>ポルシェ911関連 >シボレー(CHEVROLET)

新型コルベットとポルシェ911との比較レビュー登場!価格は911の半分なれど、性能はほとんど一緒、しかも乗りやすかった模様

| 新型コルベット(のベースグレード)は意図的に安定志向、快適志向に振られている | Motor Trendが新型シボレー・コルベット(C8)「初」のレビューを公開。※オプションのZ51パッケージ装着済み新型コルベットはこれまでのフロントエンジンからミドシップレイアウトにスイッチしていますが、大方の予想は「イキナリ欧州のスポーツカーと張り合うのは難しいだろう」。つまり、ミドシップ化したとはいえど、その経験の浅いシボレーが、ポルシェや、マクラーレン、フェラーリ、ランボルギーニと張り合うのは難しいだろうという ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

レクサスが「LX600」の商標登録。時代に反して6リッターV8?それとも600馬力級のハイブリッド?

| できれば高出力な6リッターV8を開発し、LC500に積んで欲しい | レクサスがアメリカの特許庁にあたる機関に「LX600」を登録。これによって「レクサスが新エンジンを投入するのでは」という話が持ち上がっています。なお、現在レクサスLXのラインアップは5.7リッターV8(383HP)エンジンを搭載するLX570のみ。そしてLX600が登場するとなるとLX570よりも高いパフォーマンスを誇るのは間違いなさそう。ちなみにレクサスの車名については、基本的に排気量を表していて、「200」であれば2リッター、「 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがC-HRをマイナーチェンジ!”GR SPORT”が追加され、回転合わせもしてくれる6速iMT搭載も。ボディカラーは新色8色を追加

| GR SPORTはなかなかにカッコイイ | トヨタが北米、欧州に続き日本でもC-HRのマイナーチェンジを実施。今回のマイナーチェンジでは、車体をさらにワイドに見せるデザインを採用したほか、「GR SPORT」が設定されたことが大きなトピック。そのほか、ディスプレイオーディオが標準装備となり、1.2リッターターボ(FF)には6速マニュアル・トランスミッション(iMT)が追加されていますが、最近のトヨタは「カローラ」といい、MTを用意してくれているのが嬉しいですね。新型C-HRの発売は10/18、店頭発表 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】驚愕!フェラーリ488ピスタがニュルにて7:00を記録し、ポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVに肉薄する

| もちろんマクラーレン720S、メルセデスAMG GT R Proはアッサリと抜くことに | フェラーリ488ピスタが、ニュルブルクリンクにて7:00.3という驚異的なラップタイムを記録。これはフェラーリが公式にチャレンジしたものではなく、Sport Autoが車両をニュルブルクリンクに持ち込んで走行させたものですが、現在のところニュルブルクリンクにおける市販車総合ランキングにて「9位」。この7:00.3というのは、2013年にポルシェ918スパイダーがはじめて「7分の壁」を突破するまでは到底不可能と言 ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

オメガが最新「007コラボ腕時計」、シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション発表。これまでのボンド限定モデル集大成

| オメガと007映画とのコラボレーションは”ゴールデンアイ”から | 現在007映画とのパートナーシップ契約を結んでいるオメガより、007映画(女王陛下の007から数えて)50周年を記念し、シーマスターの限定モデルを発売。これは「シーマスター ダイバー300M ”ジェームズ・ボンド” リミテッドエディション」と命名され、ステンレスケースモデルが7,007本、プラチナケース/ブレスレットモデルが7本のみ、という希少性の高いモデルとなっています。ちなみに「女王陛下の007」はジェームズ・ボンド映画としては6 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について ■ニュース

