■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) >スズキ(SUZUKI) ■ニュース

英国トヨタが「86は非常に成功したクルマ。次期86はスバルとの共同開発」と発言。世界での”86”検索ボリュームはフェラーリ488を上回る

さらに「86とスープラとは共存できる」とも toyota 86 次期トヨタ86については様々なウワサが登場していますが、今回トヨタの欧州法人にてマーケティングチーフを務めるマット・ハリソン氏が次期86を確約する発言を行っています。これによると「初代(現行)86は非常に成功したスポーツカーだ。スープラが登場しはしたものの、スープラは86のポジションを奪うものではない。両者は完全に共存できる」とのこと。 なお、先日公開された統計によると、ヨタ86の検索ボリュームは日本だと「450」ではあるものの、イタリアでは ...

ReadMore

>ポルシェ・カイエン関連

ポルシェ・カイエン・クーペのコンフィギュレーター公開。オプションを全部つけると「合計2200万円」。オプションだけでケイマンやマカンが一台買えるぞ

相変わらずポルシェのオプションは高いが、これでもピーク時の60%くらいになったと思う ポルシェが発表したばかりのカイエン・クーペにつき、早速コンフィギュレーターをオープン(日本版はまだ利用不可能)。とりあえず北米バージョンを試してみましたが、エントリーグレードの「カイエン・クーペ」で車両本体価格75,300ドル(830万円くらい)、「カイエン・ターボ・クーペ」で130,100ドル(1450万円くらい)という価格設定。なお、ポルシェのクルマは標準装備がかなりプアではあるものの、それは911や718ケイマン/ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニが「まさか」のMT投入を検討。アヴェンタドール、ウラカンに200台限定で投入の可能性が報じられる

実現すれば「異常」なプレミアが付くコレクターズアイテムに ランボルギーニがなんと「マニュアル・トランスミッション」復活を検討中、との報道。現在ランボルギーニは「アヴェンタドール」「ウラカン」「ウルス」と3台のラインナップを持ちますが、いずれもマニュアル・トランスミッションの設定はなく、アヴェンタドールは「ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド。ロボットクラッチの一種)」、ウラカンは「LDF(デュアルクラッチ)」、ウルスは「トルコン式AT」。つまりいずれも方式は違えど「ATといえばAT」です。 こ ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

今度は濃い目のパープルにペイントされたランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ!ブロンズホイールがよく似合う

アヴェンタドールSVJはいずれもオーナーの個性がよく出ている ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJは現在世界中にて続々納車が進んでいる最中ですが、今回はイタリアにて納車された個体を紹介。アヴェンタドールSVJは900台のみの限定生産となり、「ニュルブルクリンク最速」の称号とともに登場したために世界中へと大きな衝撃を衝撃を与えたモデル。当然ながら光の速さで完売しており、入手はもちろんですが、目にするのも困難というクルマです。 900台限定、5,154万円。ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがついに登場 ...

ReadMore



■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

6つのうち5つもやってた!「クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選」ほか、間違ったクルマの常識を考える

投稿日:

| 素朴な疑問をWEBカートップが解決 |

lamborghini huracan

さて、何かとためになる記事の多いWEBカートップ。
なんとなくわかっているようで分かっていないことや、今さら人に聞けないこと、誰に聞いても答えが明確ではないことなどをズバッと記載していることがあり、「なるほどな」と思うことも。

今回、いくつか面白い記事があったので、ここで紹介してみようと思います。








ATはあまりシフトチェンジしないほうがいい

まずはオートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか。

信号待ちなどで停車のたびに「N」もしくは「P」に入れる人も多く、たとえば前の車のバックランプが信号待ちで一瞬ピカっと光るようなケースは「シフトレバーを操作している」わけですね。

記事では、「Dレンジのままだと負担にはなるものの、それは設計時に想定済みのもので、むしろこまめにPやNレンジに入れるほうが機械的には負担がかかる」とのこと。
これについてはトルコン式AT、DCT(デュアルクラッチ)、AMT(ロボタイズドMT)CVTでも同じだとしており、DCTやAMTであってもシフト回数が増えれば増えるほどクラッチの摩耗が進む、としています。

さらに記事中では技術的な解説もあって、まずこれは間違いなさそう。
ぼくはAMTとDCTについては「停車中はNに入れておいたほうが良い」と考えていたものの、認識を改める必要がありそうです。

L1050147

エンジンを切る前に空ぶかしをするのは無意味

そして【今さら聞けない】エンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかしする人がいるけどなぜ?。

停車直前に「ブォン!」とアクセルを吹かしてからエンジンを切るアレですね。
これについては「キャブ時代の名残りで、カブらないようにする習慣」が残っているためだとし、燃調がインジェクターとECUでコントロールされる現代のクルマにおいては完全に意味ナシと述べていて、たしかにぼくもそう思います。
ただし低速走行ばかりが続いたとき、エンジン内にカーボンが溜まったのを「飛ばす」意味で一発「ブォン!」とやるのはアリかもしれません(騒音注意)。

