ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ウルス

オートアートより1/18サイズのウラカンEVO、ウルスのモデルカーが発売開始!NSX-Rは再生産、そのほかにはフォードGT、ディアブロSV-Rも

オートアートより1/18サイズのウラカンEVO、ウルスのモデルカーが発売開始!NSX-Rは再生産、そのほかにはフォードGT、ディアブロSV-Rも

| 価格は高くなってしまったが、やはりオートアートの完成度は群を抜いている | ウラカンEVOは微妙に「ホイールのデザインが異なる」という細かさも さて、ビッグスケールモデルカーの火付け役として知られ ...

ランボルギーニの工場からウルスS、ウルス・ペルフォルマンテが続々登場!今までにないボディカラーやアクセント入りなど個性派ウルスも多数存在【動画】

ランボルギーニの工場からウルスS、ウルス・ペルフォルマンテが続々登場!今までにないボディカラーやアクセント入りなど個性派ウルスも多数存在【動画】

| やはりSUVといえどランボルギーニには明るい色がよく似合うように思える | 選択肢が拡大したことで「オプション装着率」はかなり上昇しているのかも さて、ランボルギーニは2022年に「ガソリンエンジ ...

ランボルギーニ・ウルス「ハイブリッド」試作車が目撃される!右リアに充電ポートを備え充電可能なPHEVとなるもよう【動画】

ランボルギーニ・ウルス「ハイブリッド」試作車が目撃される!右リアに充電ポートを備え充電可能なPHEVとなるもよう【動画】

| おそらくはポルシェ・カイエン、そしてベントレー・ベンテイガPHEVと多くを共有することに | 現時点ではこのルックスのまま発売されるかどうかは定かではない さて、スーパーカー系スパイユーチューバー ...

まさかのランボルギーニ・ウルス「3ドア」!マンソリーが後部ドアを排除してクーペ化したマンソリー・ヴェナタス・クーペ EVO Cが8台のみ限定販売

まさかのランボルギーニ・ウルス「3ドア」!マンソリーが後部ドアを排除してクーペ化したマンソリー・ヴェナタス・クーペ EVO Cが8台のみ限定販売

| マンソリーはつい最近も「観音開き」化したメルセデス・ベンツGクラスを発表したばかり | そのカスタムのレベルは顧客の要望とともにどんどん上昇している さて、ランボルギーニやフェラーリ、ロールス・ロ ...

ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場

ランボルギーニの2022年は過去最高の9,233台!ウルス、ウラカンも記録更新、納車待ち期間は1年半に。日本は現在5番目に大きな市場

| ランボルギーニは排他性を強調する戦略を採用、そのため「多品種小ロット生産」へ | そのため各モデルでは常に「完売」の状態が続いている さて、現在各社がその業績を公開しており、とくにプレミアムセグメ ...

ホットウィール製ランボルギーニ・ウルスをまさかの「V12ツインターボ、ミドシップ」へとカスタム!タービンやインタークーラーもちゃんと再現されているぞ【動画】

ホットウィール製ランボルギーニ・ウルスをまさかの「V12ツインターボ、ミドシップ」へとカスタム!タービンやインタークーラーもちゃんと再現されているぞ【動画】

| リアウイングやエキゾーストパイプなど、ほとんどのパーツが「自作」だとは信じられない | ボディカラーは先日公開された「ウラカン・スーパーオフローダー」と同じミリタリー調 さて、トミカ、マジョレット ...

やりスーパーカーイベントは鬼門?ランボルギーニのオーナーズミーティングにてウラカンが無謀運転、その横っ腹にハイラックスが突っ込む事故【動画】

やはりスーパーカーイベントは鬼門?ランボルギーニのオーナーズミーティングにてウラカンが無謀運転、その横っ腹にハイラックスが突っ込む事故【動画】

| おそらくランボルギーニ・ウラカンは修復可能だと思われるが、そのコストはきっと安くない | 動画を見た印象では、全面的にウラカンに非があるようだ さて、スーパーカーイベントに事故はつきものといった今 ...

やっぱり車両パーツの窃盗は儲かるのか・・・。ランボルギーニに乗ってきて商用バンのパーツをもぎ取ってゆく窃盗団が動画に収められて話題に

やっぱり車両パーツの窃盗は儲かるのか・・・。ランボルギーニに乗ってきて商用バンのパーツをもぎ取ってゆく窃盗団が動画に収められて話題に

| これが逆のほうがまだ理解しやすいが、それだけ触媒が不足し、高く売れるということなのだと思われる | こうなると怖くてもう路上にクルマを駐車できない さて、近年問題となっているのが「触媒コンバーター ...

さすが中国はスケールが違うな・・・!ランボルギーニ公式ツーリングで「過去最長の1,100km」を記録、5日かけて中国の雄大な自然を走破する

さすが中国はスケールが違うな・・・!ランボルギーニ公式ツーリングで「過去最長の1,100km」を記録、5日かけて中国の雄大な自然を走破する

| 日本では見ることができないような景色の中を走るのは非常に楽しそうだ | 機会があれば海外のツーリングに参加してみたいとは思うが、まとまった時間が取れそうにない さて、現在ランボルギーニにおいて販売 ...

