■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■ニュース

マツダが「MX-6」の商標を登録。ロードスター(MX-5)の上位モデル登場かと話題に

投稿日:

| マツダはいずれロードスターの兄貴分を発売する? |

マツダが日本の特許庁に「MX-6」を出願した、との報道。
そこで特許庁にて商標検索をかけてみると、たしかに「MAZDA MX-6」の該当があり、「自動車、自動車部品、その他本類に属する商品」という区分にて登録済みです。

ただしこれを見ると最初に登録されたのは1988年で、マツダは今回2018年11月30日にその権利が切れるのを「更新した」というのが正しい表現のようですね。

MX-6はMX-5の親玉?

ちなみにこの「MX」ですが、マツダは日本国外において「マツダ・ロードスター」を「MX-5」という名称にて販売中。
よって「MX-6」というのはMX-5の親玉つまりロードスターの兄貴分とも考えられますが、1988年の登録から今までの間に「何もない」ことを鑑みるに、今後もやはり「何もない」のかもしれません。

なお、商標の維持にはそれなりにお金がかかるものの、他のメーカーが「MXナントカ」という名称にて類似製品を出したり、マツダの人気に乗っかるような商売をすると困るため、マツダはこういった「予防的商標の登録」を行なっているかもしれません。

同様の例としてはBMWが「M1」から「M8」までを登録したり「CS」についても同じように登録を行なっている、という例がありますね(腕時計だとカシオが”Gショック”だけではなく、AショックからZショックまで登録を行なっている)。

BMWがM1CSL〜M8CSLまでの商標取得。「CSL」「CS」モデル拡充への準備を開始

そう考えるとやはり「MX-6」は誕生しないだろうということになりますが、マツダは最近発表した「マツダ3(アクセラ)」についても”マツダスピード版はない”と発言し、さらにロータリースポーツ、エレクトリックスポーツの発売も予定はなく、「プレミアム路線」を進むことを明言していますね。

スクリーンショット 2018-12-05 15.04.59のコピー

ただ、マツダはロータリースポーツやそのほかのスポーツカーに対して「興味がない」わけではなく「お金がない」ということを過去に何度か述べていて、ということはいずれかのモデルがヒットして「お金ができれば」事情が変わり、スポーツカーに対しても可能性が出てくるのかもしれません。

実際のところマツダはスポーツカー関連の特許も登録しており(内容を見ると既存技術やデザインの保護ではなさそう)、さらにロータリーエンジンを主動力としたスポーツカーについても「諦めていない」と言われ、マツダに金銭的余裕ができるのを待ちたいところですね。

マツダ「最初のEVは2020年登場、既存モデルとの関連性はない」「EVよりもガソリン、ディーゼルに注力する」

VIA:Autoguide

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.