ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■映画や音楽、本、ゲームについて

「ベンツが欲しい」と歌った3日後にこの世を去ったジャニス・ジョプリン。所有していたポルシェの知られざる逸話が公開

投稿日:2018/01/07 更新日:

| 薬物の過剰摂取でジャニス・ジョプリンはポルシェと死別することに |

2015年末にジャニス・ジョプリンの乗っていた1964年製ポルシェ356Cが約2億円で落札されましたが、ポルシェが公式にてこの356C、そしてジャニス・ジョプリンに関するコンテンツを公開。
これはポルシェオーナー向けの機関紙「クリストフォーラス」のバックナンバーをオンラインにて公開したもので、知られざる逸話も公開されています。

購入後すぐにサイケデリックなペイントを

これによると、ジャニス・ジョプリンは1964年にこのポルシェを購入。
すぐさまコンサートスタッフのデイブ・リチャーズにこの「宇宙」をイメージしたグラフィックを車体に描かせたそうですが、その後常にジャニス・ジョプリンとこのポルシェ356とは行動を共にした、としています。

所有期間中にはこの356Cが盗難に遭ったこともあり、しかしこれはすぐに車両が発見されてジャニス・ジョプリンの手元に戻ってきたとはしているものの、1970年に麻薬の過剰摂取によって今度はジャニス・ジョプリンがポルシェの元を去ることに。

なおポルシェはジャニス・ジョプリンによる楽曲の歌詞にポルシェが登場する一節を紹介していて、それはこういったもの。

My friends all drive Porsches— “友達はみんなポルシェだしね” 

これはア・カペラの曲「ベンツが欲しい(Mercedes Benz)」の一節ですが、正確に言うならば「友達はみんなポルシェだしね。だから神様、私にベンツを買ってちょうだい」という内容となっています。
ちなみにこれはジャニス・ジョプリンがメルセデス・ベンツでドライブした際に考えついた曲で、ジャニス・ジョプリン自身によって最初に録音され(1970年10月1日)、そしてその3日後(1970年10月4日)にジャニス・ジョプリンは死去。

ポルシェが取り上げるには、ちょっと縁起が良くない内容かもしれませんね。

あわせて読みたい、ミュージシャンとそのクルマ関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5