>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリの新型SUV(コードネーム:175)はV6、V8、V12エンジン搭載、さらにハイブリッドも。「これまでのフェラーリとは異なるチャレンジを行う」

| フェラーリは単に車高を上げただけのクルマではなく、まったく新しいクルマを作ろうとしているようだ | なにかと話題のフェラーリ製SUV、「プロサングエ(サラブレッドという意味で、現在のところ正式な車名ではない)。もちろんフェラーリとしては「初」のSUVとなりますが、おそらくは2022年に登場、と言われます。コードネームは”175”、そしてフェラーリの発表した中期計画に従い、「2023年までに発売するニューモデル15車種のうちの1つ」となりますが、市場ではランボルギーニ・ウルス、アストンマーティンDBXと ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダが初代ロードスターにて「12時間で曲がったヘアピンの数」世界記録達成。これまでの倍近い”2900”をクリア

| 選んだのは初代ロードスター。まだまだNAロードスターも現役だ | ドイツのマツダ法人が公式に「ロードスターにて世界記録に挑戦」。これは改造した初代ロードスターを用い、「12時間でどれだけのヘアピンカーブを曲がれるか」に挑むものです。結果としてはなんと2900ものカーブを曲がり、これまでの「1500」の記録を倍近く更新して見事「記録達成(世の中には、実に様々な記録が存在するものだと思う)」。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリング ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

カローラがこんなに恰好良くなるなんて!トヨタが新型カローラ/カローラツーリング発表、カローラスポーツも小変更

| 日本仕様はちょっと顔つきを変えてきた | トヨタがかねてより予告していた「カローラ(セダン)」「カローラツーリング(ワゴン)」をフルモデルチェンジし発売開始。加えてカローラスポーツ(ハッチバック)にも改良を施しています。基本的な顔つきは「カローラ」と「カローラツーリング」が共通で、「カローラスポーツ」には専用バンパーが与えられます。インテリアのデザインや装備についても3車間でほぼ共通となっており、ここでその特徴を見てみましょう。まず、今回のモデルチェンジそして改良の骨子は下記の通り。※トヨタからのプレ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】トヨタの嘘つき!スープラのダクトカバーを外しても実際に機能しないことが判明する

| トヨタは「ダクトカバーを外せばクーリングやエアフローを改善できる」と言っていたが | ハードにチューンしたホンダS2000から新型トヨタ・スープラに乗り換えたユーチューバー、Jackie Ding氏。今回はそのスープラに採用されているエアベント/インテークがどのくらい機能するのかについて解説しています。なお、新型スープラには多くのエアベント/インテークが設けられていますが、それらの殆どには「フタ」が被せられています。これは「現時点では必要ないものの、将来的にパワーアップしてゆくと必要になるエアの取り込 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

フェラーリ「フェラーリとは、手に入らない美女のような存在だ」。需要よりも常に少なく生産し、ブランド価値を高めることに言及

| すでにフェラーリのブランド価値は世界トップクラスにある | フェラーリが「常に供給は需要以下にとどめる」とコメント。これは先日「我が社は台数を追求することに興味はない」と述べたのと同様の意図ですが、やはりフェラーリのマーケティング部門のボス、エンリコ・ガリエッラ氏が語ったもの。なお、フェラーリが”顧客が求めるよりも少なく作る”のはフェラーリの伝統でもあり、というのはフェラーリ創業者であるエンツォ・フェラーリのモットーが「顧客が買いたいと思うよりも一台少なく作る」。フェラーリの限定モデルの生産台数が「2 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニはシアンFKP37に搭載されたハイブリッドシステムをアヴェンタドール、ウラカン後継に採用?いったいどんなシステムなのか

| スーパーキャパシタ採用はスーパーカーにとっては理想的 | ランボルギーニは初の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表していますが、このハイブリッドシステムは「近い将来のランボルギーニ」に使用されることになる可能性が高そう。そしてこのシアンFKP37の使用されるハイブリッドシステムは、多くのクルマが採用する「リチウムイオンバッテリー」のかわりに「スーパーキャパシタ」を採用していることが特徴です。 これがランボルギーニの未来!63台限定、2億7000万円の「Sián(シアン)」発表。V12+HV ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フェラーリ「V12エンジンは排ガスの他、騒音規制に対応させることが困難」。2018年から導入された騒音規制がネックだと語る

| それでもフェラーリは「V12エンジンのために戦う | 近年のガソリンエンジンに対する締め付けは厳しくなる一方ですが、とくに大排気量V12エンジンを持つメーカーにとっては頭の痛い問題であるのは間違いなさそう。現在V12エンジンを持つメーカーはフェラーリ、ランボルギーニ、パガーニ、メルセデス・ベンツ、BMW、アストンマーティンといったところで、今回Top Gearによれば、フェラーリのエンジニア部門におけるチーフ、マイケル・レイタース氏が「正直キツい」と語った模様。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWは今後キドニーグリルを光らせるようだ!純正オプションにてまずは5シリーズからアンロックで発光可能に

| 正直、こういった光りモノにボクは弱い | BMWは新型X6にて「光るキドニーグリル」をオプション設定していますが、今回は5シリーズに対しても同様に発光式キドニーグリルを追加設定。これは新車注文時(いわゆるメーカーオプション)であっても後付け(ディーラーオプション)でも対応可能だそうで、その価格は米国だと614ドルから。日本でもこれを投入するかどうかはわからないものの、どのみちebayには大量に出品されることになると思われ、なんらかの手段で購入は可能だと思われます。加えてBMWは「ブラックグリル」を単体 ...

