>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラはたった10年でポルシェと同じ台数を出荷するようになり、発売1年めのモデル3は「アメリカで「最も売れたプレミアムカー」に

もう誰もテスラを無視することはできない テスラが2018年の業績を発表し、その販売台数は創業以来もっとも多い245,240台であった、と報告。この数字がどれくらいのものかと言うと、同じく過去最高を記録したポルシェの販売台数が256,255台であり、つまりテスラは2003年の設立から数えて15年、最初のクルマ(ロードスター)を発売してからわずか10年でこの数字を達成した、ということになります。※テスラですら、設立から第一号車の発売までに3年を要している こちらもオススメ、関連投稿テスラが上海で「ギガファクト ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW X3 Mの画像がリーク。その外観、「330km/h」まで刻まれるスピードメーターが明らかに

出力は最高で500馬力と言われるが、さすがに300km/hは超えないだろう BMW X3 Mの外装そしてメーターパネルがリーク。上の画像もメーター内に表示されるX3 Mの姿ですが、外装デザインはこれで「決まり」ということになりそうです。なお、BMWは昨年9月にX3 M、X4 Mのティーザーキャンペーンをスタートさせており、カモフラージュつきながらもその姿を公開していますね。スペックについては不明ながらも、新開発の直6ターボが搭載されるとみられ、その出力は最大で454馬力を発生させる、という報道も。 BMW ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・カイエン関連

【動画】ポルシェ・カイエン・クーペのプロトタイプがテスト中。なぜかアルファロメオ・ステルヴィオを同伴させての走行

ポルシェがまさかの「アルファロメオをベンチマーク」? ポルシェ・カイエンクーペと思われるプロトタイプのスパイ動画が登場。先日はスパイフォトが出回りましたが、「動画」は今回がはじめてかもしれません。この動画ではそのシルエットを確認でき、しかし「クーペ」とはいうものの、メルセデス・ベンツGLCクーペ/GLEクーペやBMW X4/X6ほどリアウインドウの傾斜はクーペ風ではなく、これはポルシェの属するフォルクスワーゲングループのSUV全般に見られる傾向。 実際にアディは「Q8」をクーペSUVとして位置付けていて、 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】メルセデスAMG ONEのレビュー動画登場。内外装のあの部分はこうなっていた

パワートレーンの問題が原因で開発は難航中 しばらく話題に乏しかったメルセデス・ベンツのハイパーカー、「AMG ONE」ですが、今回トップギアによる動画レビューが登場しています。メルセデスAMGは、この「ONE」について2019年より走行テストを開始すると(2018年秋の市販車公開時に)述べており、実際にプロトタイプが走行させてはいるものの、パワートレーンの調整にて開発が遅れている、とも言われていますね。 なお、メルセデスAMG ONEはF1マシンからそのまま移植したパワートレーンを持ちますが、これを「市販 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >パガーニ(PAGANI) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >デンマークの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他の国の車 >その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう スポーツカーのスペックのうち、重要な要素として「0-100km/h(アメリカだと0-60mph)加速」が挙げられますが、ここで主だったクルマの数字をピックアップ。最新モデルに加え、参考のために過去モデルやヒストリックモデル(ランボルギーニ・カウンタックなど)の数値も拾っています。これを見ると、ポルシェが上位にあるのはもちろんですが、けっこうメルセデス・ベンツが頻繁に顔を出していて、このあたりはニュルブルクリンクのラップタイムランキング同様です(高級車のイメージ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

「100台の注文が集まれば生産する」とされたポルシェ・ケイマンGT4ラリー。718ケイマンGT4クラブスポーツをベースに生産決定

現段階では競技専用。公道走行可能なモデルの発売も熱望 先日、「100台の受注が集まれば生産する」と発表されたポルシェ・ケイマンGT4ラリー・コンセプト。今回ポルシェが正式に「ケイマンGT4ラリーを市販する」と発表し、つまり100台の受注が集まった、と考えて良さそう。なお、先日発表されたケイマンGT4ラリー”コンセプト”は981世代のケイマンGT4をベースとしていたものの、市販モデルは718ケイマンGT4クラブスポーツをベースにする、とのこと。 ケイマンGT4ラリー・コンセプトの詳細はこちら。 ポルシェ「ケ ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren)

今度はマクラーレン・セナが競売にて転売。同競売にはレクサスLFA、フォードGT、マクラーレン12Cハイスポーツなど限定車が一挙に登場

マクラーレンは他メーカーに比較すると転売が多いように思われる 米オークション会社バレット・ジャクソンが、自身の主催する競売にてマクラーレン・セナを出品する、と発表。マクラーレン・セナは500台のみの限定で、アメリカ市場には120台が割り当てられていますが、そのうちの一台が販売に供されるということになりますね。なお、このセナのシャシーナンバーは「005」なので、かなり早い段階で納車された個体ということもわかります。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向 ...

