ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンのデザイナーが「スピードテール」のおすすめ内外装を公開。完売につきもう手に入らないけどその内容を見てみよう

投稿日:2019/01/03 更新日:

見た目が未来的なだけに、使用する素材やカラーも未来的な方が似合いそう 

マクラーレンは106台限定にて「マクラーレン史上最速」を誇るハイパーカー”スピードテール”を発表していますが、今回マクラーレンのデザインチームによる内外装の”おすすめ”パターンが3つ公開。

なお、スピードテールはオーナーの要望に合わせて内外装を自由に選べるとされているものの、中には仕様の決定に迷うオーナーさんもいると思われ、そのために「参考」としてデザイナーオススメの基本パターンを示しているのかもしれませんね。

まずは「Dynamic(上の画像)」が紹介されており、ボディカラーは「レッド」。
ホイールはグロスブラックを採用しておりコントラストが強く、スポーク部は切削加工のシルバーという仕様。

mclaren-speedtail3-bloodline-concept

「ダイナミック」のインテリアも非常に鮮やかな仕様を持ち、ドライバーズシートはレッド、パセンジャーシートはホワイトのフルアニリンレザー。
メーター周りもレッドで、トリムはホワイトの積層カーボンだと紹介されています。

そのほか、個性の異なるスピードテールを見てみよう

ふたつめの”おすすめ内外装”は「Urbane(アーバン)」で、これは洗練されたイメージを求める顧客向け。
ヴィジブル・カーボンを多用し、グロスフィニッシュを用いた上でブルーアルマイトのトリムを採用して無機質かつ先進的なイメージを演出。
そのほかは薄いカーボン層を積層したエンブレムが採用されている、と公開されています。

mclaren-speedtail5-stratosphere-concept

なお、マクラーレンはスピードテール向けにその「こだわりの」エンブレムを紹介しており、これを選ぶ人も多そうですね。

このUrbaneの内装は外観以上に洗練されていて、ドライバーズシート/助手席ともにメインカラーはネイビーブルー、アクセントはライトグレー。
インテリアに使用されるステッチにはライトブルーが使用され、トリムには外装同様のアルマイトブルーが用いられている、とのこと。

mclaren-speedtail-astral-concept

そして最後のおすすめエディションは「Visionary」と銘打たれ、外装はマクラーレンらしいオレンジ。
画像ではわかりにくいものの、シルバーのピンストライプが入り、カーボンむき出しのトリム、18金を使用したバッジが与えられるなど「素材」「高級感」を前面に押し出した仕様のようですね。

mclaren-speedtail2-astral-concept

インテリアについてはドライバーズシートがホワイトのヌバックレザー、助手席がグレーとなり、みるからに「エレガント」。

スピードテールはセナやP1のようにサーキットを走行することを前提としていない「グランドツーリング(GT)カー」なので、こういった優雅なカラーリングの方が似合うのかもしれませんね。

mclaren-speedtail6-stratosphere-concept

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5