DSC02474

ターボタイマーは今や不要に

【意外と知らない】今のターボ車はなぜ走った後すぐにエンジン止めていいのか?でふと思い出したのが、「昔はターボタイマーがあったな」ということ。

ターボといえばとにかく「熱」が問題で、この熱が原因となってタービン軸のベアリングが「焼き付く」ことがあり、キーを抜いた後もエンジンが一定時間アイドリングを続けて(タービン軸のベアリングが焼き付かないよう)冷却を行うというように設定できる装置があったわけですね。※ただし実際に焼き付いた話は聞いたことはなく、当時からターボタイマーはファッションアイテムに近かったのかも

これについてもベアリング自体の進化や、温度管理が行き届くようになったために「高速走行後も、アイドリングを行わずにエンジンを切っても大丈夫」になったとされていますが、同様に90年台のチューンドカーではサーキットを走行する際、機械的な保護のために速度を落として巡航する「クーリング」を行っていたことを思い出します。



死語になった自動車用語もある

使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選では、クルマが進化したために使われなくなった用語を紹介。
以下に簡単にそれらを紹介してみましょう。

1.エンコ・・・エンジンの故障
2.セコハン・・・中古のこと
3.ミッション車・・・マニュアル・トランスミッション車のこと
4.ギアつき・・・やっぱりMT車のこと
5.カークーラー・・・昔の車は「エアコン」ではなく除湿機能がなく冷たい風が出るだけの「クーラー」だった
6.チョーク・・・バイクに乗る人ならわかるかも
7.直結・・・どうやら5速を指すようだ

49

クルマの技術が進化して不要になったドライビングテクニックも

クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選においては、昔のクルマでは必要だったものの、クルマが高度に制御されるようになった現代では不要となった技術を紹介。
中には「懐かしいな」と思うものから、「いやそれ聞いたことないわ・・・」というものまであります。

1.ダブルクラッチ・・・これはもう説明するのが難解なほどのテクニック。昔はこれをやらないとギアが入りにくかったということ、MT車のシフトチェンジの際に挙動を安定させるために行うものだということを覚えていれば良いかと思います。そのうちロスト(人間)テクノロジーになりそう。
2.ソーイング・・・ウエット路面でハンドルを小刻みに切ってグリップの限界を探ること。凍結路を走行中「ちゃんとグリップしてるんか?」と不安になってハンドルをちょっとだけ切ってみることはあります。
3.タックイン・・・これは今でもシビックなどFFに乗る走り屋なら使っているかも。エンジン回転数を上げてコーナーに突入し、そこでアクセルを抜くとクルマがノーズを向くというものですが、コントロールが難しく、実際にぼくはこれで何度か危ない目にあったことも。
4.ストレートアーム・・・腕が真っ直ぐになるようにドラポジを合わせること。昔のツーリングカーなどで、重心を後ろに下げるため、ギリギリまでシートを下げていたことが起因かもしれません。
5.内がけハンドル・・・パワステのない時代に、重いステアリングホイールを回すために「ステアリングホイールの内側を握って」回すこと。「重ステ」も死語かもしれませんね。
6.ポンピングブレーキ・・・ABSのない時代、ブレーキをロックさせないようにブレーキペダルを断続的に踏む「人間ABS」。
7.曲げるブレーキ・残すブレーキ・・・リアの荷重が抜けないよう、意図的にブレーキを「残す」技術。

47

6つのうち5つはやってた。「街なかでは無意味なドラテク6選」

クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選では、サーキット以外では無意味だったり、ハタ迷惑だったりするドライビングテクニックを紹介。
これはぼく自身思い当たるフシがあり、頭の痛い話でもありますね。

1.ヒール&トゥ・・・ぼくは通常の走行でこれが必要だとは思いませんが、練習しないとできない技術でもあるので、ダブルクラッチとともに、通常走行時もやたらこれを練習していたことがあります。慣れないと車体がガクガクするのでかなり同乗者には不評でした。
2.ソーイング・・・上でも出てきましたが、時々「不安」になるのでハンドルを切ってみることがありますが、これも同乗者にはすこぶる不評。
3.フェイント・・・本来はこれで無理やり荷重を移動させて曲がる技術なのですが、たしかに街なかでは全く不要。ただ、足回りのしっかりしたクルマだと、ついついその動きが楽しくて「やってしまう」ことはありますね。※そのクルマの思わぬ一面を見ることができる場合もある
その場合、周囲にはもちろん「フェイント」にしか見えないので、思わぬ事故を誘発することがあり、100%安全が確保でき、道交法に違反しない(車線もまたがない)ようにする必要があります。
4.AT車のシフトダウン・・・現代のパワー/トルクのあるエンジン、優秀な制御を行うトランスミッションでは不要ではありますが、昔はシフトダウンしなければ坂を満足に登れないクルマもあったんですよ・・・。
5.信号待ちで「N」に入れる・・・冒頭でも登場しましたが、ぼくはAMTやDCTだと「N」に入れたほうがいいと考えていてこれを実践していたものの、今後これをやめようと思います。
6.内がけハンドル・・・これも上で出てきましたが、さすがにこれはやったことはないテクニック。

こうやって見ると、6つのうち5つまでをやってしまっているので、ちょっと考えを改めないとな、と思います。

48

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.