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12

ランボルギーニは2024年半ばまでの受注を獲得し生産枠がすべて埋まっていた!今注文しても納車は1年半後、すぐに注文しないとどんどん納車待ちが長くなってゆくもよう

| 生産台数ではフェラーリに迫る勢いを見せ、その人気上昇ぶりはとどまるところを知らない | この勢いのまま、ランボルギーニはエレクトリックモデルへの切り替えをうまく行うことができそうだ さて、ランボル ...

ランボルギーニ

ランボルギーニが1−9月において7,430台を販売し新記録達成!このペースで成長を続ければフェラーリの販売台数をあと2−3年で抜くことになるのかも

| ウルス発売以降のランボルギーニの成長は凄まじい | 一方、フェラーリは希少性を保つために販売台数の伸び率を「制限」している さて、コロナウイルスにも負けず力強い成長を見せるランボルギーニ。今年発表 ...

早くもランボルギーニ・ウルスSにカスタムパーツ登場!1016インダストリーズがメイドインUSAのアグレッシブなカーボンパーツを限定販売

早くもランボルギーニ・ウルスSにカスタムパーツ登場!1016インダストリーズがメイドインUSAのアグレッシブなカーボンパーツを限定販売

| ウルスはほかのランボルギーニのモデルとは異なり比較的カスタムされることが多いようだ | 今後は大手チューナーからもウルスのチューニングパーツが登場するものと思われる さて、ランボルギーニはウルスの ...

ランボルギーニ・ウルス

北米にてランボルギーニ・ウルスにリコール!インフォテイメントシステムに高電圧がかかり、バックカメラやインフォテイメントシステムが動作不能となるおそれ

| 北米ではこの不具合が「後方確認ができず危険」だと判断されたようだ | インフォテイメントシステム全般が使えなくなると、ちょっと困るかも さて、ランボルギーニ・ウルスが米国とカナダにてリコール(日本 ...

ランボルギーニ「ウルスS」のオプションは「ラグジュアリー」「日常性」「快適性」重視!毎日乗るならペルフォルマンテよりもウルスS?

ランボルギーニ「ウルスS」のオプションは「ラグジュアリー」「日常性」「快適性」重視!毎日乗るならペルフォルマンテよりもウルスS?

| 想像していた以上にウルス・ペルフォルマンテとウルスSとのキャラクターは大きく異なるようだ | ウルス・ペルフォルマンテでは選べないオプションが多数ラインアップ、そしてその逆も さて、先日は「ランボ ...

ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテのボディカラーは56色!カーコンフィギュレーターで選べる内外装の仕様やオプションを見てみよう

ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテのボディカラーは56色!カーコンフィギュレーターで選べる内外装の仕様やオプションを見てみよう

| ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテの内外装の選択肢、オプションは「ハイパフォーマンス志向」となっている | ゴージャス系が選べるウルスSとは完全にキャラクターが分かれている模様 さて、ランボ ...

ランボルギーニがボローニャ空港とのパートナー契約を延長!新しいフォローミーカー(ウラカン)公開、そしてウルスによる送迎サービス、空港内にはブティックも

ランボルギーニがボローニャ空港とのパートナー契約を延長!新しいフォローミーカー(ウラカン)公開、そしてウルスによる送迎サービス、空港内にはブティックも

| ランボルギーニ・ウルスによる送迎サービスはなかなかに良さそうだ | 空港内のブティックでは本社工場見学の予約も行えるように さて、ランボルギーニがイタリア・ボローニャ(グリエルモ・マルコーニ)空港 ...

ランボルギーニ「ウルスS」発表!出力666馬力、ウルス・ペルフォルマンテと比較して快適仕様のオールラウンダー、本国価格は2751万円

ランボルギーニ「ウルスS」発表!出力666馬力、ウルス・ペルフォルマンテと比較して快適仕様のオールラウンダー、本国価格は2751万円

| 標準での選択肢に加えてオプションも拡大し、選ぶ楽しみが増えたと言えそうだ | アヴェンタドール後継、ウラカン後継モデルが登場するまではしっかりランボルギーニの屋台骨を支えてくれそう ランボルギーニ ...

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」試作車が路上へと解き放たれる!コンセプトカーに忠実、しかし多少のアレンジとともに発表されるようだ【動画】

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」試作車が路上へと解き放たれる!コンセプトカーに忠実、しかし多少のアレンジとともに発表されるようだ【動画】

| 限定台数はわからないものの、すでにウラカン・ステラートの生産予定台数にはすべて買い手がついているようだ | おそらく、実車は相当にインパクトのあるスーパーカーに違いない ランボルギーニが年内に発表 ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5