ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】衝撃!ランボルギーニが「21世紀版、新型カウンタック」をまもなく発表!しかもハイブリッドとなって復活するようだ

投稿日:

衝撃!ランボルギーニが「21世紀版カウンタック」をまもなく発表!しかもハイブリッドとなって復活するようだ

| ただし112台限定、価格は3億3000万円と言われている |

実際に発表されるまでは、それが「カウンタック」と認められるかどうかはわからない

さて、ランボルギーニが公式に「カウンタック」を蘇らせると発表。

今回、ヴェールに包まれたティーザー画像、そしてティーザー動画が公開されていますが、発表はモンタレー・カーウィークにて行われることになり、価格は250万ユーロ(約3億3000万円)程度、そして限定台数は112台だと言われます。

なお、このモデルは「カウンタックLPI800-4」と命名され、「I」はアステリオンLPI900-4に用いられたものと同じ記号であり、ハイブリッドシステムを指すことになりそうですね。

現在わかっていることは非常に少ない

現時点でこのカウンタックLPI800-4についてわかっていることは非常に少なく、しかし広く「シアンFKP37」をベースにすると言われており、しかしティーザー画像から判断できるシルエットだと、そのスタイリングはシアンから大きく変更されることになりそうです。

ランボルギーニは「今年がカウンタック発表の50周年記念」に該当することから広くプロモーションを行っており、これまでに公開されなかったようなカウンタックのストーリー、そしてカウンタックの開発に関わった重要人物のインタビュー等をシリーズ化して公開中。

そしてモンタレー・カーウィーク開催直前にそのピークを迎え、そこで「カウンタックLPI80-4」を発表するものと思われます。

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年!過去を振り返る4本の動画を公開すると発表し、1本目はデザイナーのマルチェロ・ガンディーニ

| 「キング・オブ・スーパーカー」の歴史は1971年、3月11日にはじまった |この記事のもくじ| 「キング・オブ・スーパーカー」の歴史は1971年、3月11日にはじまった |カウンタックの歴史に携わ ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアンFLP37にはもともと「カウンタックの要素」が入っている

なお、シアンFKP37そのものにもカウンタックの要素が取り入れられており、フロントだとフード上の台形プラスライン、ルーフにも同じく台形のくぼみ、さらにはテールランプもカウンタックを意識した、と紹介されていますね(リアフェンダーのアーチ形状についてはもはや説明する必要がない)。

c7e65113-lamborghini-sian-13

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

ただしちょっとした疑問も

なお、このカウンタックLPI800-4についてはいくつかの疑問もあり、まずはその名称から推測するに「800馬力」ということ。

ベースとなるであろうシアンは819馬力を発生するため、「800馬力」というのは出力が抑えられるということを意味します。

3

V12ガソリンエンジンのみで過去最高の「800馬力」を発生するのではという見方もできますが、「I」が入っている以上はハイブリッドシステム含んでのトータル出力だと考えてよく、ここは発表を待たねばならないところ。

そして今回「カウンタック」という名前を復活させることについても「思い切ったな」とい印象があり、というのもランボルギーニは「その名称はそのモデル一代きり」という伝統を持ち、同じモデル名を後継モデル、他モデルに引き継がないため(アヴェンタドール・ミウラ”オマージュ”のような例はあるが)。

2

さらに、実際に発表されて「なんかカウンタックと違う・・・」ということになれば評判を下げることにもなりかねず、そういったリスクを踏んでの「カウンタック」というビッグネームの採用がかなり意外だと感じています。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4のティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ。なお、ついに公式にて「カウンタック」の名の由来が語られる

| ボクは今までパオロ・スタンツァーニ説を信じていたが |この記事のもくじ| ボクは今までパオロ・スタンツァーニ説を信じていたが |ランボルギーニ・カウンタックは現在にまで通じる画期的なデザインや構造 ...

続きを見る

もしランボルギーニ・カウンタックが今蘇ったら?「カウンタック50」がCGで再現され、過去と現在、未来の橋渡しを表現
もしランボルギーニ・カウンタックが今蘇ったら?「カウンタック50」がCGで再現され、過去と現在、未来の橋渡しを表現

| ランボルギーニ・カウンタックのデザインは自動車史上「もっとも影響力が強い」とボクは考えている |この記事のもくじ| ランボルギーニ・カウンタックのデザインは自動車史上「もっとも影響力が強い」とボク ...

続きを見る

まるでSF映画に登場するクルマ!1978年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた
まるでSF映画に登場するクルマ!1987年にランボルギーニは「カーボンシャシー、4WD」のカウンタック・エボルツィオーネを製造していた

設計はパガーニ創業者、オラチオ・パガーニこの記事のもくじ設計はパガーニ創業者、オラチオ・パガーニこのクルマが市販されていたら、スーパーカーの勢力図は今とは違ったものとなっていただろうオラチオ・パガーニ ...

続きを見る

参照:Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5