>マツダ(MAZDA)

マツダが米にて26万台規模のリコール実施(CX-5/マツダ3/マツダ6)。気筒休止システムに問題がありエンジン出力低下。日本ではどうなる?

投稿日:2019/07/14 更新日:

| マツダはけっこう深刻なリコールも多い |

マツダが北米にて、安全面に問題があるとして262,220台のリコールをMHTSA(National Highway Traffic Safety Administration、米国の陸運局にあたる機関)に届け出。※対応開始は8月26日から

この内容によると、ECUのプログラムが不適切であり、エンジンが気筒休止モードに移る際、バルブクリアランス・アジャスターが予期したとおりに作動しない、としています。

これによってインテークバルブ・ロッカーアームの位置がずれ、さらには失火が引き起こされ、パワーを失ったり、メーターパネル内にチェックランプが点灯することがあるようですね。

エンジンがパワーを失い、回復できない

その場合、パワーを回復できず(つまり気筒休止から回復できず?)事故の可能性があるとしていますが、幸いなことに今のところこれに起因する事故や怪我は確認できていない、とも述べています。

262,220台の内訳としては、CX-5が224,240台、マツダ6(アテンザ)が20,846台、日本で生産されたマツダ3が14,483台、メキシコで生産されたマツダ3が2,651台。

なお「気筒休止」は今の所SKYACTIV-G 2.5のみに搭載されるものでSKYACTIV-G 2.0/1.5には搭載されておらず、「なぜ2.5リッターの無いマツダ3がリコール対象になるのか」と思ってマツダUSAのサイトを見てみると、北米にはSKYACTIV-G 2.5搭載のマツダ3が存在する模様(日本のマツダ3に搭載されるガソリンエンジンはSKYACTIV-G 1.5/2.0のみ)。

よって日本でリコールが実施されるとすると、SKYACTIV-G 2.5を搭載するCX-5とMAZDA 6のみということになりそうですが、今回北米でリコールされるCX-5とMAZDA 6は日本生産では無いようで、となると日本は今回のリコールとは「無縁」ということになりそうですね。

マツダはまだまだ品質が安定しない

なお、マツダはやはりリコールが少なくない会社で、今年に入ってからも相当数のリコールを日米にて実施。

最近だと今月頭にも生産を開始したばかりのマツダ3にリコールを届け出ています。

そして5月にも19万台レベルのリコールを実施。

3月にはロードスターのリコールも届け出られていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->マツダ(MAZDA)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.