ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションを見てきた!セダンなのにリアウイングは角度調整式、ここまで過激な装備を持っているとは【動画】

投稿日:

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディション

| 最近のメルセデスAMGの市販車はチューナーによるカスタムカーよりももっと過激 |

さらに近年ではコレクター向けの限定モデルが急増中

さて、メルセデスミー大阪にて、メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディション(Mercedes-AMG GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition)を見てきたので簡単に紹介したいと思います。

これは昨年10月に発表された限定モデルで、エクステリアはアルペングレー、そしてそこにグラデーションにレッドのアクセントが入るという仕様が与えられた特別な一台となっています。

L1510783

まるで改造車並みのド迫力!メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス F1エディション発表、ボディカラーは「グラデーション」にレッドアクセント
まるで改造車並みのド迫力!メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス F1エディション発表、ボディカラーは「グラデーション」にレッドアクセント

| なぜかはわからないがメルセデスF1チームの「グリーン」は使用されていない |この記事のもくじ| なぜかはわからないがメルセデスF1チームの「グリーン」は使用されていない |現時点では価格や限定台数 ...

続きを見る

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションはこんな仕様を持っている

そこでこのメルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションを見てみたいと思いますが、特別装備としてはかなり「盛りだくさん」となっており、メルセデス・ベンツによれば「F1 Edition専用デカール、AMGエアロダイナミックパッケージ(アジャスタブルリアウイングスポイラー付き)、マットブラックペイント21インチAMG5ツインスポークアルミホイール (鍛造 / レッドリムフリンジ付き)、F1 Edition専用AMGカーボンファイバーインテリアトリム、AMGパフォーマンスステアリング (ナッパレザー/DINAMICA)(レッドステッチ入)、専用フロアマット (F1ロゴ入り)、イルミネーテッドステップカバー (レッドアクセント)、AMGパフォーマンスシート、レッドシートベルト、ガラススライディングルーフ」といったところ。

L1510776

ちなみにフロントのスリーポインテッドスターはかなり巨大(センサー類が内蔵されている)。

グリルはもちろん縦スラットの「パナメリカーナ・グリル」ですね。

L1510690

そしてフロントバンパー両サイドのエアインテークは下に向かってブラックへと変化する「グラデーション」。

L1510696

エッジにはレッドのアクセント。

L1510699

ホイールはここ最近メルセデスAMGが力を入れている「エアロ形状」。

このエアロホイールについては様々なデザインがありますが、いずれも空力特性のみならず放熱性も考慮した作りをもっているように見受けられます。

L1510706

ブレーキキャリパーは「カッパー」、ディスクは見たところカーボンセラミック。

L1510723

サイドアンダーも下に向かってブラックへとフェードしてゆきますが・・・。

L1510727

スラッシュと「AMG」文字が隠されています。

L1510726

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションは4ドアだとは思えないほどのワイルドさ

リアディフューザーはかなり大きく、縦方向のフィンを強調したデザイン。

L1510761

ディフューザーサイドアンダーには小さなウイングレットがあり、エッジのハイライトのおかげでその形状がよくわかります。

L1510763

このメルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションはPHEVなので充電ポートを持っており、右リアの一箇所のみから充電を行います(欧米では前方駐車が標準なので、日本だとこの位置ではケーブルが届かず充電が難しい場合があるかもしれない)。

L1510768

そしてなんとリアウイングは「角度調整式」。

L1510739

「AMG」「スリーポインテッドスター」はブラッククローム仕様。

L1510749

「GT 63 S」レターにはレッドのアクセントが入ります。

メルセデスAMGでは、最近この「2色バッジ」を用いるケースが多いもよう。

L1510750

こうやって見るとかなり長いボディサイズを持つことがわかります(全長は5,050ミリ)。

L1510776

メカニズム面では標準仕様のC63 S Eパフォーマンスからの変更はなく、ターボチャージャー付き2.0リッター4気筒ガソリンエンジンとリアマウントのエレクトリックモーターから、最高出力680馬力、最大トルク1,020Nmを発生させ、9速オートマチックギアボックスを介して4輪を駆動(4Matic+システム)。

メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス F1エディションを見てきた際の動画はこちら

合わせて読みたい、メルセデスAMG関連投稿

メルセデス・ベンツが「AMG GT2」発表!プロ向けのGT3、プロを目指すGT4とは異なり、ジェントルマンドライバーに向けたサーキットウェポン
メルセデス・ベンツが「AMG GT2」発表!プロ向けのGT3、プロを目指すGT4とは異なり、ジェントルマンドライバーに向けたサーキットウェポン

| それでも参戦コストはGT3、GT4に比較しても安くはない |この記事のもくじ| それでも参戦コストはGT3、GT4に比較しても安くはない |ベースはメルセデスAMG GTブラックシリーズ、その速さ ...

続きを見る

EクラスもこれでV8とはお別れなのか・・・。日本市場向けにメルセデスAMG E63 S 4MATIC+ファイナル・エディションが50台のみ、2447万円にて販売開始
EクラスもこれでV8とはお別れなのか・・・。日本市場向けにメルセデスAMG E63 S 4MATIC+ファイナル・エディションが50台のみ、2447万円にて販売開始

| 大排気量、マルチシリンダーを誇ったAMGもひとつの転換期を迎えようとしている |この記事のもくじ| 大排気量、マルチシリンダーを誇ったAMGもひとつの転換期を迎えようとしている |今後、メルセデス ...

続きを見る

メルセデス・ベンツはF1タイトル獲得を想定していた?今になってF1マシンっぽい「AMG SL63 モータースポーツ コレクターズ エディション」が100台限定にて販売開始
メルセデス・ベンツはF1タイトル獲得を想定していた?今になってF1マシンっぽい「AMG SL63 モータースポーツ コレクターズ エディション」が100台限定にて販売開始

| ただしそのカラーリングはAMG Oneにあわせたのか、W13よりはW12に近いという印象 |この記事のもくじ| ただしそのカラーリングはAMG Oneにあわせたのか、W13よりはW12に近いという ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5