ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

1960年代の330GTCにインスパイアされたカスタム仕様のフェラーリ・ローマ!ボディカラーはダークブロンズ、内装はホワイトにブラックのエレガント仕様

投稿日:

1960年代の330GTCにインスパイアされたカスタム仕様のフェラーリ・ローマ!ボディカラーはダークブロンズ、内装はホワイトにブラックのエレガント仕様

| ローマは現代のフェラーリに採用される特徴的なカラーより、ちょっと前のヘリテージカラーがよく似合う |

当時の330GTCの持つディティールをイマ風に解釈

フェラーリが自社のパーソナリゼーションプログラム「テーラーメイド」にてカスタムしたローマを公開。

インスピレーション元は1960年代の330GTCだといい、ボディカラーは「ダークアンバー」、そして当時のデザインを現代風に再解釈した仕様を持つと紹介されています。

なお、ローマは現在のフェラーリのラインアップにおいては「最も優雅でクラシカル」なデザインを持つと認識していますが、それもそのはずで、ローマそのもののテーマが「1960年代のエレガントな(都市としての)ローマ」であり、それまでのフェラーリにはなかったコンセプトを持っています。

それだけに「現代のフェラーリ」に採用される特徴的かつ鮮やかなボディカラーよりも、1960年代近辺に採用されていたヘリテージカラーのほうが似合うようにも思います(正直、ローマを購入するとなるとボディカラーの選択には相当悩む)。

フェラーリ「ローマはいうなればイブニングドレスを着たF1マシン。そのルックスによって高級SUVやセダンのオーナーを取り込みたい」

| フェラーリはライフスタイル系モデル=GTラインナップの販売を増やしたい |この記事のもくじ| フェラーリはライフスタイル系モデル=GTラインナップの販売を増やしたい |フェラーリ・ローマは「イブニ ...

続きを見る

このフェラーリ・ローマのインテリアもエレガントだった

そしてこのローマのインテリアを見てみると、アッパー部分はブラック、ロワー部分はホワイトという珍しい仕様。

シートのセンター部分には「編込み」レザーが使用されているようで、いっそうエレガントな雰囲気を盛り上げています。

Ferrari-Roma (4)

「ブラックとホワイト」というと、ついついコントラストが強くなってしまいがちですが、その間にボディカラーとトーンがマッチしたアンバーカラーの素材(アルカンターラっぽい)を挟み込むことで表情を和らげているようにも。

ステアリングホイールやセンターコンソールにはカーボンファイバーが用いられ、現代的な雰囲気を演出しています。

Ferrari-Roma (3)

ヘッドレストの跳ね馬刺繍はアンバー、そしてシートのステッチは表皮と同じホワイト(ステッチをレザー同色とするかコントラストとするかによって大きくそのイメージが変わる)。

Ferrari-Roma (2)

フェラーリ330GTCとは?

フェラーリ330GTCは1966年のジュネーブにてデビューを飾っており、ポジション的には275GTBベルリネッタと330 2+2との中間という位置づけで、ボディのデザインはピニンファリーナ、そして搭載されるエンジンは4リッターV12(300馬力)で、1968年末にかけて600台が生産されています。

デザイン的には前半分が500スーパーファスト、テールは275GTB(初期型)に近く、しかしピラーが細いことが特徴であり、これはのちの365GTBに引き継がれるなど独自のデザインもちゃんと持っています(現代に至るまで、フェラーリはピラー、そしてルーフがかなり細く、薄く作られているように思う)。

1

なお、この330GTCは、トランクリッドに「330」というモデル名を表すバッジが装着されていて、これは当時のフェラーリでは非常に珍しいことなのだそう(よって、当時の”モデル名バッジがない”フェラーリを区別することはかなり難しい)。

ちなみにですが、この330GTCについては「スペシャルボディ」が4台作られており、その中でも有名なのがベルギーのレティ公爵夫人に納入された個体(レティ公爵夫人は、それまでにも2台のスペシャルフェラーリをオーダーしているカーマニアで、夫であるレオポルド3世も複数のワンオフフェラーリを所有していた)であり、2台めはテキサス州、3台目と4台目はイタリアへと納車されたと言われます。

参考までに、これらとは別に、ゴールドのボディカラーを身にまとう330GTCが存在することもよく知られており、今回のローマ当時の「ゴールド」を現代風に解釈したのかもしれませんね。

合わせて読みたい、フェラーリ・ローマ関連投稿

フェラーリがイタリアの古代ルカニアをイメージしたインテリアカラー(新色)を公開!タンレザーよりもちょっと落ち着いた色味を持つようにも
フェラーリがイタリアの古代ルカニアをイメージしたインテリアカラー(新色)を公開!タンレザーよりもちょっと落ち着いた色味を持つようにも

| フェラーリは相次ぎイタリアの伝統的なカラーをイメージした内装色を公開 |この記事のもくじ| フェラーリは相次ぎイタリアの伝統的なカラーをイメージした内装色を公開 |ライバルに乏しい「伝統」を押し出 ...

続きを見る

ボディカラーはヴィンテージローズ!内外装がエレガントすぎるカスタム仕様のフェラーリ・ローマが公開。なおオレンジをちょっとだけ使って現代的に
ボディカラーはヴィンテージローズ!内外装がエレガントすぎるカスタム仕様のフェラーリ・ローマが公開。なおオレンジをちょっとだけ使って現代的に

| やはりローマのカスタムでは”優雅な”仕様を選択するオーナーが多いようだ |この記事のもくじ| やはりローマのカスタムでは”優雅な”仕様を選択するオーナーが多いようだ |やはりフェラーリのカスタムポ ...

続きを見る

フェラーリ・ローマの試乗イベント
評判抜群のフェラーリ ローマに試乗!ボクにとっては非の打ちどころがない、これまでに運転したフェラーリの中では1、2を争う楽しいクルマ

| フェラーリ・ローマは単なるクルマとどまらず、ライフスタイルそのものである |この記事のもくじ| フェラーリ・ローマは単なるクルマとどまらず、ライフスタイルそのものである |フェラーリ・ローマは内外 ...

続きを見る

参照:Ferrari(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5