ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニと山本耀司とがコラボ発表!アンチメジャーな両者だけに相性の良い組み合わせ?

投稿日:2020/10/01 更新日:

ランボルギーニが突如ヨウジ・ヤマモト(山本耀司 / Yohji Yamamoto)とのコラボレーションを発表。

「10月下旬になにかを発表」ということだけがアナウンスされており、公開されたのは「Yohji Yamamoto」のロゴと重ね合わせられたランボルギーニ・エンブレム、そして「ロマンスグレー」などの日本語が記された一枚のアート作品のみ。

アートカーが発表されるのか、それともアパレルコレクションが登場するのかはわかりませんが、期待とともに10月下旬まで待ちたいところです。

なお、こちらが今回公開されたアート作品。

「百発百中」「文明開化「カカ大笑」「ろまんすぐれー」といった文字が見えますね。

569526

ランボルギーニはこれまでにも様々なブランドやアーティストとコラボ

なランボルギーニは積極的にコラボレーションを行うことでも知られており、これまでにも世界中のブランドやアーティストとのコラボレーションにてアートカーやアパレル等を展開。

バッグだとプリンチペやテクノモンスター、ピクアドロとのコラボが報じられ、グローブだとメローラやジゼル・レネ、スニーカーだとミズノとのコラボといった例も。

最近だとシュプリームとのコラボレーションが大きく報じられていますね。

ヨウジ・ヤマモトとランボルギーニとは相性が良い?

そして一方のヨウジ・ヤマモトもコラボレーションが多いブランドであり、かつては「ダーバン」とコラボしてスーツブランドの「A.A.R(アール)」、短期間ですが(たぶん三陽商会だったと思う)アンペアメアブル、現在だとアディダスとのジョイントにて「Y-3」も展開中。

加えてアパレル以外との協業も多く、最近だとウブロとのコラボも展開していますね。

ちなみにデザイナーとして、そして人としての山本耀司はいささか天の邪鬼なところ、そしてアンチメジャーなところがあり、かつて「男は、ちょっとだらしないくらいでちょうどいい」と語ったことも。

これはキメキメの欧州ファッション、隙のないスーツ姿に対するアンチテーゼとも受け取ることができますが、けっこうこの言葉に衝撃を受けたことも思い出されます。

852aa69d13afd489f863e174fc59dbf5

ランボルギーニもまたフェラーリに対抗するという「反骨精神」によって誕生した(と言われている)ブランドであり、その意味ではランボルギーニとヨウジ・ヤマモトとのコラボレーションはけっこう相性がいいのかもしれませんね。

ちなみに、こういったコラボレーションについては、それによる製品の販売による利益獲得や既存オーナー向けサービスという側面よりも、(コラボレーションによって、これまでランボルギーニと接点がなかった)コラボレーション先のブランドが持つ顧客の目をランボルギーニに向けさせ、そしてランボルギーニとのコンタクトポイントをつくり、ブランドへの帰属意識を持たせたり、将来的に顧客化するというプロモーション的側面が強いのだろう、と考えています。

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->ランボルギーニ
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5