ReadMore

■近況について ■食べ物や飲み物など ■ニュース

トリュフ専門店「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきた。チーズリゾットは絶品だ

どの料理もトリュフづくし さて、今回の香港グルメ紀行第一弾。ハーバーシティ内にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ(ARTISAN DE LA TRUFFE)」へ行ってきたわけですが、ここはその名の通りトリュフ専門レストラン。とくにこのお店を目指していたわけではないものの、なかなかにトリュフ専門店というのも珍しく、「いっちょトリュフでも食べてみるか」ということに。※日本だと東京ミッドタウンに入居している。本店はパリ こちらもオススメ、関連投稿香港グルメ紀行、「市場」編。新鮮な食材を使用した海鮮料理を食べ ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus) ■ニュース

ロータスが今後「中国産」になるとの報道。親会社の吉利汽車が武漢に建設する新工場にて吉利、ボルボとともに生産予定

理論的に考えるとやっぱり「そうなる」 ロータスが中国の自動車メーカー「吉利汽車(Geely)」傘下となってしばらく経ちますが、その吉利汽車は中国・武漢に1500億円を投資して新しく工場を建設する見込み。そして今回ロイターが報じたのが、「ロータスも今後、吉利汽車の武漢工場で製造される」ということで、「わかっていたけど実際に報道されると、ちょっとショック」。 こちらもオススメ、関連投稿ボルボ/ロータスの親会社、吉利汽車が空飛ぶ車の会社を買収。今後はロータスも空へ?テスラが上海で「ギガファクトリー3」の建設に着 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディA1「オールロード」のスパイフォト。小粒でピリリと辛いアウトドア風味に?

アウディは「オールロード」をサブブランドとして確立したい? アウディA1"オールロード"とみられる車両のプロトタイプが走行中。その登場が公的に語られたことはないものの、ニュルブルクリンクほか、今回の寒冷地でもテストされるなど、発売に向けて具体的な動きが見えるのも事実です。これまでの「オールロード」はA4アバント、A6アバントをベースとしており、ワゴンボディの車高を上げ、樹脂製のクラディングやロックガード風のデザインを持つ前後バンパーやサイドシルが与えられ、ややワイルドな印象を持つ、というのがその文法。

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

6つのうち5つもやってた!「クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選」ほか、間違ったクルマの常識を考える

投稿日:

| 素朴な疑問をWEBカートップが解決 |

lamborghini huracan

さて、何かとためになる記事の多いWEBカートップ。
なんとなくわかっているようで分かっていないことや、今さら人に聞けないこと、誰に聞いても答えが明確ではないことなどをズバッと記載していることがあり、「なるほどな」と思うことも。

今回、いくつか面白い記事があったので、ここで紹介してみようと思います。








ATはあまりシフトチェンジしないほうがいい

まずはオートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか。

信号待ちなどで停車のたびに「N」もしくは「P」に入れる人も多く、たとえば前の車のバックランプが信号待ちで一瞬ピカっと光るようなケースは「シフトレバーを操作している」わけですね。

記事では、「Dレンジのままだと負担にはなるものの、それは設計時に想定済みのもので、むしろこまめにPやNレンジに入れるほうが機械的には負担がかかる」とのこと。
これについてはトルコン式AT、DCT(デュアルクラッチ)、AMT(ロボタイズドMT)CVTでも同じだとしており、DCTやAMTであってもシフト回数が増えれば増えるほどクラッチの摩耗が進む、としています。

さらに記事中では技術的な解説もあって、まずこれは間違いなさそう。
ぼくはAMTとDCTについては「停車中はNに入れておいたほうが良い」と考えていたものの、認識を改める必要がありそうです。

L1050147

エンジンを切る前に空ぶかしをするのは無意味

そして【今さら聞けない】エンジンを止める寸前にアクセルを空ぶかしする人がいるけどなぜ?。

停車直前に「ブォン!」とアクセルを吹かしてからエンジンを切るアレですね。
これについては「キャブ時代の名残りで、カブらないようにする習慣」が残っているためだとし、燃調がインジェクターとECUでコントロールされる現代のクルマにおいては完全に意味ナシと述べていて、たしかにぼくもそう思います。
ただし低速走行ばかりが続いたとき、エンジン内にカーボンが溜まったのを「飛ばす」意味で一発「ブォン!」とやるのはアリかもしれません(騒音注意)。

DSC02474

ターボタイマーは今や不要に

【意外と知らない】今のターボ車はなぜ走った後すぐにエンジン止めていいのか?でふと思い出したのが、「昔はターボタイマーがあったな」ということ。

ターボといえばとにかく「熱」が問題で、この熱が原因となってタービン軸のベアリングが「焼き付く」ことがあり、キーを抜いた後もエンジンが一定時間アイドリングを続けて(タービン軸のベアリングが焼き付かないよう)冷却を行うというように設定できる装置があったわけですね。※ただし実際に焼き付いた話は聞いたことはなく、当時からターボタイマーはファッションアイテムに近かったのかも

