>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVにサービスキャンペーン。「センターロックのボルトが緩む可能性」

投稿日:

| ランボルギーニ・アヴェンタドールSVにサービスキャンペーン |

アメリカにて、ランボルギーニがアヴェンタドールSVのセンターロックホイールにつき、そのボルトが強大なパワーに耐えられないとしてNHTSA(=National Highway Traffic Safety Administration)へと届け出を行い、同時に修理を行うと発表。
該当パーツはホイールをブレーキディスクに固定するためのボルトですが、何度もホイールの着脱を行うと緩んでくる可能性があるようで、直ちに問題が生じるわけではないようです。

ただ、この状態で「限界までプッシュすると」ボルトそのものが破損する可能性がある、としています。

ボルトに問題はなく「緩み」が問題

なお、対象となる台数は非常に少なく、ランボルギーニ最大のマーケット、米国においても「たった8台のみ」。
対象は2015-2016年の製造で、クーペ/ロードスター両方。
補修としては非常に簡単なもので、「緩み止め剤の塗布」のみで完了するとしており、ボルトそのものの強度には問題がないようです。

アヴェンタドールSVは通常のアヴェンタドールから一気に50馬力アップした750馬力で登場し、50キロの軽量化を達成。
登場と同時にニュルブルクリンクでの「7分切り」がアナウンスされて世間を驚かせたクルマですが(ランボルギーニがサーキットでこのタイムを出せるとは思ってなかった)、現在はこのアヴェンタドールSV後継として「アヴェンタドールSVJ」が出撃準備を整えているところ。

こちらは800馬力に近い出力を獲得し、アクティブエアロデバイスを装備して「ポルシェ911GT2RS」の持つニュルブルクリンク「最速」記録を更新する(もしくは”した”)と言われていて、アヴェンタドールSV登場時よりもさらに大きな衝撃を与えることになりそう。

なおアヴェンタドールSVはクーペ600台、ロードスター500台飲みの生産ですが、アヴェンタドールSVJでは「さらに少ない」生産台数になる、とも言われます。

あわせて読みたい、関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5