ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ・ウラカン

問い合わせの多かった「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに取り付けているスマートフォンホルダー」。ボクはこういった製品を使用している

投稿日:

問い合わせの多かった「ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに取り付けているスマートフォンホルダー」。ボクはこういった製品を使用している

| けっこうたくさんの製品を試した後、ボクはこのスマートフォンホルダーにたどり着いた |

今のところ全く問題なく使用ができている

さて、今日は非常に問い合わせの多い「スマートフォンホルダー」について紹介したいと思います。

ぼくはクルマによっては車両備え付けのカーナビゲーションを使用せず、別途スマートフォンをカーナビとして使用することがあるのですが、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDもそういったクルマの一つです。

その理由としては、もともと車両に備わるカーナビゲーションのモニターの位置が下にあって走行・運転中に情報を確認することが難しいためで(ウラカンの設計時、ここに地図情報を表示することが考慮に入れられておらず、しかし後のフェイスリフトでそこへディスプレイが設置されたため)、こういった理由から見やすく操作しやすい位置に別途スマートフォンを設置しているわけですね(そして、車両側ディスプレイに地図情報を表示させると、他の情報や機能にアクセスしづらくなるので、車両側ディスプレイは独立して機能させたいということもある)。

Youtube上の動画へのコメント多数

そしてここへスマートフォンを設置していることについては特に広く発言していないものの、Youtube上にアップした動画にてそれを見ることができるためか、「この車載スマホホルダーはどこの製品?」というコメントがけっこう多く寄せられています。

たしかにぼくもこのスマートフォンホルダーに至るまでは相当数の製品を試してここに落ち着いたので(そのため自宅には、ボツになったスマートフォンホルダーが大量にあるが、これらはなにかの機会に活用しようと思う)、動画を見た人がこのスマホホルダーを見て「どこの製品だろうか」と思うのにもうなずけます。

そしてこれまでにはひとつひとつコメントを返していたものの、同じ返答ばかりになってしまうので今回ここでその製品を紹介しようと考えたわけですね。

そしてその製品とはエレコムの「P-CARS13」というもので、ネットショップやカー用品店(オートバックスなど)にて、おおよそ2,000円前後にて手に入ります。※ブラックとシルバーがある

L1470655

これはクリップにてエアコン吹出口のルーバーに取り付けるタイプの製品ですが、クリップは結構保持力が強く(反発力が高い)、そして滑り止めとルーバー保護を兼ねてラバーが貼られています。

L1470653

そしてボールジョイントにて角度や向きも自由自在。

L1470657

下の方には「ズレ防止」のための足がついているのが特徴で、この足の角度は数段階に変更可能。

L1470649

そして足側にも滑り止め、そして傷つき防止のためにラバーが貼られているのがいいですね。

L1470651

全体的に丸みがあり、セミグロスブラックの表面や、バリのない断面など高い質感を持っていて、ここは欧州のメーカー(ベルキンなど)を含めても「さすがは日本のメーカーの製品」だと唸らされるところ。

輸入車に取り付けてもそこだけ浮いた感じにならないものイイ、と思います。

L1470656

スマートフォンの取り付けはマグネットにて。

L1470650

実際に車両に取り付けるとこうなる

そしてこちらが実際に車両に取り付けた状態。

現在ぼくはなんだかんだで社用車も含めると7台ほどを乗っていますが、よく乗る車両にはこれを常設しているほか、「載せ替え」用としてスペアをいくつか購入しています。

L1470662

ちなみにウラカンEVO RWDには「常設」。

L1470660

スマートフォンを取り付けた状態を横から見るとこう。

L1470667

ちなみにぼくが使用しているのはiPhone 13 Pro MAXで、つまり大きく重いということになりますが、ウラカンEVO RWDのハードサスををもってしても今までスマートフォンがずれたり脱落したり角度が変わったこともないので、マグネット(Magsafe)による固定力はなかなかのもの、ということに。

L1470664

反対から見るとこう。

L1470668

カメラも使用できるので、ドラレコアプリをインストールすればドライブレコーダーとしても機能するかも。

L1470672

なお、これが取り付けできない車種は非常に少なく、ぼくが今まで十数台(代車やレンタカーも含めて)取り付けたものの、今のところただ一台装着不可だったのはミニJCW(F56)のみ。

ちなみにフェラーリ296GTBも構造上無理っぽい(試してはいませんが)ようですね。

L1470673

参考までに、「横向き」だとこう。

L1320716

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。純正オプション、「インフォテイメントスクリーン・プロテクター」を取り付けてみる
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。純正オプション、「インフォテイメントスクリーン・プロテクター」を取り付けてみる

| 高価ではあるが、その満足度はかなり高い |この記事のもくじ| 高価ではあるが、その満足度はかなり高い |うっすらと見えるランボルギーニエンブレムがオーナーの自尊心をくすぐってくれるインフォテイメン ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。洗車中のウラカンを見た子供が父親に「これいくら?」と尋ねる。ちなみに洗車中にはこんなことを話しかけられたりする

| ボクはできるだけ近所の人にはフレンドリーに接するようにしている |この記事のもくじ| ボクはできるだけ近所の人にはフレンドリーに接するようにしている |やはりスーパーカーに乗っていると様々な人が( ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのカップホルダー加工
実はランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにはカップホルダーがついてない!純正オプションは約9万円、そこでBMW用パーツを流用加工して取り付けてみた

| ランボルギーニ・ウラカンにドリンクホルダーがないのはずっと悩みのタネだった |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラカンにドリンクホルダーがないのはずっと悩みのタネだった |ランボルギーニ・ウラ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ・ウラカン
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5