ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

おそらく世界初!ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の売り物件(中古車)がドバイにて登場。その価格はなんと5億5000万円

投稿日:

おそらく世界初!ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の売り物件がドバイにて登場。その価格はなんと5億5000万円

| 非常に「売りやすい仕様」、そしてさほど高いプレミアムを乗せていないことからも、当初から売却目的で注文したものと思われる |

今後はまだまだ投機筋の「売り」が出てくるかもしれない

さて、ランボルギーニはカウンタックの復刻版「カウンタックLPI800-4」の生産と納車を進めているところですが、今回なんとドバイにてそのカウンタックLPI800-4の売り物(中古車/新古車)が登場。

おそらくは世界初の売り物件だと言われており、ボディカラーはホワイト、インテリアはブラックというシンプルな仕様を持っています。

この「ホワイト」はカウンタックLPI800-4発表時のイメージカラーでもあり、というのもランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニが自身で所有していたのがホワイトのカウンタックであったため。

参考【動画】ランボルギーニ創業者が乗っていたカウンタック!「カウンタックはやっぱり白であるべきだ」と語っていた模様

| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |この記事のもくじ| ランボルギーニ夫人が乗っていたのもまたホワイトのカウンタック |カウンタックは「ホワイトであるべき」クラシックカ ...

続きを見る

そう考えると、この(カウンタックを売りに出している)オーナーさんは、カウンタックLPI800-4発注時から「すぐに売りに出す」ことを考え、売りやすい仕様を選んだのかもしれませんね。

売りに出しているのはドバイのスーパーカー/ハイパーカーディーラー

今回、このランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を売りに出しているのはドバイの「ファーストモータース」。

「(どんなことでも)世界で一番」を標榜し、最近あたらしくオープンしたエキゾチックカーディーラーですが、ユーチューバー達によってその規格外っぷりがたびたび報じられています。

【動画】まるでテーマパーク!ドバイの「No.1」スーパーカーディーラーがスゴすぎた。ボクだったら1日いても絶対に飽きない
【動画】まるでテーマパーク!ドバイの「No.1」スーパーカーディーラーがスゴすぎた。ボクだったら1日いても絶対に飽きない

| ここまで大量のスーパーカーやハイパーカーが一堂に会する様子はなかなか見ることができない |この記事のもくじ| ここまで大量のスーパーカーやハイパーカーが一堂に会する様子はなかなか見ることができない ...

続きを見る

ちなみにこのカウンタックLPI800-4の価格は4億ドル(日本円で約5億5000万円)に設定されていて、新車価格は3億円弱と言われているので(もちろんオプションや仕様の内容によって大きく変動する)、今回の売値はそこまで強気の価格ではなく、売り主としては「早期転売にて現金化」を図りたいと考えている可能性も。

なお、カウンタックLPI800-4の限定台数は112台ですが、まだまだ納車が始まったばかりなので市場の飢餓感は非常に強く、今が(売るには)一番いいときなのかもしれませんね。

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4はこんなクルマ

そしてこのランボルギーニ・カウンタックLPI800-4についておさらいしてみたいと思いますが、上述の通り限定台数112台のハイパーカー。

この112台というのは、1972年に発表された初代カウンタック(プロトタイプ)の開発コードが「L112」であったことに由来しています。

ベースとなるのはランボルギーニ・シアンFKP37で、6.5リッターV12自然吸気エンジン+スーパーキャパシタを用いたハイブリッドシステムとの組み合わせにより最高出力814馬力を発生。

ランボルギーニが欧州にてカウンタックLPI800-4初公開!そのデザインDNAを強調し、壁面に自動でデザインを描く発明「スクリビット」も登場

0-100km/h加速は2.8秒、最高速は355km/hを越えるという驚愕の高性能を誇りますが、なによりランボルギーニ自身が(CEOの交代による方針変更で)このカウンタックLPI800-4のようなレトロ路線のクルマを作ることは二度と無いと明言しており、つまりランボルギーニとして、その歴史上唯一の「リバイバルモデル」となるため、長きにわたり(永遠に?)高い価値を維持することは間違いなだろう、とも考えられています。

ランボルギーニ・シアンFKP37
参考ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4関連投稿

日本でもランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の納車続々!今回は明るいブルーにホワイト内装、ゴールドのホイール、そしてレッドアクセント
日本でもランボルギーニ・カウンタックLPI800-4の納車続々!今回は明るいブルーにホワイト内装、ゴールドのホイール、そしてレッドアクセント

| おそらくはもっとも美しいカラーコンビネーションを持つカウンタックLPI800-4のうちの一台 |この記事のもくじ| おそらくはもっとも美しいカラーコンビネーションを持つカウンタックLPI800-4 ...

続きを見る

ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半
ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4を注文した顧客のほとんどは「オリジナルのカウンタックを所有している人」だった!そして「所有しているカウンタックと同じカラー」を指定するケースが大半

| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |この記事のもくじ| カウンタックLPI800-4はしかるべきオーナーの手にわたるようだ |やはり「持っている人はもっている」  ...

続きを見る

「新型」ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が「初期型」カウンタックLP400、「最終型」カウンタック25thアニバーサリーと走る!これ以上の光景はないな・・・。
「新型」ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4が「初期型」カウンタックLP400、「最終型」カウンタック25thアニバーサリーと走る!これ以上の光景はないな・・・。

| この3台はすなわちランボルギーニの歴史をあわらしている |この記事のもくじ| この3台はすなわちランボルギーニの歴史をあわらしている |こうやって見ても新型カウンタックは「やっぱりカウンタック」ラ ...

続きを見る

参照:F1rst Motors(Instagram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5