米高級百貨店が007仕様のアストンマーティンDBSを1台のみ発売!デザインはダニエル・クレイグ、オメガの限定腕時計、007新作映画のプレミアチケット、車両の製造見学ツアー付き

| 今年のニーマン・マーカス”ファンタージーギフト”は過去最高のものとなりそうだ | 米高級百貨店、ニーマン・マーカスが今年の「ギフトパッケージ」として、特別仕様のアストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを販売する、と発表。この特別仕様車は「007DBSスーパーレッジェーラ」と命名され、その名称が表すとおり「007仕様」。そしてどこが007仕様なのかというと、このクルマのカラーリング等をデザインしたのが、ジェームズ・ボンド役を務める俳優、ダニエル・クレイグである、というところ。ただしボンドカーならでは ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ニュルブルクリンクのラップタイムTOP100最新版。フェラーリ488ピスタが驚異のタイムで9位に入り、マクラーレン600LTも上位に。もはや4WD優勢の時代は終焉を迎える

| フェラーリとマクラーレンが公式にニュルを走れば、勢力図が一気に塗り替えられそうだ | さて、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムのランキング「2019年最新版」。ニュルブルクリンクはドイツに位置し、”グリーンヘル”とも呼ばれるサーキットですが、その高低差などクルマに過酷な負担を強いることで知られ、スポーツカーを作るメーカーであればそのテストや性能をはかる指標として”外せない”コースでもありますね。とくに日本ではその知名度や人気が高く、「ニュルブルクリンクで鍛えた」を売り物とするクルマも多数存 ...

ReadMore

>その他アメリカ車 >ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

これは反則じゃろ・・・。思うようにタイムの出ないテスラが過激エアロのモデルSをニュルに投入。なおカーメディアのテストではタイカンの驚異的な性能が明らかに

| テスト結果を見る限り、テスラ・モデルSがタイカンに勝てるとは思えない | ニュルブルクリンクに挑戦し、ポルシェ・タイカンはもちろん、現在の「ニュル王者」であるランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの記録を破って「市販車最速」の座を獲得してやる、と宣言したテスラ。9月中旬あたりから何度かニュルブルクリンクを走る姿が目撃されるも一向に記録更新の報はなく、むしろ故障して走行不能になった姿が捉えられることも。そして今回またテスラが新たな「ニュルブルクリンク・チャレンジャー」としてスペシャルバージョンのモデルS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >スバル(SUBARU)

スバルはBRZ/インプレッサ/XVに、トヨタは86他車種、そしてレクサスはCTにリコール/改善対策届け出。スバルは約14万台が影響

| トヨタにしては珍しい「パーツの品質不良」 | トヨタ、スバルがリコールと改善対策を届け出。スバルは過電流によって「イグニッションコイルが発熱」するというもので、トヨタの場合は「バックドアのダンパーに問題があってドアを保持できない」、そして86とBRZは「オプションのバックフォグの操作ができない」。いずれもそうそう多くはない内容ですが、とくに86とBRZの「オプション」はかなり稀。ただし平成24年から今までの間に308個しか出荷されていないそうで、これの装着率がかなり低かった、ということも判明しています ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? | estoque なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これについては様々なウワサが飛び交っています。これまでには「4座のスーパースポーツ」「4ドアセダン」という話が出ていますが、今回Autocarより報じられたのは”第四のランボルギーニはピュアエレクトリックセダンになる”。 ランボルギーニがウルスに次ぐニューモデルに言及。V12の4座?エストーケ ...

ReadMore



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース

トヨタMR2復活の可能性が改めて報じられる。スープラ同様他社との共同開発になるとされるも相手はどこ?ポルシェ、ロータスなど候補を挙げてみた

投稿日:2019/07/10 更新日:

| ほかにもルノー、アルファロメオとの可能性もゼロではない |

定期的に出てくる、トヨタMR2復活のウワサ。
今回はCar and Driverがそのリバイバルを報じていますが、トヨタは新型スープラの発売に確かな手応えを感じており、これによってMR2復活の現実性が高まったものの、「2024年までには登場しないだろう」とのこと。

この(2024年になる)理由は不明ですが、新型スープラの開発開始が2014年、発売が2019年であったということを考えるに、「今からMR2の開発を開始しても」やはり2024年になるというのはじゅうぶんに理解できるところです。

トヨタは単独でMR2を復活させることはなさそうだ

加えて同メディアは「MR2についてもトヨタは他の自動車メーカーと共同開発を行うだろう」と述べ、しかしその相手は「わからない」。

実際にトヨタは86をスバルと共同開発し、スープラもBMWとの共同開発。
この理由としては「スポーツカーを持つのはブランドとして必須だが、台数が出ないため、独自で開発するとコストが高くなり、とても販売できる値段にならない」から。