これについてもベアリング自体の進化や、温度管理が行き届くようになったために「高速走行後も、アイドリングを行わずにエンジンを切っても大丈夫」になったとされていますが、同様に90年台のチューンドカーではサーキットを走行する際、機械的な保護のために速度を落として巡航する「クーリング」を行っていたことを思い出します。



死語になった自動車用語もある

使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選では、クルマが進化したために使われなくなった用語を紹介。
以下に簡単にそれらを紹介してみましょう。

1.エンコ・・・エンジンの故障
2.セコハン・・・中古のこと
3.ミッション車・・・マニュアル・トランスミッション車のこと
4.ギアつき・・・やっぱりMT車のこと
5.カークーラー・・・昔の車は「エアコン」ではなく除湿機能がなく冷たい風が出るだけの「クーラー」だった
6.チョーク・・・バイクに乗る人ならわかるかも
7.直結・・・どうやら5速を指すようだ

49

クルマの技術が進化して不要になったドライビングテクニックも

クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選においては、昔のクルマでは必要だったものの、クルマが高度に制御されるようになった現代では不要となった技術を紹介。
中には「懐かしいな」と思うものから、「いやそれ聞いたことないわ・・・」というものまであります。

1.ダブルクラッチ・・・これはもう説明するのが難解なほどのテクニック。昔はこれをやらないとギアが入りにくかったということ、MT車のシフトチェンジの際に挙動を安定させるために行うものだということを覚えていれば良いかと思います。そのうちロスト(人間)テクノロジーになりそう。
2.ソーイング・・・ウエット路面でハンドルを小刻みに切ってグリップの限界を探ること。凍結路を走行中「ちゃんとグリップしてるんか?」と不安になってハンドルをちょっとだけ切ってみることはあります。
3.タックイン・・・これは今でもシビックなどFFに乗る走り屋なら使っているかも。エンジン回転数を上げてコーナーに突入し、そこでアクセルを抜くとクルマがノーズを向くというものですが、コントロールが難しく、実際にぼくはこれで何度か危ない目にあったことも。
4.ストレートアーム・・・腕が真っ直ぐになるようにドラポジを合わせること。昔のツーリングカーなどで、重心を後ろに下げるため、ギリギリまでシートを下げていたことが起因かもしれません。
5.内がけハンドル・・・パワステのない時代に、重いステアリングホイールを回すために「ステアリングホイールの内側を握って」回すこと。「重ステ」も死語かもしれませんね。
6.ポンピングブレーキ・・・ABSのない時代、ブレーキをロックさせないようにブレーキペダルを断続的に踏む「人間ABS」。
7.曲げるブレーキ・残すブレーキ・・・リアの荷重が抜けないよう、意図的にブレーキを「残す」技術。

47

6つのうち5つはやってた。「街なかでは無意味なドラテク6選」

クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選では、サーキット以外では無意味だったり、ハタ迷惑だったりするドライビングテクニックを紹介。
これはぼく自身思い当たるフシがあり、頭の痛い話でもありますね。

1.ヒール&トゥ・・・ぼくは通常の走行でこれが必要だとは思いませんが、練習しないとできない技術でもあるので、ダブルクラッチとともに、通常走行時もやたらこれを練習していたことがあります。慣れないと車体がガクガクするのでかなり同乗者には不評でした。
2.ソーイング・・・上でも出てきましたが、時々「不安」になるのでハンドルを切ってみることがありますが、これも同乗者にはすこぶる不評。
3.フェイント・・・本来はこれで無理やり荷重を移動させて曲がる技術なのですが、たしかに街なかでは全く不要。ただ、足回りのしっかりしたクルマだと、ついついその動きが楽しくて「やってしまう」ことはありますね。※そのクルマの思わぬ一面を見ることができる場合もある
その場合、周囲にはもちろん「フェイント」にしか見えないので、思わぬ事故を誘発することがあり、100%安全が確保でき、道交法に違反しない(車線もまたがない)ようにする必要があります。
4.AT車のシフトダウン・・・現代のパワー/トルクのあるエンジン、優秀な制御を行うトランスミッションでは不要ではありますが、昔はシフトダウンしなければ坂を満足に登れないクルマもあったんですよ・・・。
5.信号待ちで「N」に入れる・・・冒頭でも登場しましたが、ぼくはAMTやDCTだと「N」に入れたほうがいいと考えていてこれを実践していたものの、今後これをやめようと思います。
6.内がけハンドル・・・これも上で出てきましたが、さすがにこれはやったことはないテクニック。

こうやって見ると、6つのうち5つまでをやってしまっているので、ちょっと考えを改めないとな、と思います。

48

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.