ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

発表は今夜7時!メルセデス・ベンツが電気自動車のフラッグシップ、「EQS SUV」の最終ティーザー画像/動画を公開

投稿日:

発表は今夜7時!メルセデス・ベンツが電気自動車のフラッグシップ、「EQS SUV」の最終ティーザー画像/動画を公開

| 3列シートを備えるテスラ・モデルYのライバル |

EQSセダンと多くを共有し、しかし室内はより広く、快適に

さて、メルセデス・ベンツのEVランナップにおける最上位モデル「EQSセダン」のSUV版、EQS SUVの(おそらく最終の)ティーザー画像とティーザー動画が公開。

実車の発表は4月19日、中央ヨーロッパでの12時発表となるので日本時間だと19時公開ということに。

今回公開された動画や画像を見ると、水面に写り込んだ全体像、そしてヘッドライトや(電球へのオマージュとしてコイルを内蔵した)テールランプ、グリル、ホイール、フロントバンパーなどを確認でき、その雰囲気がこれまでのEQシリーズを踏襲していることもわかりますね。

使用するプラットフォームはEQSセダン同様

この新型メルセデス・ベンツEQS SUVと同じプラットフォームを使用しており、文字通りEQSの「ハイライダーバージョン」ということになりますが、EQSそのものはEQAやEQBとは異なり、EVとしてイチから設計されたクルマであり、そのためEV化による恩恵をフルに活用したモデルです。

最も大きなメリットとしてはエンジンやトランスミッション、排気系を積むことを考えない設計が可能となり、そのためにインテリア容積を広く取れるとようになったことかと思われますが、EQS SUVでは、EQSセダンでは選べない「3列目シート」を(オプションで)装備することができ、これは「さらなるアドバンテージ」ということになるのかも。

現時点で新型メルセデスEQS SUVの詳細については多くが公開されておらず、しかしメルセデス・ベンツによると一回の満充電あたり600kmの走行が可能だといい、しかしEQS セダンがWLTPサイクルで770kmだとされることを考慮すると、(バッテリーサイズが同一だとして)そのぶん空気抵抗や増加した車重が170kmを削っているということにもなりそうです。

なお、EQS SUVのパワートレインについても現時点では不明ではありますが、EQSセダンと同様であるならば、329馬力のシングルモーター(450+)、516馬力のデュアルモーター(580 4マチック)、AMGバージョンの751馬力が用意されるものと思われ、しかしその性格を考えると「2WD」がラインアップされない可能性も考えられます。※EQSセダンの770kmはシングルモーターバージョンなので、EQS SUVにこれがないとなると「600km」にも納得できる

メルセデス・ベンツEQS SUVのインテリアもEQS セダン同様

そしてこれまでのスパイフォト等を見るに、新型メルセデス・ベンツEQS SUVのインテリアもEQSセダン同様だと考えてよく、つまりデジタルメーター、17.7インチサイズのタッチスクリーンと12.3インチの助手席側スクリーンによって構成されるインフォテイメントシステムを持つ、ということになりそうです。

このEQS SUVについて、生産はアメリカのアラバマ州タスカルーサ工場によって行われ、2023年から発売が開始される、とのこと。

メルセデス・ベンツによる新型EQS SUVのティーザー画像/動画はこちら

参照:Mercedes-Benz

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5