ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデス・ベンツのグリルは1900年からどう変わったのか?ターニングポイントとなった各世代のグリル、そして未来のグリルを考察する

投稿日:

メルセデス・ベンツのグリルは1900年からどう変わったのか?ターニングポイントとなった各世代のグリル、そして未来のグリルを考察する

| メルセデス・ベンツは「グリル」というよりはスリーポインテッドスターのほうの印象が強い |

これからはサブブランドごとに特色のあるグリルを採用するようだ

さて、自動車のフロントグリルというのは、そのクルマが「何者であるか」を示すのに非常に重要な役割を担いますが、その重要性はBMWのキドニーグリル、アウディのシングルフレームグリルをみても分かる通り。

ただ、同じジャーマンスリーにおいてメルセデス・ベンツの場合は「立派なフロントグリルを持つ」という認識こそあれど、そのグリル形状についてはそこまで(デザイン的な)認知度は高くなく、むしろそのエンブレム「スリーポインテッドスター」のほうがグリル形状よりも有名なくらい。

しかし今回、メルセデス・ベンツはそのグリルの歴史とともに新しいグリルデザインを紹介するコンテンツをリリースし、これからの時代へと向かうことをアピールしています。

なお、同社は以前に「高級化路線に向かうこと」、そして「メルセデス・ベンツ」「EQS」「マイバッハ」「Gクラス」「AMG」といったブランド分けに従い、グリルデザインもそれぞれ分化させることを発表済みですね。

Mercedes-Benz-Range

メルセデス・ベンツは「超高級ブランド」へと移行する!超限定ブランド「ミトス」の設定、さらにGクラスのサブブランド化、エントリークラスの削減を発表
メルセデス・ベンツは「超高級ブランド」へと移行する!超限定ブランド「ミトス」の設定、さらにGクラスのサブブランド化、エントリークラスの削減を発表

| メルセデス・ベンツは大きく方向性を転換し、エントリークラスに見切りをつけてさらなる「高み」へ |この記事のもくじ| メルセデス・ベンツは大きく方向性を転換し、エントリークラスに見切りをつけてさらな ...

続きを見る

メルセデス・ベンツのグリルはこういった歴史をたどっている

そこでメルセデス・ベンツはその歴史上「ターニングポイント」となったモデルのフロントグリルを紹介しており、まずこちらはその起源でもある、1900年にヴィルヘルム・マイバッハが発明したハニカムラジエターを装着したメルセデス35PS。

もちろんこのハニカムラジエターはエンジンの冷却のために考案されています。

-09-06 19.54.10


そして1931年にはメルセデス・ベンツ170が登場がしますが、このモデルにてはじめてラジエーターが保護用グリルの後ろに搭載された、とのこと。

つまりそれまではラジエターがむき出しだったものの、このモデルにてようやくカバーが付けられることになり、それが「フロントグリル」の起源ということになります。

そしてこのフロントグリルは装飾としての役割も果たし、スリーポインテッドスターエンブレムと一体化するという現代に至るまでの原型が成立することに。

1931-mercedes-benz-170-w15

そして1950年にメルセデス・ベンツ300SLガルウイング、190SLロードスターを誕生させ、「スポーツカー・フェイス」と呼ばれる新しいデザインを確立させることになりますが、この水平方向のバーはその後のメルセデス・ベンツにも採用されることに。

1954-mercedes-benz-300-sl

そして2007年になると、メルセデス・ベンツは「クラシック(クラシック&エレガンス)」と「スポーティ(アバンギャルド)」という二種類のグリルを採用し、同一モデルの中でもグレードによってグリルのデザインを分ける、という手法を採用します。

2007-c-klasse-classic

その後は現代にもつながるグリルが登場

2008年には力強い横方向のバーを持つグリルがGクラスに採用。

これは形状を変え、SUVシリーズへと転用されていますね。

2008-g-klasse

2012年にはダイヤモンドグリル。

2012-a-klasse

2016年にはハイパフォーマンスモデル用としてパナメリカーナ・グリルが登場します。

amg-gt-r-2016-studio-exterior-amg-green-hell-magno

そしてエレクトリックシリーズ、EQには全閉グリル。

このグリルの奥には各種センサーが仕込まれており、ラジエターグリルが登場したときの「その奥にあるラジエターを守る」という役割から、現代においては「奥にあるセンサーを守る」という役割に転じていることがわかります。

mercedes-amg-eqs-53-4matic

そしてこちらはグリルの変遷。

mercedes-benz-evolution-of-brand-defining-radiator-grille-designs-from-1900-to-2016.

ちなみにEQシリーズは現在「バラバラ」ですが、そのうちなんらかの統一デザインが出来上がるかもしれませんね。

mercedes-benz-evolution-of-brand-defining-radiator-grille-designs-since-2021.

合わせて読みたい、メルセデス・ベンツ関連投稿

メルセデス・ベンツが自らマイバッハを超カスタム!内装にはシャネルっぽいブークレにフェイクファー、クルマの概念を超えた「マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト」を発表
メルセデス・ベンツが自らマイバッハを超カスタム!内装にはシャネルっぽいブークレにフェイクファー、クルマの概念を超えた「マイバッハ・オート・ヴォワチュール・コンセプト」を発表

| メルセデス・ベンツは今後「オートヴォワチュール」を究極のパーソナリゼーションブランドとして活用? |この記事のもくじ| メルセデス・ベンツは今後「オートヴォワチュール」を究極のパーソナリゼーション ...

続きを見る

メルセデスAMGから「どこからどう見てもAMG」なアクティブスピーカーが発表!フロントには巨大なパナメリカーナグリル、リアにはディフューザーも
メルセデスAMGから「どこからどう見てもAMG」なアクティブスピーカーが発表!フロントには巨大なパナメリカーナグリル、リアにはディフューザーも

| 外装はフルカーボン、エキゾーストパイプは本物のAMG GTから |この記事のもくじ| 外装はフルカーボン、エキゾーストパイプは本物のAMG GTから |AMGファンであれば、これはぜひ欲しい逸品だ ...

続きを見る

メルセデス・ベンツCクラス ロング
メルセデス・ベンツが中国向けにCクラス「ロング」を発表。89ミリ延長され、後席の防音性能も高める。クラシックグリルに立体ベンツマークも装備、しかしエンジンは1.5リッター

| 中国や東南アジアには、嗜好や税金の問題にて、理解し難いモデルが存在するようだ |この記事のもくじ| 中国や東南アジアには、嗜好や税金の問題にて、理解し難いモデルが存在するようだ |「ロングホイール ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5