ReadMore



>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

投稿日:

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 |

ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。

搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。
先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。

なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボクスター・スパイダーの出力375馬力に対し、981ケイマンGT4では385馬力。

ただし718世代では「ボクスター」と「ケイマン」とが同列となり、両者の差異が「オープンかクローズか」というだけに変更され、そのため今回の「718ボクスター・スパイダー」、「718ケイマンGT4」では同じエンジン、同じ出力が与えられています。

718ケイマンGT4の加速は718ケイマンGTSに劣る?

718ケイマンGT4に設定されるトランスミッションは6速マニュアル、そして420馬力のエンジンとこの組み合わせによって0-100キロ加速は4.4秒。
エンジンスペック、0-100キロ加速は同時発表された718ボクスター・スパイダーと同じですが、最高速度は空力の関係か718ボクスター・スパイダーが301km/h、718ケイマンGT4が304km/h。

なお、0-100キロ加速について、365馬力の3リッター・フラットシックス・ターボを積む718ケイマンGTSの場合は「4.1秒」。
数字だけを見ると718ケイマンGT4のほうが遅いようにも見えるものの、718ケイマンGTSの内容をよく見てみると、「4.1秒を記録している」のはPDKであり、MTだと4.6秒。

単純な加速勝負の場合はMTのほうがシフトチェンジにかかるロスタイムがタイムに対しダイレクトに加算されることになるので「MTのほうが0.5秒」遅いということになりますが、もし718ケイマンケイマンGT4にPDKが搭載されれば、0-100キロ加速は4.4秒から「0.5秒マイナスの」3.9秒となるのかもしれません。

718ケイマンGT4のエンジンには新技術も採用

技術的なトピックとしては「アダプティブ・シリンダー・コントロール・システム」が挙げられており、これは燃料消費を抑えるため、「対抗する」シリンダーの燃料噴射を一時的に停止するものだと報じられています。
気筒休止システムのひとつだと思われますが、ポルシェのモットーは「燃費向上の無い出力向上はない」なので、今回の馬力をアップさせるにあたり、どうしても取り入れなくてはならないデバイスだったのでしょうね。

PCNA19_0850_fine

そのほかバリアブルインテーク、ピエゾ式インジェクター(ポルシェの高回転型エンジンでははじめての採用)も718ボクスター・スパイダーに採用されるエンジンの特徴だと紹介されています。

718ケイマンGT4の外観上の変化は大きくない

新型718ケイマンの全体的な印象については、981世代のケイマンGT4とよく似ている(というかほぼ変化はない)というもので、フロントバンパーとその両脇のエアアウトレット、リアバンパーやリアスポイラー、テールランプ、リアディフューザー、テールパイプの配置、ホイール形状の変更がおおよそ気づく範囲。

f32dd090-2020-porsche-cayman-gt4-9

レーシングカーの「718ケイマンGT4クラブスポーツ」には食物繊維由来の” ナチュラル・ファイバー・コンポジット ”が採用されているとのことですが、ロードバージョンのケイマンGT4についてはこれについて何も語られず、よって「この素材の採用はない」のかも。

新型ポルシェ718ケイマンGT4のインテリアはスパルタンそのもの

インテリアにおいては「ショートシフター」「GTスポーツステアリング」が採用され、スポーツシートはアルカンタラ張りに。
画像を見る限りだとシートシェルにはカーボンファイバーが使用されているようです(標準装備なのかオプション装備なのかは不明)。

対となる718ボクスター・スパイダーには「スパイダー・クラシック・インテリア・パッケージ」がオプションとして用意されるもの、当然ながらサーキット志向の718ケイマンGT4にはそういった オプションはなく、かわりに選択できるのは「さらにスパルタンになる」”クラブスポーツパッケージ(ロールケージ、消化器、6点シートベルトが追加される)。

687b6c28-2020-porsche-cayman-gt4-10

なお、エアコン、PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント)、サウンドパッケージ・プラスは標準装備。※718ボクスター・スパイダーも同様
ポルシェはついにレーシングカーに対してもエアコンを装備するようになったので、いかに軽量化のためといえどロードカーからエアコンを取り除くのは「時代にマッチしない」と判断したのかも。

718ケイマンの足回りもスパルタン

718ケイマンGT4の 足回りについてはPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)が装備され、車高は3センチダウン(通常はPASMを装着しても1センチダウン)。

PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメント)も718ボクスター・スパイダー専用にチューンされ、PTV(ポルシェ・トルク・ベクタリング)、機械式デフを標準装備しています。

69bad05e-2020-porsche-cayman-gt4-8

ブレーキはは「スチールローター」が標準となり、しかしカーボンセラミックディスクブレーキもオプションで選択可能。
ただしポルシェは「サーキット走行にはスチールローターがーオススメ。カーボンディスクはカッコだけですよ」と発言しているので、スチールローターのままのほうがいいかもしれません。

現在のところ新型718ケイマンGT4について、ポルシェ・ジャパンからはアナウンスもなく、サイトの更新もありませんが、追ってサイトにはコンテンツが追加されそう。
価格については北米だと99,200ドルから、納車は2020年春から、と報じられています。

VIA:Porsche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ポルシェ・ケイマン関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.