更新日:

アストンマーティンがそのハイパーカー「ヴァルキリー」の市販車第一号の生産が完了したと発表!製造にかかるのは一台2000時間、その後はサーキットで走行テスト

| 一時はその運転があまりに「困難」なため開発が難航したと伝えられていたが |

これから出てくるであろう納車や走行レビューには期待

さて、アストンマーティンが公式に「量産車第一号を完成させた」と発表。

この第一号車はまもなく顧客のもとへと納車されるそうですが、アストンマーティンCEO、トビアス・メアース氏は「史上初のハイパーカーを完成させたことは、私たちにとって非常に誇り高い瞬間です。アストンマーティン・ヴァルキリーのプログラムは、それに携わった全員が限界まで試されてきましたが、夢へのコミットメントによって、公道用のF1カーという、本当に信じられないような車ができあがりました」とコメントしています。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-10

なお、トビアス・メアースCEOはメルセデスAMGのCEOから同社へと移っていますが、メルセデスAMGではF1直系のエンジンを積むハイパーカー「AMG One」を開発しており、そしてアストンマーティンでは「NAエンジン史上、最高出力を持つ」アストンマーティン・ヴァルキリーを完成させ発売することになったという「自動車史上、なかなかない」体験をした人物となったわけですね。

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エン ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリーの完成には2000時間を要する

それはさておき、150台限定のうちの最初の1台であるヴァルキリーの完成には、1台あたり2,000時間以上が費やされたといい、すべての作業は、英国ゲイドンのアストンマーティン本社にあるヴァルキリー専用の製造エリアで、専門チームが製造から納車までを管理しながら完成させます。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-4

トビアス・メアースCEOはさらに「我々は、ヴァルキリーを生産段階に持っていくためにたゆまぬ努力を続けてきた、高度な技術を持った大勢のエンジニアと技術者の地道な献身から生まれました。彼らが成し遂げたことはきっと、お客様にも喜んでいただけると思います」と述べており、この歴史的瞬間を楽しんでいるもよう。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-13

完成したヴァルキリー各車が納車される前には、開発の多くが行われたシルバーストンにて、サーキットでの走行テストが行われるそうですが、納車された後にサーキットを走るオーナーは非常に少ないと思われるため、このテストはそれぞれのヴァルキリーにとって「ハードにドライブされる最初で最後の機会」となるのかもしれません。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-3

ヴァルキリーは、F1技術を応用した1,139馬力(1,155PS/850kW)を発生するコスワース製のV12ハイブリッドパワートレインを搭載していますが、アストンマーティンとレッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイとのコラボレーションによって生まれたもの。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-7

アストンマーティンはヴァルキリーによって「同社史上はじめて」ミドシップカーを発売することになり、この後にも「ヴァルハラ」「新型ヴァンキッシュ」がミドシップモデルとして続くきますが、フェラーリやランボルギーニ、そしてマクラーレンにとっても大きな脅威となりそうです。

ただ、アストンマーティンが新体制となったことでレッドブルとの関係を継続することが難しくなってしまい、よってこのヴァルキリーは「思わぬところで(オンリーワンのレッドブルとの共同開発モデルとなったことで)その価値を高めた」とも考えられます。

世界に一台、幻のミドシップ・アストンマーティン「ブルドッグ」!現在のオーナーがレストアを行い、速度記録に挑戦すると発表

| 当時アストンマーティンは322km/hを目指したが、307km/hまでしか届かなかった |この記事のもくじ| 当時アストンマーティンは322km/hを目指したが、307km/hまでしか届かなかった ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリーの細部はこうなっている

なお、今回アストンマーティンはヴァルキリーの細部が分かる画像を公開しており、こういった画像が大好きなぼくにとって興味深いものをいくつか紹介。

まずは「ヘッドライト」ですが、これは非常に軽量だと言われていますね。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-6

オイルフィラーキャップはアルミ削り出し、そしてサイドにはナーリング加工。

アストンマーティンらしく美しさと機能性を兼ね備えているように思うものの、「エンブレムの重量にまでこだわった」アストンマーティンにしては「重いパーツなんじゃないか」と思ったり。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-9

アストンマーティン・ヴァルキリーのエンブレム流出!厚さ40ミクロン、重量0.4グラム。「ステッカーはふさわしくない」という理由で超高級腕時計と同じ精度で製作される

| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 |この記事のもくじ| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 |ヴァルキリーに「ステッカーはふさわしくない」「チタン製」エンブレムというオプションも ...

続きを見る

こちらはカーボンセラミックディスク。

とんでもない厚さを持っており、ベンチレーションホールは「2列」。

なお、ブレーキキャリパーは重心を下げるためか「下側」に向けて取り付けられるという珍しい仕様です(シルバーのキャリパーはパーキングブレーキ用と思われる)。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-11

カウルの下にはとにかく「みっちり」パーツが詰まっているようですね。

2022-Aston-Martin-Valkyrie-8

合わせて読みたい、アストンマーティン・ヴァルキリー関連投稿

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開
【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている |この記事のもくじ| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている |アストンマーティン・ヴァルキリーはこんなクルマアストンマーテ ...

続きを見る

【動画】これが世界最大のアストンマーティンディーラー!「ヴァルキリーオーナーの25%がスペアエンジンをオーダー」「エンジン1基2200万円」など驚愕の事実が明らかに

| 標準仕様のヴァルキリーでもF1マシンに比較し95%の速さ、そしてサーキット走行専用モデルではF1よりも速い |この記事のもくじ| 標準仕様のヴァルキリーでもF1マシンに比較し95%の速さ、そしてサ ...

続きを見る

参照:AstonMartin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5