ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ(アキュラ)がパイクスピークで戦う陣容を発表!NSX TypeSは今年が最初で最後、インテグラもレトロなカラーで初参戦

投稿日:

ホンダ(アキュラ)がパイクスピークで戦う陣容を発表!NSX TypeSは今年が最初で最後、インテグラもレトロなカラーで初参戦

| ホンダ(アキュラ)は北米では各種モータースポーツ活動に大きく注力している |

アキュラNSXの勇姿を見ることができるのは今年が最後になりそうだ

さて、アキュラが今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムににつき、NSX Type S、インテグラ、TLX Type Sの3モデルで戦いを挑むと発表。

パイクスピークはアメリカのコロラド州はロッキー山脈の中にある山の一つで、この頂上めがけひたすら峠を駈上てゆくというアメリカらしいレースが「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」。

初開催は1916年で、じつに100年以上の歴史を誇る競技であり、アメリカだけではなく欧州や日本など、世界中から猛者が集まることでも知られます。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムを走るアキュラ NSX Type Sはこんなクルマ

そしてまずはパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムを走るNSX Type Sですが、タイムアタック1とエキシビションクラスに参戦予定。

「多くのパフォーマンスアップグレード」が施されているといい、ジェームス・ロビンソンとニック・ロビンソンの兄弟がドライブするほか、もう一台がペースカーとしても導入される、とのこと(こちらのドライバーはレニー・ブリンカーホフ)。

なお、NSXは2020年にパイクスピーク・ヒルクライム・インターナショナルにて「ハイブリッド最速タイム」を記録していますが、販売終了に伴い、今回の出場が「有終の美」となるかもしれませんね。

カラー寝具はシンプルに「パイクスピーク」を模したものへと変更され、ホイールばブルーへ(これによってアメリカっぽい配色となった)。

NSXが伝統あるレースにて「ハイブリッドカー史上最速」記録を樹立!パイクスピークにその名を残すことに

| 同じくアキュラから参戦したTLXは5位と6位 |この記事のもくじ| 同じくアキュラから参戦したTLXは5位と6位 |ホンダはパイクスピークに積極的に参加パイクスピークはこんなレースこんな記事も読ま ...

続きを見る

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムを走るアキュラ・インテグラはこんなクルマ

そしてこちらはパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムを走るアキュラ・インテグラ。

エキシビションクラスに参戦すると発表されており、カラーリングは1987年と1988年にIMSAチャンピオンを連覇した初代インテグラへのオマージュさとされ、レッド、グレー、ホワイトの3色のカラーリングが施されています(NSX Type S同様にホイールはブルー)。

このレトロなカラーリングのほか、デフ、サスペンション、ブレーキについてはホンダ・パフォーマンス・デベロップメントのパーツカタログに掲載されているもの、つまり純正オプションが使用され、タイヤはピレリのレーシングスリック、ホイールはHRE製(18インチ)。

なお、200ps/260Nmを発生する1.5リッター4気筒ターボエンジンと6速マニュアル・トランスミッションに変更はない、とのこと(駆動輪は前輪)。

このインテグラをドライブするのは、パイクスピークのルーキー、ポール・ヒューバースだとアナウンスされています。

現在新型アキュラ・インテグラは全米のショールームに配備され、さらに納車も進んでいるそうですが、一部ショップではすでにパワーチェックを行っており、199馬力を発生することが明らかになっていますが、これはローラー上の数値であり、仮にドライブトレーンの駆動ロスを10%だと考えると、およそ220馬力くらいをエンジン単体で発生していると考えてよく、けっこうな実力を持っているということになりますね。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムを走るアキュラTLX Type Sはこんなクルマ

そして最後はアキュラTLX。

NXSタイプSと同じカラーリングが施され、フロントスプリッターやカナード、そしてリアウイングなど、数々のモディファイが施されていることがわかります(ホイールはブルーではなくブラック。エキシビションクラス参戦用車両のみホイールがブルーなのかも)。

合わせて読みたい、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム関連投稿

レンダリングでもこんなに過激な911は無かったな・・・。ケン・ブロックがポルシェ911をミドシップに改造しパイクスピークに挑む「フーニピッガサス」を公開
レンダリングでもこんなに過激な911は無かったな・・・。ケン・ブロックがポルシェ911をミドシップに改造しパイクスピークに挑む「フーニピッガサス」を公開

| 搭載されるエンジンは4リッターフラットシックスをツインターボ化し1400馬力を発生 |この記事のもくじ| 搭載されるエンジンは4リッターフラットシックスをツインターボ化し1400馬力を発生 |ケン ...

続きを見る

1200馬力、4ローター・ロータリー搭載、後輪駆動のマツダ3!?ドリフターが米パイクスピークに参戦するマシンを公開
1200馬力、4ローター・ロータリー搭載、後輪駆動のマツダ3!?ドリフターが米パイクスピークに参戦するマシンを公開

| おそらくは4WD版のマツダ3を後輪駆動化しているものと思われる |この記事のもくじ| おそらくは4WD版のマツダ3を後輪駆動化しているものと思われる |エキゾーストパイプはボンネットから直接「突き ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5