そこでMR2を共同開発するパートナーはどこになるのかということですが、そもそもミドシップスポーツを作っている会社は少なく、スーパーカー以外だとポルシェ(718ボクスター/ケイマン)、ルノー(アルピーヌA110)、ロータス(ミドシップしか無い)、アルファロメオ(4C)くらい。

これ以外にも、今はミドシップスポーツを持たなくとも「ミドシップスポーツを作りたいものの、自社だけで開発するのはちょっと」と考えているメーカーがあれば、トヨタと手を組む可能性も(今からミドシップスポーツに参入しようという奇特なメーカーは少なそうですが)。

ポルシェとトヨタとが手を組む可能性は

よって現在ミドシップスポーツを作っているメーカーとトヨタとの提携可能性を考えてみようと思いますが、まずはポルシェ。

そもそもスープラはポルシェ718ケイマンを仮想ライバルとしており、ル・マンにおいてもポルシェと激しい戦いを繰り広げたという関係ではあり、しかし実はトップ同氏はお互いに会談したこともあるという「遠からぬ仲」。

よって両社が手を組む可能性はゼロではないと思いますが、これはポルシェにとってメリットのある話ではなく、たとえトヨタMR2の生産を請け負うことでトヨタからお金を受け取ることができたとして、それでもポルシェにとっては「工場の生産設備を圧迫するだけなのでメリットなし」。※ポルシェは”売れすぎ”でそもそも工場に余剰はなく、今でも生産を外部に出しているくらい
よってポルシェとトヨタという線は無いだろう、と考えています。

トヨタとルノーとが共同戦線を張る可能性は

そして次はルノーですが、現在ルノーは日産とのアライアンス関係にあるので、トヨタと手を組むかどうかは疑問(ただしルノーは他社のOEM生産を行ったり、と他社との協業には前向き)。
ただ、ここでトヨタとルノーとが手を組めば、日産はダイハツとのコネクションを獲得できることになり、今後の軽自動車の展開にも活路を見いだせるものの、すでに日産は三菱を手に入れてしまったので、これもさほどメリットを感じないかもしれません。

ロータス✕トヨタの可能性は高い

そしてロータスとの協業ですが、これはもっとも「アリ」だと考えています。
そもそもトヨタはロータス向けに1.8リッター4気筒エンジン(エリーゼ/エキシージに搭載)、3.5リッターV6エンジン(エヴォーラに搭載)を供給していますし、そもそもトヨタはロータスの株式を一部所有していて(今はどうかわからない)、2代目セリカXX(1981年)開発時にはロータスが協力し、CMにはロータス創業者であるコーリン・チャップマン氏が登場したことも知られています。

さらにロータス・エクセルはトヨタのパーツを多く採用し、エスプリにはハチロクのテールランプが使用されていた時期も。

そしてトヨタは「2025年以降、すべてのクルマをエレクトリック化する」とも発表していますが、ロータスも今後エレクトリック化を進める意向であり、この点でもトヨタの方向性とマッチするのでは、と思います。

ただ、当時と現在で事情が異なるのは、「ロータスが中国の吉利汽車に買収されてしまった」ということ。
よって、トヨタと力を合わせるかどうかの決定権はロータスではなく吉利汽車に移ってしまったわけで、ここは「ナントモ」な部分です。

アルファロメオとの協業可能性も排除できない

そしてアルファロメオとの共同開発について、これも「意外とアリ」。
というのもアルファロメオは今後「ハンドリング重視のブランド」へ移行するとも発表しており、ミドシップスポーツ「8C」を発売する計画を持っています。

これは「ハイブリッド」を採用する言われ、トヨタの方向性ともマッチしているため、新型8Cと新型MR2が兄弟車になる可能性も否定できない、ということですね。

ただ、8CとMR2とでは車格が違いすぎ、ここは懸念となりそうな部分だと言えそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ロータス(Lotus), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.