ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

【動画】ドイツのコレクターにランボルギーニ・カウンタックLPI800-4第一号が納車!ホワイトの外装にブラック/オレンジのインテリア

投稿日:

【動画】ドイツのコレクターにランボルギーニ・カウンタックLPI800-4第一号が納車!ホワイトの外装にブラック/オレンジのインテリア

| 今後、ネット上では色とりどりのランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の姿を見ることができそうだ |

やはり発表時のイメージカラー、そしてフェルッチョ・ランボルギーニの愛した「ホワイト」が多い?

さて、ランボルギーニは初代カウンタックへのオマージュとして「カウンタックLPI800-4」を発表していますが、今回その「納車第一号」がドイツのカーコレクターにしてレーシングドライバーへと納車された、とのこと。

このカーコレクターはインスタグラムアカウント@mister_stayなる人物で、ホワイトのカウンタックを撮影した動画を公開しており、これを見るとブレーキキャリパーはオレンジ、そしてインテリアはブラックにオレンジのアクセント/ステッチを持っているようですね。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の生産台数は112台

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4は「カウンタックの発表50周年」を記念して112台のみが限定生産されることになり、「112」という数字は初代カウンタックのコードネームが「L112」だったことに起因しています。

ベースとなるのはランボルギーニ・シアンFKP37で、これと同じ6.5リッターV12エンジンそしてスーパーキャパシタをパワーソースとするハイブリッドシステムを備え、システム合計での出力は814PS、0-100キロ加速は2.8秒というスペックを誇ります。

2

現代のカウンタックLPI800-4については、初代カウンタックに採用されるディティールが存分に盛り込まれており、「同じ名称を引き継いでのモデルチェンジを行わない」「その名称を復活させない」ランボルギーニとしては非常に珍しい「同じ名前を引き継いだクルマ」となっていますが、このカウンタックLPI800-4を企画したのは(当時ランボルギーニのCEOだった)ステファノ・ドメニカリ氏。

一方、後任のステファン・ヴィンケルマンCEOはレトロ路線については興味を示しておらず、今後は「復刻を行わない」と述べているので、このカウンタックLPI800-4はランボルギーニの歴史にとって「非常に珍しい」存在となりそうですね。

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

ちなみにこのカウンタックLPI800-4について、そのオーナーのほとんどが初代カウンタックの所有者であり、自身がすでにガレージに収めている初代カウンタックと同じボディカラーを選ぶ例が多い、とのこと。

よって今回のカウンタックLPI800-4のオーナーについても、このカラーリング、もしくはその一部について、自身が所有するカウンタックとの共通性があるのかもしれません。

1

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |やはり「持っている人はもっている」  ...

続きを見る

参考までに、ランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ランボルギーニは自身でもカウンタックに乗っていた時期があり、その際には「カウンタックはホワイトであるべき」とも当時語っていたそうですが、このカウンタックLPI800-4発表当時のイメージカラーもまたホワイトであり、もちろんこれは「フェルッチョ・ランボルギーニのカウンタック」をイメージしたものだとアナウンスされています。

【動画】ランボルギーニ創業者が乗っていたカウンタック!「カウンタックはやっぱり白であるべきだ」と語っていた模様

| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |この記事のもくじ| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |カウンタックは「ホワイトであるべき」クラシックカ ...

続きを見る

「初の」ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4のオーナーによる、インスタグラムへの投稿はこちら

あわせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタック関連投稿

「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも
「50年ぶりの復刻」、ランボルギーニ・カウンタックLP500がサーキットを走る!ボクだったらついつい「もったいない」と考えるが、これがスーパーカーの真の姿かも

| ランボルギーニは「その形を蘇らせる」だけではなく、完全に機能することも証明してみせた |この記事のもくじ| ランボルギーニは「その形を蘇らせる」だけではなく、完全に機能することも証明してみせた | ...

続きを見る

オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった
オリジナルのカウンタックのデザイナーが「新型カウンタックは認めん」と公式にコメント!マルチェロ・ガンディーニはけして過去を振り返らない人だった

| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |この記事のもくじ| マルチェロ・ガンディーニ氏ほど芯の通ったデザイナーも少ない |自動車メーカーとしては戦略上「過去の焼き直し」も必要 ...

続きを見る

参照:TheSupercarBlog, mister_stay

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5